« キルミーベイベー 第1話 | トップページ | スイートプリキュア♪ 第45話 »

2012年1月14日 (土)

ミニドラマ「はなひらにめっ!」 第2話

 起きた瞬間から一緒にいるのは、彼女達の
場合もうほとんど当たり前になっているみたい
です。佳織の方はそういう「カンケイ」をあまり
受け入れたくないように振る舞っていますが、
意外と居心地の良さを感じているのではない
でしょうか。お互いの家族も認めている2人の
つながりは強いものなのでしょう。

 サークル「ふぐり屋」さんの作品シリーズ「はなひらっ!」
より、ミニドラマ「はなひらにめっ!」の第2話、
屋根づたいのカンケイ」です。
 佳織の部屋でけたたましく目覚まし時計が
鳴り響く。少ししてようやくベッドから起きた
彼女は、時間を見て驚く。学校に遅刻しそうだ。
と、そこであまねが声をかけてきた。パジャマ姿
で佳織の部屋にいる。ゆうべ佳織にRPGの手伝いを
させたあげく、屋根を伝って佳織の部屋に押しかけ
そのまま寝ていたらしい。何度言ってもあまねは
玄関から入ってこようとしないのだ。

 あまねが当たり前のように佳織の部屋で寝て
いるのが良いかもですね。あまねがとても
自然に振る舞っている所を見ると、これはもう
昔からしていた事なのでしょう。
 それなら佳織の方も慣れて普通に対応しちゃい
そうですけれど、ここでは折り目正しくあまねに
行儀を指摘しています。なれ合いになったりせず、
きちんとするべき所はしなければいけない、と
彼女は感じているのかもです。生活全般だけでなく、
あまねとの関係についてもそうであるべきだと。

 佳織はもしかしたら生真面目な人間なのかも
しれません。でもそれと同時に、あまねとは
いつも初々しい関係を保ちたいと思っている、
なんて事はあったりしないでしょうか?
 幼なじみとしてはお互いの部屋に遊びに行ったり
寝泊まりするのはありだとしても、恋人同士
としてならその意味はちょっと違ってくる。
大好きなあまねと恋愛できるなら、膝枕どころか
同じテレビゲームをプレイするのだって特別な
経験になるはず、なんて考えているのかなという
気もします。その時までは、節操を守って
おきたい、とか。

 佳織の気持ちについて本当の所はよくわかり
ませんけれど、その思いがあまねに伝わって
いるのかどうかも気になりますね。あまねは
佳織に無邪気に甘えていて、そのたびに佳織は
どきどき。まあそういう生活も、2人にとって
楽しいものなのでしょう。

 「はなひらっ!」は佳織、あまね、小春、真琴
の4人の物語となっています。「その花びらに
くちづけを」は一つの作品で2人が登場するのが
基本になっているみたいですので、それより
にぎやかなキャラ構成と言えそうです。でも
2人の関係にフォーカスするなら、この第2話の
ように2人がメインのエピソードが選ばれる事も
あるのでしょう。(ちなみにこの話数には
小春と真琴も(少しではありますが)登場します。)

|

« キルミーベイベー 第1話 | トップページ | スイートプリキュア♪ 第45話 »

作品 はなひらっ!」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/43757157

この記事へのトラックバック一覧です: ミニドラマ「はなひらにめっ!」 第2話:

« キルミーベイベー 第1話 | トップページ | スイートプリキュア♪ 第45話 »