« 百合に注ぐ光 2012 | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A PV第1弾が公開されています »

2012年1月 2日 (月)

コミック百合姫2012年1月号

 「再誕」から1周年となりました。表紙の担当作家の方も
バトンタッチされて、また新しい雰囲気になって
いますね。「ゆるゆり」は原作コミックは掲載されて
いませんけれど、全サの2次募集や「りさいたる」の
レポート漫画などが巻頭に掲載されています。コミック
作品の方では、初参加の方もいらっしゃいます。

 発行一迅社コミック百合姫の2012年1月号を
見てみました。
 今号は、本誌が「再誕」してから1周年の記念号に
なります。この記念として、掲載作品に登場する
キャラのラフ画などをまとめたコピー本をプレゼント
する企画が発表されています。本は作家の方ごとに
なっているのですね。他にはアニメ「ゆるゆり」の
公式ファンブックや、今号の表紙イラストを使った
テレカもラインアップされています。

 その表紙は、今号からなもりさんが担当される
そうです。今号のイラストでは、制服を着た女の子が
教室の外に立っている構図になっています。窓に
引かれているカーテンの隙間から中が見えていて、
そこには制服のシャツを着ようとしている女の子の
姿が。2人はふと目が合っているみたいです。
 というイラストには仕掛けがあって、カーテンの
隙間の部分が実は透明なフィルムになっているの
ですね。そこからは表紙をめくった下のイラストに
描かれている女の子が見えていた、という感じに
なっています。
 その中の方のイラストには、教室の中が描かれて
います。先程の女のこの他にもう1人いて、そちらの
子は机の上に腰掛けて、乱れた制服を手で押さえて
います。これはもう何かあったでしょ、って雰囲気
です。が、外にいる子にはそれが見えていないの
でしょう。
 こういう仕掛けもちょっと面白いですね。この
イラストのタイトルは「Hole in the sky」だそうです。
「COVER STORY」とも書かれていますけれど、これまで
のようにノベルとかは付いていないようです。次号
からも、これと同じようになもりさんのストーリー性
のあるイラストを見られる事になりそうでしょうか。

 巻頭のカラーページには、「ゆるゆり」についての
記事が幾つか掲載されています。一つは、全サの
企画です。あかり達を描いたカレンダーのサービスが
紹介されています。他には、11月号の売り切れ
などで仕切り直された前号の全サ2次募集についての
要領も書かれています。
 後は、アニメ版の公式ファンブックの広告も
載せられていますし、また10月に行われたライブ
イベント「七森中りさいたる」の模様をレポートした
ねこ太さんによる漫画も掲載されています。かなり
盛り上がったようですね。キャストの三上枝織さん
達もステージの上で百合っぽいエピソードを披露
されていたみたいです。ちなみにこのイベントは
3月にブルーレイ&DVDが発売されるそうです。

 他の特集では、好みの百合作品のタイプ別に
お勧めを紹介する「百合姫コミックスベストバイ」が
あります。ナビゲートするのは、倉田嘘さん作
「百合男子」の啓介ですね。この作品には啓介の
他にも百合男子が登場していて、そこから、「豊
タイプ」、「弘之タイプ」、「正二郎タイプ」、
「健司タイプ」と分けられています。特徴のある
キャラ達ですが、それぞれの好みをサポートできる
ぐらいのバラエティが、百合姫コミックスには
ある、という事なのでしょう。

 では掲載作品を部分的にご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・真夜中グラヴィティ(大沢やよい)
 高校時代に何度も告白され、ついにさゆみと
つきあう事になったじゅん。卒業した今は進む
道は違っているが、同棲する恋人同士である。
 学生と社会人だと生活のペースもちょっと違う
でしょうから、いつでもどこでも一緒、という
わけにはいかないのでしょう。また2人とも
新生活に慣れていないようで、それが溝を生む
場合もあるみたいです。でも彼女達はともに
歩き始めたばかりですから、何度でも仲直り
できるチャンスはありそうですね。

・犬神さんと猫山さん(くずしろ)
 猫派を自称する犬神八千代は、ある日友達の
紹介で、犬派を自称する猫山鈴と出会う。その
瞬間、2人とも相手に運命的なものを感じた。
 他の人にはわかりづらいこだわりを持って
いる、という点では2人は似ているみたいです。
けれどそれだけではない部分で、彼女達は
お互いに何かを感じているっぽいですね。波長
が合うというか。どちらかというと八千代視点
でストーリーは進みますが、鈴の方もちゃんと
八千代への思いを胸に持っている感じです。
 くずしろさんは百合姫には初参加ですね。
「まんがライフWIN」ではネット配信の作品
姫(きみ)のためなら死ねる」を描かれて
いて、あちらと同じようにこの作品でもどこか
ロックな雰囲気が感じられます。

・シガレット≠チョコレイト(黒霧操)
 社会人の茅は大学生の真美とルームシェア
を始めて3年。真美が恋心を打ち明けるのを
何度も聞いてきた。
 初めて女の子に恋愛感情を抱いた真美が、
「女の子に恋するって」と言う場面があります。
この辺りのせりふは百合的には素敵で、心強さも
感じますね。その後いろいろあるわけですが、
彼女はこれからも女の子を愛していくつもりは
あるでしょうか。女の子同士の関係に特別な
すばらしさを感じたのなら、可能性はある?
 それにしても、後半の場面で茅があれだけ
アプローチまがいの事をしているのですから、
茅の気持ちにも気づいてあげてもらいたい
ように思いますね。女性同士の恋愛に気づけた
ぐらいですから(ミスキャンパスのすみれの
美しさにおぼれただけではないでしょうし)、
もう少し落ち着いたら、茅の胸に抱えた思いを
理解する事ができるのでは、と期待したいです。

・recalculation(かずまこを)
 雨森(あめもり)がクラスメイトが噂している。
如月(きさらぎ)にボーイフレンドができたらしい。
しかし雨森は、興味なさそうに背を向ける。
 雨森と如月に接点があるのを、他の子達は
知らないみたいです。ですから2人の関係を
なかった事にしても、誰も気にとめたりしないの
でしょう。その決断は雨森次第らしいですが、、、
彼女はどうするのでしょうね。如月の方は
正々堂々としている雰囲気ですが、彼女も
かなりときめいているのかも、と思います。

・ロケット☆ガール -Rock it, Girl!!-(田仲みのる)
 金平に連れられて、奏(かなめ)は声楽(せいら)
とともにスタジオへやって来た。そこには
残りのバンドのメンバーがいるという。
 春子と桂とも顔合わせをして、バンドの
活動も始まっていく気配ですね。4人の相性は
なかなか良さそうで、音楽の趣味の合う
ポイントを探っていく所も実はスムーズに
できているのでは。そして何となく声楽の
本音も聞けたらしい奏としては、ちょっと
落ち着いて音楽ができそうな予感です。

・きものなでしこ 七着目、八着目(八色)
 梅雨で雨に濡れる事もあって、かの子や紗綾、
雀は憂鬱に。だが半端ではいけない、と、
アンジェリカはずぶ濡れになって登場した。
 前半は蛇の目傘が話題になっています。
紗綾の知識はちょっと怪しい部分もあるみたい
ですけれど、結果的にかの子といい雰囲気に
なれたっぽいですね。後半では、新キャラの
矢絣(やがすり)てまりが登場しています。
手芸部の人らしいですね。部室の位置関係
からすると、これから出番が多くなるかな。
 そして、タイトルに「きもの」と書いて
あるにもかかわらず第1話の表紙以来着物
姿が描かれてこなかったこの作品ですが、
ついにかの子達が着物を着る日が近づいて
いる? 季節は夏が近づいているみたいです
から、浴衣で夏祭りや花火へ、なんて展開が
あったりするでしょうか。
 それに、かの子が紗綾を意識し始めている
らしいのですよね。百合的にも盛り上がって
きそうかも。

・「百合姫」レビューリストレビューセンター

|

« 百合に注ぐ光 2012 | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A PV第1弾が公開されています »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 百合姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/43638398

この記事へのトラックバック一覧です: コミック百合姫2012年1月号:

« 百合に注ぐ光 2012 | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A PV第1弾が公開されています »