« 百合アンソロジー「ひらり、」 Vol.5が発売です | トップページ | 「ひだまりスケッチ」第6巻、「落花流水」第6巻他書籍が発売です »

2011年8月26日 (金)

猫神やおよろず 第6話

 繭は、柚子がいろいろな経験をするのを昔から
見てきたみたいです。たぶんそのたびに、彼女は
柚子を助けてあげたりそっと見守ったりしていたの
でしょうね。そうするのは、八百万堂に居候させて
もらっているから、というよりは、神として人間を
放っておけないから? もっと言えば、相手が
柚子だから、なのかもです。

 テレビアニメ「猫神やおよろず」、第6話
追憶アンティキティ」です。
 繭と柚子がやって来たのは、山に囲まれた
片田舎。柚子の骨董の師匠でもある源蔵の所
だった。自動車を運転する源蔵は、晴れ渡った
空を見上げ、繭に出会ったのはこんな天気の良い
日だった、と後部座席の2人に言う。だが繭は
不機嫌そうに否定した。彼女がここへ最初に来た
時は、気分もふさぎ込んでしまいそうな雨の日
だったという。繭は、その頃の出来事をそっと
思い出した。

 以前第5話で、柚子が言っていた「お師匠様」
とは、源蔵の事だったのですね。柚子が海で買った
「フジツボまんじゅう」もここでちゃんとおみやげ
として登場していました。
 繭は、以前から、源蔵の事が気に入らないような
反応をしていました。その原因は昔の思い出にある
みたいで、もしかしたら、神様である自分を軽く
あしらうような態度を示す源蔵の物腰があまり
面白くなかったのかもですね。

 源蔵と初めて会った頃の繭は、神様としての
気位の高さを持っていたようです。高天原を
追い出されてからまだあまりたっていない頃
だったのかも。
 自分は人間なんかよりずっと格が上だ、と
示したかったのでしょうか、茶の間に通された
彼女はなぜかタンスの上にあぐらをかいて座って
います。腰を下ろす場所も、視線も、人間より
上にいたかったのでしょうね。でもああいう
場所にちょこんと座っているというのは、猫神
だけに何だか猫っぽい感じがします。

(それに、今となっては繭は、八百万堂のテレビ
の前で、寝そべってテレビゲームばかりしています。
畳に横になっている姿勢って、人間よりも低い
位置にいる事になりますよね。そういう姿を
見ると、彼女的には神様としてのプライドみたいな
ものは、今はもうどうでもよくなっているのでは、
という気がします。少なくとも柚子のいる場所
でなら、安心してそんな格好ができてしまうの
かもです。)

 この物語の中では、神様ってどういう存在
なのでしょう。神社にまつられているとかじゃなく、
人間のそばにいて、人間と同じように生活している
感じですよね。姿も人間に近いですし話す言葉も
同じですから、普段から意思の疎通はできている
ように思えます。

 そうやって常に人間に関わっていく事が、人間に
変化を与えているのかな、という気がします。
人間には及びもつかない神力を持ち経済に干渉
したり、天候を操作したりできてしまう存在。
ですが、困っている人間は放っておけず、
どうにかして助けようと一生懸命になる。そんな
存在がいつも一緒にいてくれると思うと、実は
人間は、安心できたり、悩みからある程度解放
されたりするのではないでしょうか。

 この作品では、いろいろなタイプの人間が登場
します。でもそこには、根っからの悪党みたいな
人はいないように思われます。昔あくどい商売
をしていた社長は、今は改心して元社員とともに
地道な仕事をしています。そしてこのエピソードに
出てくる加藤も、人をだますような事をしてはいます
が、柚子の行く末を心配してもいるのですよね。
神様といつもふれあっているという事は、この
物語では人間を素直にさせているのでは。

 そして柚子には、繭がそばにいてくれます。
神力のほとんどを剥奪されたため大きな事は
できませんが、それでも出会ってからずっと、
柚子の身の上を案じて、彼女のためなら何でも
したいと考えているようです。

 神様とは、いろいろな人間の願いを聞いて、
価値のあるものならそれをかなえてあげる、という
存在のような気がします。でも繭は、いつ
どんな時でも、柚子のためを思っているようです
(食事や生活面ではいつも迷惑をかけている
みたいですけれど)。女神様が1人の女の子
だけをひいきにしてしまうのは、なぜなの
でしょうね。そこには、笹鳴やメイ子が抱いて
いるようなものとはちょっと別の、でも深い
愛情があるのでしょう。

・「猫神やおよろず」レビューリストレビューセンター

|

« 百合アンソロジー「ひらり、」 Vol.5が発売です | トップページ | 「ひだまりスケッチ」第6巻、「落花流水」第6巻他書籍が発売です »

作品 猫神やおよろず」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/41374299

この記事へのトラックバック一覧です: 猫神やおよろず 第6話:

« 百合アンソロジー「ひらり、」 Vol.5が発売です | トップページ | 「ひだまりスケッチ」第6巻、「落花流水」第6巻他書籍が発売です »