« 百合部2 サークルリストが掲載されています | トップページ | スマイルプリキュア! 第8話 »

2012年3月31日 (土)

ブラック☆ロックシューター 第7話

 マト、ヨミ、ユウという女の子達の存在、彼女達の
住む世界と「虚の世界」の構造、OVA版とは似ている
ようで違っていて、でも似通っているようでもあります。
助ける子と助けられる子の関係が絡み合っていきます
が、どちらの側に立つとしても、思っているのは
ひたすらに相手の事だけなのではないでしょうか。

 テレビアニメ「ブラック★ロックシューター」、
第7話「闇を駆ける星に願いを」です。
 ブラックロックシューターに取り込まれ「虚の世界」
へ紛れ込んだマトを救おうとサヤは接触を試みたが、
結果は失敗に終わった。しかしマトが反応している
事だけは確かだ。ユウは、今度は自分がマトへ
呼びかけようと立ち上がる。ところがサヤは彼女を
必死に引き留めようとする。彼女の言う「私達の
あの子」と関わりがあるらしい。だがユウの意志は
簡単には変えられなかった。

 これまで謎だった「虚の世界」の成り立ちが、少し
説明されていますね。人間の世界の女の子達とシンクロ
した存在がデッドマスターやチャリオット達で、あの
世界での戦いとその結果が、女の子達の胸にある悩みや
苦しみを「引き受けてくれる」らしいです。
(ちなみにサヤの対としてブラックゴールドソーが
存在するという事は、あの世界とつながりを持つ人には、
大人の女性も含まれるのでしょうか。そして女の子
だけがシンクロしているというのも何かあったり
するのかな。男の子の悩みや苦しみはどうなるのか
とか、、、。)

 ブラックロックシューターがこれまでしてきたような、
チャリオット達の命を奪う事が何を意味するのかも
解き明かされています。それを聞かされたマトは
違和感を感じているようですね。
 それならヨミやカガリのためにどうすればいいか、を
マトは考えそうな所かもです。けれど、今度はマト
本人の悩みが強く反応し始めているみたいです。

 マトは、周りが認めているように「いい子」で、誰に
対しても当たり障りがない接し方をしていたらしい
です。それは彼女自身もよくわかっているようです。
 同時に彼女は、それじゃいけない、と、漠然とした
不安(もしくは不満)を持っていたように感じられます。
自分のせいで誰かが険悪になるのを嫌って、誰の苦にも
ならないように、他人の顔色をうかがって生きてきた、
みたいな思いにとらわれているのかもしれません。

 ユウ(ストレングス)は、それでもいい、と言って
います。完璧な人間なんていない、とか、自分を
必要以上に卑下する事はない、とか、それはマトの
優しさだよ、とか、ユウの言葉にはいろいろな意味が
含まれている気がしますね。

 それに、マトは決して「目立たないいい子」なだけでは
ないはずです。ヨミに出会ったマトは、それはもう
これまでにないぐらい積極的にヨミに話しかけ、相手が
うるさがっているかななんて思いもしないで手を
差し伸べ、「一緒にいろいろなものを見よう」と誘って
います。おとなしいとか目立たないという表現は、
少なくともヨミとの関係では当てはまらないですよね。
 マトは、何でもない自分が悲しかったのかもしれません。
この上ヨミにまで忘れられたら、と不安に駆られていた、
とも考えられます。そしてそれが現実になりかけている
わけですが、、、そこに何かが起きようとしているみたい
です。マトを大事な人だと言ってくれる誰かが現れる
としたら、その人はマトのすばらしさを間違えずに
見つけ出してくれる人なのではないでしょうか。

 ストーリーの流れとして、行方不明者が出る、警察が
捜査に乗り出す、消えてしまった人を探して走り出す、
という展開はOVA版でも描かれていたように思います。
ですが探す人、探される人が逆になっていたりするのが
演出的に面白いかもですね。彼女達は、どんな立場に
あっても、常にお互いの方を見ているんだろうなと
思わせられます。

・「ブラック☆ロックシューター」レビューリストレビューセンター

|

« 百合部2 サークルリストが掲載されています | トップページ | スマイルプリキュア! 第8話 »

作品 ブラック☆ロックシューター」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/44717736

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック☆ロックシューター 第7話:

« 百合部2 サークルリストが掲載されています | トップページ | スマイルプリキュア! 第8話 »