« モーレツ宇宙海賊 第5話 | トップページ | 輪廻のラグランジェ 第6話 »

2012年2月18日 (土)

ブラック☆ロックシューター 第2話

 出会って少したっても、メールなんて2通しか
もらってない、学校でもあまり話せない。ですが
マトはヨミがどうしても気になって仕方がない
ようです。マトにはヨミの事情が何となくわかって
いたから、でもあるでしょうけれど、何よりも
ヨミの笑顔が見たいから、なのでしょうね。2人の
間にはこれから何が起きるでしょうか。

 テレビアニメ「ブラック★ロックシューター」、
第2話「夜明けを抱く空」です。
 浴衣姿のマトは、神社の鳥居の前で人待ち顔
をしていた。通りがかったクラスメイトに聞かれた
彼女の口からは、ヨミの名前が出る。しかし
時間がたっても相手がやってくる気配はない。
いつの間にか日は暮れ、花火大会が始まって
いた。マトの携帯電話に届いたヨミからのメール
には、一言だけ、「ごめんなさい。」の文字が
書かれている。立ちすくむマトは、胸の強い
痛みを拭えずにいた。

 マトとヨミが出会ってからしばらくたつみたい
ですが、2人の距離はあまり縮まっていない
ように感じられます。あの分だと、マトはたくさん
メールを送っているけれど、ヨミはほとんど
返事を出していないらしいですね。学校でも
何だかちゃんと会話していないみたいです。
(ところでこの話数の時期がどれぐらいなのか
よくわからなかったりします。浴衣や神社の
縁日、花火大会と来たらほぼ夏、だと思うの
ですけど、学校でマト達が着ている制服は
冬服っぽいですし、ヨミから来たメールの日付
には「5/5」と書いてあるような。もしこの
時期が5月なら、マトとヨミが出会ってから
1ヶ月、という所でしょうか。)

 こんな調子だったら、マトも他のクラス
メイト達と同じように、ヨミとは距離を置いて、
当たり障りのない関係に落ち着く事も考えられる
でしょう。ろくに話してもらえないのは自分に
興味がないからだ、と、普通なら考える状況
とも思えます。
 この時のマトはとても傷つき、悲しい思いに
包まれています。胸の痛みに耐えられないほどの
ようです。

 けれど、彼女はヨミを見限ったりはしません
でした。ヨミがした事に怒りをぶつけたりも
しますが、嫌いになったり友達をやめようなんて
事は全く思っていないのですね。

 なぜそこまで、マトはヨミにこだわるのでしょう。
それはたぶん、出会った時の感覚なのでしょうね。
「ことりとり いろいろのいろ」の絵本は一つの
きっかけであり象徴ではありますが、本当に
大事なのは、2人がお互いをどう思っているか、
なのではと感じられます。
 例えばもしあの時、マトの言葉を聞いてヨミが
微笑まなかったら、こんな状況にはなって
いなかったでしょうか。おそらくそうではないの
でしょう。マトは、ヨミの中にある彼女の
本当の姿を、間違いなく感じ取っていたのかも。

 本作のOVA版では、マトとヨミが出会ってから
少しずつ関係を深めていく様子がゆっくりと
丁寧に描かれていました。あの時間があったから、
ヨミを見失ったマトの悲しみが強く感じられる
気がします。
 このテレビアニメ版では、まだそこまでいって
いないのにもかかわらず、マトは一生懸命に、
胸の痛みをこらえながら、怖い思いをしても
それでもヨミを求め続けています。でもこういう
状況も、2人のつながりの強さを表している
感じもしますね。実は出会ってからの時間には
関係なく、彼女達はお互いに惹かれあっている、
という事なのかもです。

 マトの熱い思いがヨミに届き、彼女が今の自分
を変えようと思うのか、という所が気になる展開
ですが、何か決着は持ち越されているような。
この雰囲気だとどうにでも持って行けそうな感じ
ですけれど、どうなるのでしょうね。

 後は、ブラックゴールドソーの位置づけが
気になる部分ですね。物語的には、ブラック
ロックシューターと対になるのはマト、デッド
マスターはヨミ、チャリオットはカガリ、
ストレングスはユウ、といった所かと思います。
残りのキャラからすると、アラタ、、、じゃなくて
サヤでしょうか。
 第1話では、ブラックロックシューターが
デッドマスター達のいる場所へ入っていった時、
空に赤い目が開いたり閉じたりしていました。
あれがブラックゴールドソーのものだとすると、
彼女はブラックロックシューター達の戦いを
見守っている、とも思えます。この話数では
戦いに手心を加えているみたいでもあります。
彼女としては、ブラックロックシューター達を
操って全体で何かを演出しようとしているの
かもですね。もしそれがサヤの考えている事
ともつながっているのだとしたら、マト達にも
何かが起きそうな雰囲気もあります。それが
わかるのはまだ先、でしょうか(といっても
後6話ですけれど)。

 もう一つ、OVA版の時間軸では、マトやヨミ
達の関係があった後、マトとブラックロック
シューターが接触して、彼女がデッドマスター
と戦う、という時間順が交錯するように描かれて
いたように思います。テレビアニメ版では、
マト達のエピソードと平行して「虚の世界」での
戦いが行われている感じがします。この辺りの
構成も、後になるとはっきりしてくるのかな?

 ヨミを待つマトが見上げた空は、「青」から
「オレンジ」、そして「紫色」へと変わって
いきます。でもまだ「黒」ではありません。
マト達にはその色を見る日が来るのでしょうか、
もし来るなら、彼女達にとってその色が示すのは、
絶望なのでしょうか、それとも希望なのでしょうか。

|

« モーレツ宇宙海賊 第5話 | トップページ | 輪廻のラグランジェ 第6話 »

作品 ブラック☆ロックシューター」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/44172583

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック☆ロックシューター 第2話:

« モーレツ宇宙海賊 第5話 | トップページ | 輪廻のラグランジェ 第6話 »