« ゆるゆり ノベルアンソロジーの表紙画像が公開されています&11月号からの1コマ? 他 | トップページ | コミック百合姫2011年9月号 その2 »

2011年9月15日 (木)

くちびる ためいき さくらいろ 第8話「チョコレート キスキス」

 奈々と瞳が「ともだち」じゃなくなる前、彼女達は
確かに友達でした。少なくとも奈々はそう思って
いましたけれど、瞳は別の気持ちを抱いていたの
ですよね。昔を変える事はできません、ですから
その分、これからを大切に、仲良く過ごしていって
もらいたいです。

 コミック「くちびる ためいき さくらいろ」(森永みるくさん作)
第8話「チョコレート キスキス」です。
(なお、この作品はコミック百合姫に掲載されたのみで
コミックスには収録されていません。ここでは便宜的に
「くちびる ためいき さくらいろ」というタイトルと
「第8話」という話数を割り当てています。)
 新学期が始まってしばらくたった2月の初め、クラス
メイトと話していた奈々は唖然とした。バレンタインデー
には、皆先輩に、つまり女子にチョコレートをあげるの
だと言う。桜海女子は女子校なんだから当たり前、と
言われればその通りだが、中学校は共学だった奈々に
とっては驚きだった。誰にチョコをあげようか皆でわいわい
話し合っている様子は正に2月のひととき。奈々は、
女の子にチョコレートをあげてもいいんだ、と思うと、
ついこのイベントを自分に当てはめて考えてしまう。

 女の子にチョコをあげるといっても、クラスの子達
の場合、ほとんどは先輩への感謝の気持ちがあって
する事のようです。そこには間違いなく、親しさや愛情
が込められています。優しくしてもらっている人に、
ありがとうの言葉とともにプレゼントをするのは、
女の子同士だったとしてもとがめられるものでは
ないでしょう。

 奈々が(そして瞳も)、バレンタインデーについて
そういう見方もあると思いつく事ができなかったのは、
共学の学校に通い、チョコを用意したクラスメイト達が
1人の漏れもなく女子から男子に渡そうとしている場面を
ずっと見てきたからなのかもですね。そんな奈々に
とっては、桜女でのこの経験は、自分と瞳との関係への
後ろめたさを、少しだけ和らげる事ができた経験なの
ではないでしょうか。

 といっても、彼女達のような恋愛関係にある女の子
は、そう多いわけではないのが現実ではあるのでしょう。
(もっとも、この作品シリーズに描かれている女の子達
は、皆女の子同士の恋愛を経験しているという嬉しい
状況ですね。奈々の友達の阿倍なるみも、橘先輩と
愛し合っていますし。)もしかしたら理解を示してくれる
人もいるかもしれませんが、大半は違うと言えそうです。
(なるみが橘先輩を独占しようとしているのを見た他の
クラスメイト達が、彼女の行動をいぶかしんだり
しないのは、皆割とおっとりした女の子だったりする
から、なのかな?)

 去年までは友達で、でも今は恋人になった相手、瞳に、
奈々はチョコレートをあげたいと思うようになって
いきます。できれば手作りで、と思った時、彼女は、
瞳が去年やそれ以前に手作りしていたチョコを思い
出します。父親のために作ったものが余ったため瞳から
お裾分けしてもらっていたのがとてもおいしかったから
、、、。
 そこで、彼女はやっと気づきます。瞳が、本当は
誰のためにチョコを作っていたのかを。

 そこからはもう、奈々の中ではいろいろな思いが
駆け巡っているようですね。去年の瞳はどんな気持ちで
お菓子を作っていたのか、とか、チョコをもらった時、
自分はいったいどんな顔をしていただろうか、なんて
事まで考えていたかもしれません。
 自分が瞳にどんな仕打ちをしていたのか、奈々は
改めて考えさせられています。これで例えば、瞳の
気持ちに全く気づいていなかったのなら、まだ奈々への
責めは少なかったとも言えそうです。けれど、彼女は
(瞳からの一方的な告白だったとはいえ)瞳の恋愛感情
を知った上で何事もなかったように振る舞って
いたのですよね(この辺りは第1話の回想場面で
少し描かれています)。それがどんな事だったのか、
今なら痛いほどわかるのでしょう。

 この後奈々がどう行動するのかが、このエピソード
で重要な部分ですね。ちゃんと自分の思いを正直に
話し、瞳への今の愛情を伝えられれば、彼女達なら
きちんと理解し合える事でしょう。
 昔の出来事は、今更なかった事にはできません。
だからこそ、2人にはこれからを大切にしていって
もらいたいです。お互いへの愛情を見間違えたりなど
しないで、相手のすべてをきちんと見つめてあげられる
ようになると良いなと思います。

 この話数では、最初の方の奈々と瞳の場面も印象的
でしたね。奈々への愛情があふれて止まらない瞳。
学校が別ですから、会えるのは早くても放課後です。
奈々の姿を見た瞳はもう待てなくなってしまったの
でしょう、ちょっと人目の少ない場所へ彼女を
引っ張り込んで、、、。瞳の恋心が伝わる場面のような
気がします。

 奈々と瞳は、第1話で恋人同士になり、第7話
より深く結ばれています。もうこうなったら後は
ずっとラブラブで行くしかないんじゃない、とも
思えてしまうのですけど、どうなのでしょうね。
いろいろな場所でいちゃいちゃするのもありなのかも
ですけれど、彼女達には、お互いの関係や周りとの
つながりも考えていってもらいたいようにも思います。
この話数では2人の秘密の恋を他の人達に知られたく
ないと考えている瞳の様子が描かれていますので、
その辺りでエピソードが展開されていくのかもです。

・くちびる ためいき さくらいろ 集中レビューリスト

|

« ゆるゆり ノベルアンソロジーの表紙画像が公開されています&11月号からの1コマ? 他 | トップページ | コミック百合姫2011年9月号 その2 »

作品 くちびる ためいき さくらいろ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/41721350

この記事へのトラックバック一覧です: くちびる ためいき さくらいろ 第8話「チョコレート キスキス」:

« ゆるゆり ノベルアンソロジーの表紙画像が公開されています&11月号からの1コマ? 他 | トップページ | コミック百合姫2011年9月号 その2 »