« 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第6話 | トップページ | つぼみ Vol.15 その2 »

2012年2月16日 (木)

ミニドラマ「はなひらにめっ!」 第4話

 他愛ない事を話しているようでも、そこに新しい
発見があったり、良いアイディアを思いついたり。
困っている時はすぐに手を差し伸べてくれる、、、
そんな友達という存在の大切さに、あまねは改めて
気づかされているようです。彼女にとっては佳織も
同じように大事な人なのですが、それが友情以上の
気持ちなのか、佳織には気になる所なのでしょう。

 サークル「ふぐり屋」さんの作品シリーズ「はなひらっ!
より、ミニドラマ「はなひらにめっ!」の第4話、
お弁当の中身」です。
 午前の授業が終わったとたん、あまねは大きな
息をつく。彼女には待ちに待った昼食の時間だ。
その割には授業中は寝てばかりだった、と佳織に
指摘されると、勉強のしすぎでエネルギーを
使わないようにするためだと反論する。あまねの
へりくつに呆れながらも、佳織とあまね、小春、
真琴の4人はお弁当を食べる場所を決める事に
する。今日は天気もいいし、中庭でピクニック
気分で食べようという意見で一致した。

 どうやって授業を乗り切るかは、あまねには
切実な問題ではあるのでしょうけれど、佳織達
から見れば呆れてしまうような考えみたいです。
真面目な佳織としては、あまねにはその情熱を
勉強に向けてもらいたい所なのかもですけど、
そうすんなりいかない事は承知しているの
でしょうね。この辺りは幼なじみだからこそ
相手がわかりすぎてしまう部分なのでは。

 中庭でのお昼ご飯の時は、真琴や小春の料理の
才能が明らかにされています。特に小春の
腕前は大したものですね。魚介類にターゲット
を絞ってもあれだけレパートリーがあるなんて、
佳織達はとても驚いています。それにしても
これだけの食事を用意したのは、前の日の
お誕生会が大人数だったのか、それとも小春の
おばあちゃんって実は大食いだったり、とか?

 こんな2人を前にして、お弁当は母親に任せて
いる佳織としてはちょっと肩身が狭いようです。
ここは一つ同志であるあまねと仲間意識を確かめ
ようとしてみたいですが、何とあまねもお弁当を
作ってきたそうで。
 佳織だけではなく小春と真琴が信じられない
気持ちでいる所で、あまねが取り出したのは、、、
という展開ですね。これは手作り、なのかな?

 あまね的には、これしかない、と思った会心の
メニューだったのかもですけれど、周りは唖然
としています。少しずつあちこちツッコまれて、
やがて彼女は落ち込んだような気分になって
いますね。
 佳織達は、そんなあまねに手を差し伸べて
います。4人で仲良くお弁当を食べよう、という
気持ちが、佳織達からあまねへ伝えられているの
ですね。
 皆の愛情がわかったあまねは、感謝の言葉を
口にしています。中でも特に佳織の名前を
出していますね。
 あまねが大好きな佳織には、この言葉は
嬉しいものでしょう。でも同時に、あまねの
気持ちと自分の気持ちは、言葉では同じだけど
中身は違う、と感じているのかもしれません。
佳織はまだ今のままでいいと考えているかも
ですけれど、いつかははっきり自分の気持ちを
伝えて相手の返事を聞きたい、と思っていたり
するでしょうか。

 ところで中庭に来た佳織達は、前に比べて
人手が多くなっているのを不思議がっています。
小春が仕入れた噂では、これには人気のある
上級生が関係しているらしいのですが、、、
これは、元作品の「その花びらにくちづけを」と
つながりがありそう? こういう雰囲気は、同じ
学校が舞台の作品ならではで楽しいですね。

・「はなひらっ!」レビューリストレビューセンター

|

« 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第6話 | トップページ | つぼみ Vol.15 その2 »

作品 その花びらにくちづけを」カテゴリの記事

作品 はなひらっ!」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/44148093

この記事へのトラックバック一覧です: ミニドラマ「はなひらにめっ!」 第4話:

« 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第6話 | トップページ | つぼみ Vol.15 その2 »