« たまゆら~hitotose~ 第2話 | トップページ | コミックハイ! 11月号の表紙画像が紹介されています »

2011年10月17日 (月)

侵略!? イカ娘 第3話

 早苗もアレックスをかわいがってはいるの
でしょうけれど、イカ娘を愛するのが忙しくて
相手をしてやれない場合があるようです。これでは
アレックスがイカ娘に突っかかるのも無理はない?
それから、イカ娘が朝の海岸で見かけた子供達の
やっていた事が、、、何だか不思議ですね。

 テレビアニメ「侵略!? イカ娘」、第3話
「散歩しなイカ!?」、「体操しなイカ!?」、
「助けなイカ!?」です。
 自分の家でいそいそと準備をする早苗。そこへ
栄子とイカ娘がやって来る。早苗の家で遊ぶ予定
らしい。麦わら帽子にサンダルという、いつもとは
違った出で立ちのイカ娘を見て、早苗は思わず
彼女に飛びついてしまう。どうにか押し戻そうと
するイカ娘の足に、突然激痛が走った。見ると
早苗の飼い犬のアレックスがかみついていたの
だった。栄子によれば、これはアレックスから
イカ娘への嫉妬だろうという。

 イカ娘が遊びに来るというだけで嬉しい早苗
ですが、いつもとちょっと違う装いの彼女を見て
さらにテンションが上がってしまったようです。
イカ娘の場合、白いワンピースに甲高の靴、
もしくは白水着がいつもの格好ですから、それ
以外の姿を見られる事はなかなかないのかも
です。(第1期の第2話の時は、早苗が家でイカ娘を
着替えさせて写真を撮りまくっていましたね。)

 そして実はイカ娘の方も、ちょっと喜んでいるの
かもしれません。帽子とサンダルは栄子にもらった
らしいですけど、着慣れた格好とは別のものを
身につけるのは、少しおしゃれをした気分に
なれるのでは。彼女は誰かに自分の姿を見せたい、
と思っていたとも考えられます。
 ここではその相手に早苗が選ばれた、という構図
なのかも? 栄子が帽子とサンダルをあげたのも、
早苗のためだったり、、、なんて。まあたまたま
なのでしょうけれど、早苗に自分の姿を見せる
イカ娘のにこやかな表情が印象的かもです。

 アレックス的には、そういう所も含めて早苗と
イカ娘のふれあいが気に入らないのでしょうね。
アレックスとイカ娘の関係が険悪になりそうな所で、
栄子のアイディアで「散歩」が始まります。歩いている
間に、だんだん打ち解けてきたというか仲間意識
みたいなものに気づいたというか、仲良くなりかけて
いますね。でも結果的には、、、位置づけは変わって
いない?

 2番目のエピソードでは、イカ娘が朝早く砂浜を
散歩しています。朝の海というのもすがすがしい
ものですね。
 けれどそこへやって来た小学生の集団が始めた
事は、、、。初めて目にするイカ娘には理解できない
行動だったようです。
 というかラジオ体操として見てもかなり奇妙な、
笑える内容ですね(作中では「レディオ体操」なので
ちょっと別物の設定なのかもです)。体の動きも
時々コミカルですし、普通に体の曲げ伸ばしや
ひねりの運動などをしている時でも、解説の声が
場面を面白くしています(この声がまたやけに
はつらつとしてます、、、)。
 そんな体操を、小学生達が淡々と無表情に
こなしているのも何だか笑えます。目の前で見て
いたイカ娘は、驚いて呆然としてますね。

 子供達の身のこなしが頭から離れないイカ娘は、
何をしていてもつい体の動きを真似してしまいます。
もともと謎なたいそうだったため、イカ娘の様子を
見ている人達はそれぞれに想像を膨らませている
ようです。
 栄子、渚、シンディ、早苗など、彼女達がイカ娘を
どう見ているかがわかりそうです(千鶴は何か考える
以前に被害に遭ってましたね)。早苗はやはり、
愛情にまつわる連想をしていました。
 早苗的には自分にとって都合のいい解釈とは
言えそうです。でもそう思いたくなるほど、彼女は
イカ娘からの愛を求めているとも考えられますね。

・「侵略! イカ娘」レビューリストレビューセンター

|

« たまゆら~hitotose~ 第2話 | トップページ | コミックハイ! 11月号の表紙画像が紹介されています »

作品 侵略! イカ娘」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/42566853

この記事へのトラックバック一覧です: 侵略!? イカ娘 第3話:

« たまゆら~hitotose~ 第2話 | トップページ | コミックハイ! 11月号の表紙画像が紹介されています »