« まりあ†ほりっく あらいぶ 茉莉花版「るんるんりる らんらんらら」の試聴ができます他 | トップページ | 電脳コイル BD-BOXの発売予定、特設ブログスタート&期間限定無料配信で投票企画も »

2011年7月11日 (月)

姫神の巫女 「其の四」が公開されています&絶対少女聖域アムネシアンの連載、、、

 1年以上の間があって新作が追加されています。
戦う事を定められた千華音と媛子の関係は変化する
事ができるのでしょうか、できないのでしょうか。
それから、「絶対少女聖域アムネシアン」の方も
大詰めのようですね。こちらでは千歌音と姫子が
どうなっていくのか気になります。

 「神無月の巫女」のスタッフによって構築された
物語「姫神の巫女~千ノ華万華鏡~」のサイトが
更新されています。これまでの「其の参」に続いて、
「其の四」が配信されています。

 「其の参」が更新されたのが去年の6月ですから、
それから1年以上たっている事になりますね。
気になる作品だったので続きがどうなるのかと
思っていたのですけれど、これで新しいエピソード
が見られるのですね。

 杜束島(とつかじま)の2つの家柄に生まれた
皇月千華音(こうづきちかね)と日之宮媛子
(ひのみやひめこ)は、御神娘(みかみこ)という
役目を負わされています。御神娘は、島の安定を
守るために、16歳になると御霊鎮めの儀(みたま
しずめのぎ)を行います。それは、2人が戦って
どちらかが相手の命を奪うというもの。2人の間
には憎しみこそあってもわかり合う事などない
はずでした。けれど、媛子は自分の命の代わりに、
千華音にある「お願い」をするのでした、、、。

 「其の参」では、2人の監視役である御観留め役
(おみとめやく)の少年、近江和双磨(おおみわ
そうま)の残した言葉が気になり、千華音が媛子の
部屋へ駆けつけています。媛子は無事だったの
ですが、成り行きで千華音は彼女の部屋に泊まる
事に。そこで千華音は、媛子の美しさに動揺し、
御神娘としての使命との間で揺れ動いています。

 「其の四」では、その直後の場面が描かれて
いますね。千華音と媛子に何が起きたのか、といった
所でしょうか。、、、私はまだ読んでいません。
これからじっくり見てみたいと思います。

 ところでこの作品は、「神無月の巫女」に始まる
姫子と千歌音という2人の女の子の物語の、また
違った形とも考えられます。「姫子千歌音譚」とも
言えそうなこの物語体系は、発行角川書店による
ヤングエースでも連載されていました。
 この作品では、愛宮千歌音と、来栖姫子の物語
が描かれていきます。第3巻では、事件が起きて
姫子と引き離されてしまった千歌音が、彼女を
求めて戦い続ける、という展開ですね。
 ですが、作品紹介のページによると、本誌での
連載は、今発売中の8月号まで、らしいです。
もっとこの物語を見てみたい気もしますけれど、
これで一つの区切りになるのですね。そうすると
単行本は第4巻まで、となるでしょうか。そちらが
いつ発売になるかも気になります。

|

« まりあ†ほりっく あらいぶ 茉莉花版「るんるんりる らんらんらら」の試聴ができます他 | トップページ | 電脳コイル BD-BOXの発売予定、特設ブログスタート&期間限定無料配信で投票企画も »

作品 姫神の巫女」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/40774213

この記事へのトラックバック一覧です: 姫神の巫女 「其の四」が公開されています&絶対少女聖域アムネシアンの連載、、、:

« まりあ†ほりっく あらいぶ 茉莉花版「るんるんりる らんらんらら」の試聴ができます他 | トップページ | 電脳コイル BD-BOXの発売予定、特設ブログスタート&期間限定無料配信で投票企画も »