« 「ひだまりスケッチ」第6巻、「落花流水」第6巻他書籍が発売です | トップページ | スイートプリキュア♪ 第27話 »

2011年8月27日 (土)

快盗天使ツインエンジェル ~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~ 第7話

 謎の生物を確かめに行く遥達の雰囲気が何だかとても
嬉しそうで、皆仲がいいんでしょうね。クルミは、
つい葵を持ち上げて遥をけなすような言い方をしてます
けど、そういう表に出てくる振る舞いと、胸の中で
思っている事は別のようです。そして、第1話から謎
だった娘の行動の理由が明らかになっていきます。

 テレビアニメ「快盗天使ツインエンジェル
~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~
」、
第7話「正体不明! 娘(にゃん)のUMAは良いUMA!?
です。
 聖チェリーヌ学院の廊下では、いつものように、
戸持娘(ともちにゃん)がザリガニのザリー達を
トレイに乗せて走っていく。その後、途中で転んで
しまうのも、こぼれたザリーを拾うのを遥達が
手伝うのも、いつも通りだった。一方、やよいの発行
する週チェリでは大スクープが取り上げられていた。
学院の敷地内にある池に謎の生物が出没するのだという。
「チェリヌッシー」と名付けられたこの生き物には誰もが
興味を持ち、新聞はあっという間にさばけてしまった。

 第1話からずっと廊下でザリーをこぼし続け、、、いえ
運び続けてきた娘ですが、なぜ彼女がせっせと運んで
いたのか、ここに来て理由が描かれる事になりました。
娘は「ザリー」という名前をつけるぐらいですから
あのザリガニを飼っていたのかなと思ったのですけど
、、、結局食料だったみたいです(本人が食べている
わけではないですけれど)。
 まあそれはそれとして、彼女はかなり前からその
仕事を続けていたっぽいですから、ピータンと
出会ったのも、つまりはピータンが誕生したのも、
ずっと前だったのでは、と思われます。最近に
なるまで噂が立たなかったのは、娘が一生懸命
ピータンを隠してきたから、なのかもしれませんね。
 無口で、人とのふれあいを避けてさえいるように
見える娘も、ピータンには気を許しているみたいです。
一緒にボール遊びができるようになるまでには、
お互いを理解するために根気が必要だったはずですし、
それを乗り越えたからこそ今のふれあいがあるの
では。

 でもあのピータンの姿は、仮のものだったようです。
謎が解けて元に戻ったら、ピータンは元々自分が
いるべき場所へ帰らなければならないのでしょう。
それは娘にとっては寂しい事だと思われます。ここで
彼女がどう行動するかが、彼女のこれからに影響を
与えていくのではないでしょうか。うまく立ち直る
事ができれば、彼女は、周りで温かく見守ってくれて
いる、遥や他の女の子達ともふれあっていけるような
気がします。彼女のそういう成長みたいなものにも
期待したいですね(といっても次回予告では、何だか
砂でピータンの像を造っていたような?)。

 そういうほのぼのした流れもありつつ、この話数でも
コミカルな場面が満載でしたね。「ピータン」についても、
ちょっとツッコミが入っていました。しかもそれを
言っていたのが、何とポケてんなんですよね。
いつものように端末の中から登場して遥、葵、クルミを
変身させるのかと思ったら、「ピータンは怪獣でも
恐竜でもなく、きっと中華料理だテン!」と言い放って
います。たぶん、ポケてん的にはどうしても言って
おきたかったんでしょうね。

 チェリヌッシーについては、学院の生徒達はUMAに
興味があるのでしょうか、一時的にお祭り騒ぎに
なっていました。皆実はノリが良いのかな?
 クルミも、興味がないないと言いつつ探検には
ちゃっかりついてきてますし、我を忘れてあれこれ
言い張っている内にボロが出ていました。それでも
認めようとしない所が、彼女らしさなのかもですね。
また、娘のためにブラックカードでぽんと買い物を
する辺りも、彼女ならではなのでは(もっとも、
それほど高級なものが必要だったかどうかは
わかりません、、、)。

 他には、ブラックキャリアの攻撃もだんだん
巧妙になってきてますね。なぜ「同級生」メカを
ここでチョイスしたのかは謎ですが、このメカの
「とかいいつつ85点」ミサイルは確かに威力が
ありそうです。他の攻撃では、レッドエンジェルの
エンジェルトルネードも跳ね返していましたし、
これはエンジェル達もうかうかしていられない
でしょう。
 でもブラックキャリアもうっかりしていて、
セブンアミュレットのありかについて、つい
遥達にしゃべってしまっていました。その辺りの
遥達の反応、「初耳です」とか「教えてくれて
ありがとうございます」という所が笑えました。
(ところで、西条先生って、新しい仕事(しかも
教師と掛け持ち)に就いて確実に収入はアップ
したと思うのですけど、まだローンで苦しんでいる
ようですね。前にも書きましたけれど、いったい
どんな高価なものを買い込んだのでしょう?)

 この戦いでは、前回と同じようにブルーエンジェル
が機転を利かせていました。装甲部分を直接
エンジェルアローで攻撃できなくても、弱点は
どこかにあるはず、と冷静に判断できた結果なの
でしょう。

 冷静という点では、ミスティナイトも相変わらず
妙に落ち着いています。ピータンのために
「特別な花」を用意してきていましたけれど、
それってピータンの体調とかに気づいてなければ
できないですよね。いつの間にかそんな情報を
収集できている唯人も、実はやり手なのでは。

 戦いの場面の途中で、「特別天然記念物」について
クルミが説明するのを聞いて、遥が反論していました。
「そんなのおかしいよ、どんな動物も植物も
傷つけちゃだめだよ!」と。特別天然記念物だけが
特別に大切なわけじゃない、生きているものは皆
大切なんだ、と彼女は言いたかったのでしょう。
 それは、とても幼い発想なのかもしれません。
けれど、この世にあるあらゆるものを大事にしたい
と願う彼女の思いは、ツインエンジェルの大きな
力の源になっているのでは、という気がします。

 クルミの場合は、なかなかここまで素直には
言えないのかもしれません。クルミの方が年下
ではありますが、妙に知識をたくさん持っている
せいか、言いたい事を逆に我慢してしまう場合が
あるみたいです。
 そんな中、彼女は、遥にだけは露骨に嫌みを
言ったりしているのですよね。この話数でも、
遥と葵がチェリヌッシーの鳴き真似をした時、
どちらも似たようなものだったのに、葵の事は
絶賛し、遥の事は一言で切り捨てていました。
クルミは、遥に大してだけは年相応の子供っぽく
振る舞えるのかもです。

 エンディング曲「Shining☆Star」の歌詞に、
「子供の頃の 夢のような夢 今も叶えたいの」
という部分があります。これと同じ思いを、遥と葵は
持っているように感じられます。そしてクルミも、
ツインエンジェルの仲間として、同じ気持ちを
抱き始めているのかなという気がします。

・「ツインエンジェル」レビューリストレビューセンター

|

« 「ひだまりスケッチ」第6巻、「落花流水」第6巻他書籍が発売です | トップページ | スイートプリキュア♪ 第27話 »

作品 ツインエンジェル」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/41389469

この記事へのトラックバック一覧です: 快盗天使ツインエンジェル ~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~ 第7話:

« 「ひだまりスケッチ」第6巻、「落花流水」第6巻他書籍が発売です | トップページ | スイートプリキュア♪ 第27話 »