« ツインエンジェル レビューリスト | トップページ | スイートプリキュア♪ 第23話 »

2011年7月31日 (日)

快盗天使ツインエンジェル ~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~ 第3話

 相手に話すチャンスも与えないで一方的に
言いがかりをつけるなんて大人げない、という
事は、クルミだってわかってはいるのでしょう。
けれどつい反発してしまう、、、。彼女は、何でも
自分の夢見た通りにはならない現実に、ここで
初めて触れているのかもです。戸惑う彼女に手を
差し伸べられるのは、遥と葵なのでしょう。

 テレビアニメ「快盗天使ツインエンジェル
~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~
」、
第3話「意気揚々! 葉月クルミ見参」です。
 辛くもブラックオークションの侵略を退けたツイン
エンジェル。その2人の前に、1人の少女が姿を
現した。彼女はレッドエンジェルを一方的に非難し、
姿を消してしまう。翌日、学院の遥達のクラスに
転入生がやって来た。小学生ながら編入試験を
全教科満点でパスした彼女の名前は、葉月クルミ。
何と昨日の少女その人だった。驚く遥の前へ来た
クルミは、遥の胸ぐらをつかみ、耳元でささやいた。
あなたをツインエンジェルとは認めない、と。

 ツインエンジェルの働きを自分の目で見た上で、
クルミは自分なりの評価をしたみたいです。
それは、自分がよく知っているブルーエンジェル
は別格として、レッドエンジェルの戦い方の
おおざっぱな所に対する落胆と、怒りにも似た
気持ちだったようです。
 確かに、第2話では、サロメのメカの鉄球
もろとも吹き飛ばされて空の彼方に消えてしまった
と思ったら、落下してきた勢いでエンジェル
トルネードの力を倍加させて相手を倒す、なんて
正に力業を見せていました。あれだけを見たら、
レッドエンジェルってどういう意識で戦ってるの、
と思いたくなるのも無理はないのかも。

 学院でのクルミは、とにかく遥に向かって
敵対心をむき出しにしていますね。遥が何を
言っても、彼女は素直には受け取らないようです。

 実際に同じ授業を受けてみて、クルミは遥に
負けている気が全然していないみたいです。
こうなると、自分の方が遥より断然ツイン
エンジェルに向いている、と思わざるを得ないの
かもです。
 それにしてもクルミは、運動も勉強も、芸術性も(?)
かなりレベルが高いようですね。数学の授業は
おいておくとしても、水泳部所属で体を動かすのが
大好きそうな遥をテニスで打ちのめしています。
小学生と中学生では基礎的な体力がかなり違って
いるでしょうけれど、それを上回るぐらい身体能力が
高い、のかもしれません。それと鉄のアート
、、、。「たそがれのH鋼」ってタイトルがちょっと
笑いを誘います。

 笑いと言えばこのエピソードでもまたいろいろ
コミカルな場面が描かれていますね。パーティの
場面では、娘(にゃん)の意外な特技が。ちょっと
本格的な雰囲気のマジックショーが披露されて
います。チャイナ服がけっこう似合ってますね。
用意したシルクハットから出てくるのは、まんが肉
など予想もしないものばかり。日頃ボケ倒す事が
多い遥達も、さすがに言葉が出なくなっている
みたいです。

 その他、サロメが日頃のストレスを癒すために
入りに来た銭湯にセブンアミュレットの1つが?
というちょっと強引な展開も何だか笑えてしまい
ます。なぜ銭湯にあんな仕掛けがあるのかとか、
あんな目立つ場所にセブンアミュレットがあるのに
これまでサロメも学院長の美佐枝も気づかなかった
というのも謎かもですね。

 そしてバトルの場面。遥や葵はツインエンジェルに
変身し、巨大メカを操るサロメと対決します。
一方で、アレキサンダーとその相手をするミスティ
ナイトは、、、肉体美でも対決? この2人って
お互いに相手を無粋とか破廉恥と思っている
みたいですけど、やっている事は割と近い気が
しますよね。実は良きライバルなのでは、とも
思えます。
(けれど何だか、サロメとアレキサンダーの
ブラックオークション一味は聖杯を奪い合う一連の
争いからは外されてしまったようですね。
アレキサンダーの後を継いでミスティナイト
と渡り合える強者(?)は登場するのでしょうか。)

 それにしても白い覆面をして黒いマントを
羽織り、その下は腰に巻いたタオル1枚って、、、。
いくら何でも遥達だってこの姿には呆れてしまったり
乙女の恥じらいを見せたりするのでは。と思ったの
ですけど、何だか相手への評価は変わっていない
みたいです。
 遥によれば「ミスティナイト様はどんなお姿でも
素敵だよね」という事らしいです。けど「どんな
お姿でも」と言ってるなら、少なくともあの格好が
普通じゃないのはわかってる、って事ですよね。
遥の言う「素敵」は正義の味方としての颯爽とした
姿の事を意味しているのでしょうか。葵の方は
どう感じているのでしょうね。後は、ミスティ
ナイトとは初対面らしいクルミなら、冷静な
判断をしてくれそうです。

 、、、クルミは、聖チェリーヌ学院に来る前に、
遥の事を知っていました。彼女が周りの人達には
秘密で葵としている役目についても。
 2人に与えられた「ツインエンジェル」の役目は、
クルミにとっては小さい頃からの憧れの対象だった
ようです。神無月家をサポートする葉月の家柄
として、その役目がどれだけ大切なもので、
エンジェルになった女の子達がどんなめざましい
活躍をするのか、昔から聞かされていたの
でしょうね。
 代々続いているというツインエンジェルの役目を
今果たしているのは、遥と葵です。「お姉様」と慕う
葵のパートナーなのだから、遥だって素敵な人に
違いない。クルミはそう確信していたのでしょう。
 そこからは彼女の頭の中で想像が膨らんで
いったのでしょうね。昔から受け継がれてきた
「天ノ遣(あまのつかい)」の力を宿し、どんな
危険にも2人だけで立ち向かう女の子。少し年下で
同じ女の子であるクルミが、憧れないわけはないの
でしょう。

 いきさつはわかりませんが、クルミは葵達と
一緒に学院生活を送る事になりました。葵の近くに
いられるのなら、ツインエンジェルの仕事が
見られる。クルミは、ブラックオークションの
出現とツインエンジェルの登場を聞きつけて、
現場に直行したのでしょう。

 ですが、そこで見たものに、クルミは落胆した
ようです。特に遥の戦い方が面白くなかった
らしく。
 何が彼女の気に入らなかったのでしょうね。緻密な
作戦を立てるよりはパワーで押していく所でしょうか、
それとも自分達だけでは勝つ事ができず、ミスティ
ナイトの力を借りていた所でしょうか。
 クルミは、葵と一緒に帰る場面で、遥の戦い方が
「おおざっぱ」だと言っています。ちょっと曖昧な
表現っぽい漢字もしますね。うまく言えないけれど、
とにかく自分が胸の中で描いていたレッドエンジェル
らしくなかった、という事なのかもしれません。

 そう思ってしまったクルミは、学院で遥に
対してツンツンした態度を取り始めます。でも、
戦っていない時の遥にふれるたびに、クルミは
次々に新しい思いに気づかされていくようです。
 確かに勉強や、運動でさえ、クルミは遥の上を
いっています。けれど遥の周りにはいつもたくさんの
友達がいて、動物までなついています。彼女が
いると、皆が笑顔になるようです。それにどれだけ
自分が冷たくあしらっても、遥は一つも変わらずに
優しく接しようとしてくれている、、、クルミは
そこまでわかったのでしょう(「今度私にもアーク溶接
教えて」とはなかなか言えないでしょうし)。
 また、遥に対する葵の気持ちも、クルミにとっては
大きかったでしょう。「遥さんの勇気と笑顔が、私を
元気にしてくれる」と言う葵の横顔を見て、クルミは
2人の間にある特別な感情に気づいたのでは。

 遥が素敵な女の子だというのは、あらゆる人達から
聞かされ、自分でも直接ふれあった事で、クルミには
十分理解できたと言えそうです。けれど、こんな風に
周りから言われて引き下がれなくなってしまったの
でしょうか、彼女の態度はだんだんかたくなになって
いきます。これをどう解決できるか、という所は、
遥達のツインエンジェルとしての活躍よりも重要に
なるのでしょうね。

 最後の場面で、眠っている遥に見せたクルミの
表情が、彼女の本当の気持ちを物語っている気が
します。でもどうしても恥ずかしいのでしょうか、
まだ正面から相手に伝える事はできないようですね。
この辺りの、クルミのいじらしい気持ちがうまく
描かれていくと、百合度の高いエピソードが
見られたりするかもです。
 とはいっても、個人的にはやはり遥と葵の仲の良さも
もっと見てみたいですね。この話数では、ケーキを作る
遥の鼻についてしまったクリームを、葵が取ってあげて
自分でなめる場面とかが見所だったかもです。ここでは
クルミの心情に集中するため2人のふれあいはやや
少なめだったようにも思えますが、次回以降どんどん
見せていってもらいたいかもです。

 その場合、クルミの役割がどうなるかが、意味を
持ってくるでしょうか。クルミは最初、自分が
ツインエンジェルになれない、と言っていました。
が、後でホワイトエンジェルに変身できてましたよね。
次回予告では「3人でツインエンジェル」とも言って
いますので、これからは3人一緒に行動する事になる?
この3人で、百合な親密さが出していけるのかどうかは
気になる所です。遥は「ボケ3倍」なんて言ってました
けど、それだけではない関係もあると良いですね。

 他の変身ヒロイン作品だと、1年ぐらい放送されて、
新しいメンバーが登場するのもずっと後だったりする
場合がありますが、この作品では第3話で「3人目」が
登場してますね。相手方の組織にも動きがあるらしく、
ライバルの女の子達の出現も近いかもしれません。
物語の転換がめまぐるしいとも感じられますが、
この流れに乗って次々に女の子同士の親密さを描いて
いってもらえたら素敵ですね。

・「ツインエンジェル」レビューリストレビューセンター

|

« ツインエンジェル レビューリスト | トップページ | スイートプリキュア♪ 第23話 »

作品 ツインエンジェル」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/41021069

この記事へのトラックバック一覧です: 快盗天使ツインエンジェル ~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~ 第3話:

« ツインエンジェル レビューリスト | トップページ | スイートプリキュア♪ 第23話 »