« ひらり、 Vol.6の内容紹介ページが開設されています | トップページ | とある科学の超電磁砲 第7巻が発売です »

2011年12月17日 (土)

百合姫コミックス「いちばん近くて、とおいふたり」が発売です

 一番近くにいてもおかしくない2人、だけど
恋愛ができるかというと、、、。タイトルの作品
にはそんな揺れ動く気持ちが描かれていますね。
また表紙になっている2人は別のエピソードの
ヒロインです。この本ではいろいろな女の子達の
物語が見られそうです。

 発行一迅社百合姫コミックスより、12月分が
本日発売となっています。今月は1冊の発行
となっています。

 発売されるのは、黒柾志西さん作による
いちばん近くて、とおいふたり」です。この
タイトル作品は、「いちばんちかくて、とおいふたり」
として百合姫SのVol.5に掲載されています。(ちなみに
この号から、なもりさん作の「ゆるゆり」が連載開始
されています。)風紀委員の藍と、血のつながらない
養護医の姉のストーリーです。
 といいつつ、表紙のイラストは別の作品からの
ものになっています。DNAコミックスのアンソロジー
「[es]~エターナル・シスターズ 花咲く乙女の学園
コミックアンソロジー」のVol.1Vol.2に収録されて
いるものです。こちらはベンジャミンさんの名義で
描かれています。クラスメイトに潔癖症を内緒
にしている女の子と、ハーフだけれど日本語しか
しゃべれないプール嫌いの転校生の女の子、という
2人の物語になっています。

 という事で、作品紹介のページによると、黒柾さんが
これまでに一迅社関係で発表されてきた作品から
選ばれたものが収録されるらしいですね。これは、
10月に発行された三国ハヂメさん作「放課後カノン
と似ているかもです。あちらでは、タイトルの作品
アンソロジーの「Girls Love -strawberry milk shake-
に掲載されたもので、その他の収録作品は別の本から
集められています。
(となると、来月発売予定のさかもと麻乃さん作の
パイをあげましょ、あなたにパイをね」も、
タイトルの作品は百合姫の2011年1月号に掲載
されていますので、こちらも同じパターンになるの
かもですね。)

 作品の発表時期は様々のようです。それだけに、
黒柾さんの作品をいろいろな面から見る事ができるの
ではないでしょうか。

 この作品の発売を記念して、とらのあなでは
購入者に4ページのリーフレットをプレゼントする
そうです。また、COMIC ZINではイラストカード
プレゼントするとの事です。気になる方はお早めに
チェックしてみてはいかがでしょうか。

|

« ひらり、 Vol.6の内容紹介ページが開設されています | トップページ | とある科学の超電磁砲 第7巻が発売です »

百合リマインダ」カテゴリの記事

雑誌 百合姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/43418599

この記事へのトラックバック一覧です: 百合姫コミックス「いちばん近くて、とおいふたり」が発売です:

« ひらり、 Vol.6の内容紹介ページが開設されています | トップページ | とある科学の超電磁砲 第7巻が発売です »