« ひらり、 Vol.4 その3 | トップページ | 猫神やおよろず トップページのイラストが更新されています他 »

2011年8月 7日 (日)

ゆるゆり 第5話

 夏の一大イベントに京子達がサークル参加、です。
ちなつの代わりみたいにして京子に連れてこられた
綾乃でしたが、彼女にとっては、新しい発見ができて
良かったのでは。一方のちなつはというと、あかりと
友情を深めて(?)いるようです。この事は、もしあかねに
知られたりしたらどうなるんでしょうね。

 テレビアニメ「ゆるゆり」第5話、
あかりとかミンミンゼミとかなく頃に」です。
 夜の駅前で人を待つ綾乃。京子に呼び出されて彼女は
ここにいる。相手がいったいどういうつもりなのか
あれこれ考えていると、京子が現れた。が、結衣と
千歳も一緒で、4人そろったとたんにどこかへ連れて
行かれる。綾乃が事態を把握できずにいる間に、
彼女達は列車を次々に乗り継いだ。たどり着いたのは
東京の巨大なイベントホール。ここで開かれるコミック
エキストリームマーケット、略称コムケに、京子は
サークル参加するのだという。

 オープニングの「ゆるゆり、はっじまっるよー」は、
タイミングもピントもばっちりの、会心のできばえ。
、、、なのですが、あまりにもうまくいきすぎて
あかりはかえって不安になっています。第2話から
第4話までの事を考えると無理もないのかも。あかりも
早く胸を張ってオープニングをつとめられるように
なると良いかもですけれど、まあなかなかそうは
いかないのでしょうか。
(ところで、この頃、ブルーレイ&DVDの第1巻の
CMが放送&配信されていますね。CMが始まって最初の
一言が「アッカリ~ン」なのが(しかもポニーキャニオン
のロゴが出ているためあかりの姿はありません)、
あかりらしいといえばそうなのかも。でもこれだけ
アピールできているのは、あかりが大きく取り上げ
られているといった意味もありそうです。配信されて
いるものをこの記事の下の方に置いておきます。
(ちなみに、別作品になりますが、「侵略! イカ娘」の
CMでは、このカットの時に「ゲッソー」という合いの手
が入ってました。))

 前半は、京子、結衣、綾乃、千歳の2年生4人が
コムケで体験する出来事が描かれています。この
イベントの場面については、原作コミックにはなかった
っぽいですね。これまでにもアニメのオリジナルな
部分がありましたけれど、他のエピソードと割と
マッチしている感じで、百合な場面(妄想も含めて、
ではありますが)もけっこう多くて安心して(?)見て
いられる気がします。
 その点では、コムケの参加者層がなかなかのような。
入場前の様子から、会場での雰囲気まであちこち
描かれていますけれど、そこにいる人がほとんど
女性ですね。コムケってそういう系統のイベントなの
でしょうか。それにしては、小さい女の子が「ミラクるん」
のコスプレを見つけて喜んでいたりしますし、扱う
ジャンルは幅広いのかもです。(ところでこういう
状況を見ていると、別作品になってしまいますが、
ささめきこと」の中で描かれていた「ゆりフェス」の
事をつい思い出してしまいます。)
 でもついに、この作品で男性の声がキャスティング
されちゃってますね。ガンボーはやはり男の方の声に
なってしまうのでしょうか、、、。

 京子と、彼女に引っ張って行かれているらしい
結衣はコムケについてよく知っているみたいです
(結衣が珍しく(?)丁寧にコムケについて、綾乃に
説明してました)が、綾乃は(そしてたぶん千歳も)
こういうイベントの存在自体を知らなかったようです。
詳しい事を知らされないまま富山から東京、有明、
国際展示場へ、、、。(この辺りは実在の場所がそのまま
出ていますね。そういえば前回の記事で少し書いた
「高岡駅」も富山県に実在するようです。)急に
知らない場所に連れて行かれたら、さすがに綾乃も
面食らってしまうでしょうね。
 しかもコスプレまでさせられています。それも
ライバるんですね。あの格好は微妙に露出度が高い
ですから彼女も嫌がるんじゃないかという気も
するのですけれど、何とかそのまま売り子をやれて
いるようです。京子の勢いに乗せられたから、かも
しれませんね。でもテンションが高まってうきうき
する京子の顔をそばで見ていられるのは、綾乃に
とっても嬉しい事みたいです。

 一方の結衣と千歳は、それぞれライバるん変身前と
ガンボーの格好で会場を回っています。結衣はあるいは
慣れているのかもですが、千歳も割とノっていますね。
 歩いている間に千歳が見つけたのは、百合本の数々
、、、。千歳って、京子と綾乃を結びつける妄想が趣味
なのであって別に百合好きってわけじゃないのでは、
と思ったのですけど、そこはさすが千歳ですね。あらゆる
百合シチュを、京子と綾乃に置き換えています。彼女の
妄想はやっぱりこの2人一筋なのですね。

 綾乃は、京子が作ったという同人誌に見入っています。
そこで繰り広げられている場面がアニメでも描かれて
いますね。
 緊張した表情でミラクるんはライバるんと向き合って
います。ライバるんのそばにはガンボーがいます。
という事は、ライバるんってギガギガ団のメンバー
だったのでしょうか。こうなると、ライバルよりは
敵とも言えそうです。「魔女っ娘ミラクるん」は原作
でも(まだ)あまり語られていないですけれど、どういう
物語なんでしょうね。
 まあでも綾乃が読んでいたのは京子の同人誌なので、
本編とは少し別の捉え方がされている可能性も
ありそうです。この作品がこれからもっと取り上げられて
いくのかどうかはわかりませんけれど、想像する余地は
ありそうでしょうか。
(なお、綾乃が読んでいた「ボボボらい☆くるミラクるん」
は、実際の夏コミ80で発売されるらしいです。作画は
原作のなもりさんが、京子のペンネーム「西京極ラム子」の
名義で担当されるとか(ちなみにミラクるんの作者は
「西京焼蘭子(さいきょうやきらんこ?)」という名前
みたいです)。また、京子役の大坪由佳さんがこの本に
サインを入れて手渡しするイベントもあるとかで、何か
雰囲気が作中のエピソードと結びついている感じですね。)

 このコムケは、綾乃には良い思い出になったようです。
京子からプレゼントをもらえて本当に嬉しそうでしたし、
これなら帰りの荷物が少し(じゃないか、、、)多いぐらいは
問題じゃないのかも。

 後半は、地元に残ったあかり、ちなつ、櫻子、向日葵の
1年生4人のエピソードが語られています。ちなつの
ミラクるんコスプレはちょっと見てみたい気もしました
けれど、京子の(珍しく?)冷静な判断で、ここではお預けに
なっています。
 その代わり、ではないでしょうけれど、櫻子の想像の中では、
新たなヒロインが誕生してますね。正義(正ぎ)の味方
アッカリーンです。対決する相手は、敵キャラに仕立て
られてしまったブラックなちなつ。アッカリーンの戦い方は、
特徴がないのを逆手にとったもの、でしょうか。でも
そうだとすると、櫻子はあかりを「特徴がないのが特徴」と
思っている、という事になりそうですね。やはりあかりに
ついては、皆同じ認識を持っているのかもです。

 ふざけてばかりで宿題が全然進まない櫻子を、向日葵は
怒っていますが、それに逆上した櫻子が人質をとって
しまいます。それは向日葵の妹の楓。楓までアニメに登場
するとは思っていなかったのでちょっと驚きでした。
 ここでの楓は、櫻子が困っている理由を、彼女なりに
考えているようです。その内容は、6歳にしてはかなり
難しいものみたいです。あれだけ高度な言葉が使えるのなら、
櫻子の事をちょっと見下すようにあんな言い方をしたの?
とも思ってしまいますが、そうではないのでしょう。
楓としては、本当に櫻子のために自分でできる事で
助けようとしていたのでしょうね。

 さてあかりは、ちなつの家へ遊びに行っているみたい
です。家にはちなつしかいなかったらしく、姉のともこ
とは会っていないようですね。
 真面目な顔でちなつがあかりに差し出したのは、
結衣についてのテスト、です、、、。結衣にもっと
近づきたい、彼女好みの女の子になりたいという
気持ちから必死に考えたやり方だったのでしょうね。
 ですがあかりにはやや誤解されてしまったようで、
そこからちぐはぐな会話が展開されます。こういう
部分も面白いですね。

 そしてだんだん、状況は怪しい方向に、、、。あかりが
キスの練習台にさせられそうになってしまいます。
(ここがもしあかりの家で、あかねに見つかったと
したらえらい事になりそうな気もしますね。)
 友達ならキスぐらい当たり前、と誤解したままで
あっても、あかりにとってはやはりインパクトが大きい
ようです。公式サイトの各話あらすじにある「今週の
あかり
」では、彼女のショックさ加減が、なもりさんの
イラストとあかりの声で表現されています。
 確かに、これであかりとちなつは友達、とも
言えるのでしょうけれど、なぜかどちらにとっても
切ない結果になってしまったような? 2人とも
これがファーストキスでしょうから、思い出には
残るでしょうか。

・「ゆるゆり」レビューリストレビューセンター

|

« ひらり、 Vol.4 その3 | トップページ | 猫神やおよろず トップページのイラストが更新されています他 »

作品 ゆるゆり」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/41126203

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆり 第5話:

« ひらり、 Vol.4 その3 | トップページ | 猫神やおよろず トップページのイラストが更新されています他 »