« コミック百合姫 9月号と「ゆるゆり」アンソロジーの表紙画像が公開されています他 | トップページ | コミック百合姫2011年9月号と百合姫コミックス4冊が発売です他 »

2011年7月15日 (金)

コミック百合姫2011年7月号 その2

 注目の新連載「きものなでしこ」は2本立てです。
百合なテイストにも期待したいですね。それと、
タイトルにもあるぐらいですからもっと着物分を
、、、! 他には「アオハル・ラニングス」など、
青春を感じさせる作品やギャグ作品も掲載されて
います。

 発行一迅社コミック百合姫2011年7月号を
見てみました。以前に別の記事でも書いています
ので、よろしければそちらも見てみてください。

コミック百合姫2011年7月号

 では前に書いたもの以外の作品について一部
ご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・アオハル・ラニングス(再田ニカ)
 陸上選手のすずはこの所記録が伸びずにいた。
本で調べようと訪れた図書館で、彼女は職員の
まちこに出会い、その後も時々話すようになる。
 タイトルの通り青い春って感じですね。元気の
良い主人公がちょっとスランプ気味の時、憧れの
色っぽいお姉さんと約束をして、努力を重ねて
記録と大人への一歩を手に入れようとする、みたいな
展開は男女の間のストーリーとしてはよく見かける
気もします。女性同士ならではなのは、、、ぎゅっと
した時の胸の苦しさ、とか?

・欠け落ちて盗めるこころ(大北紘子)
 夏の補講の最中、目の前にいる教師の四谷から、
市倉の所にメールが来る。内容は、「デートしようか」、
戦争中の今、女性同士の関係ははばかられていた。
 この世界観では、傷痍軍人以外の男性はほとんど
戦地に行っているようです。男女のバランスが良く
ないからこそ、人々は男女関係はこうでなくちゃと
決めつけようとしているとも考えられますね。市倉と
四谷にとっては簡単に生き抜けない世界なのかも
ですけれど、あきらめないでいる気持ちは大切なの
ではないでしょうか。

・あまいゆびさき 第3話
(文:宮木あや子、絵:ロクロイチ)
 「照乃(あきの)ちゃんは天使みたい」、そう言う
真淳(まじゅん)の方が天使のようだと照乃は思う。
その思い出だけが、彼女の中では大切だった。
 これまでは真淳の視点で物語が描かれていました
が、ここでは照乃の経験した事が語られていますね。
彼女も親からひどい事をされているようですが、
似た境遇のカリンが近くにいます。今目の前にいる
カリンとなら悩みを分け合えそうな感じもします。
が、百合な関係が大人達にはどう見えるのか、真淳
への思いなども含めて不透明な部分になりそうです。

・きものなでしこ 一着目、二着目(八色)
 いつの間にか決まっていたクラス委員の割り当て。
かの子は「撫子衆(なでしこしゅう)」だが、言われる
まで委員会の名前だとは気づかなかった。
 いろいろな国からやって来た女の子達の日常は、
新しい発見の連続なのでしょう。百合的には、紗綾
(フランス出身です)とかの子、それにアンジェリカと
雀もでしょうか? 単に愛でるだけではなく、恋愛的な
方向も見せてもらいたいかもです。っていうか「きもの」
姿が扉絵にしか出てない、、、! これは次回に期待、
ですね。
 この作品は、百合姫コミック大賞で瑠璃賞を受賞
された作品と同じタイトルです。あちらでは、
勝手に「和服部」を作ったあかねと莉子が主人公
です。けれど、かの子達とはどうも学校が違う
みたいなのですよね。できたら2組の女の子達が
出会って何かをするといったエピソードも見て
みたいかもです。タイトルが同じという事は、その
可能性はありそうでしょうか。

・私の世界を構成する塵のような何か。
(天野しゅにんた)
 笙子(ふえこ)にはつきあっている彼女、明日菜
(あすな)がいる。だが、複雑な関係のため周りには
「いいひと」としか言っていない。
 自分達は恋人同士だと思っても、そうあり続ける
ためには何かをする必要がありそうですね。このまま
では、「釣った魚にはえさをあげない」的な人だと
思われても仕方ないような気もしたり。女だから
といって皆が自分と同じ考えではないという事を、
(芽琉を参考に?)笙子も明日菜も認めなきゃなの
かもです。

・午前6時の情事(双川ジュンマ)
 朝6時の電車の中は、人影もまばらで穏やかな
時間が流れている。隣でうたた寝する恋人の琴子の
ぬくもりが心地よく感じられた。
 琴子の代わりに電車から降りる時のキリの後ろ姿
が何か印象的ですね。スカートの短い今風の女子高生、
という雰囲気と、大人の女性らしい琴子との対比が
あったりするでしょうか。琴子がちょっとした事で
慌ててしまうのは、大人として一般的な「事情」を
知っているからなのでしょうけれど、キリにしてみれば
そんなのは関係ないのでしょう。

・チキンガール(ねこ太)
 鶏肉好きなことりとつきあっている星華。実は
鳥が大の苦手なのだが、愛することりのために自分の
弱みをひた隠しにしていた。
 「鳥よけパン」とか、「そうきましたか」といった
ギャグのテンポの良さが面白いですね。嫌いな動物
を避けるためにその動物に異様に詳しくなった星華
と、大好きだから(といっても肉が、ですが)いろいろ
知っていることり。実はこの2人は、けっこう話題が
合う関係だったりするのかもです。星華は準備が
できてるみたいなので、後はことり次第、かな?

・「百合姫」レビューリストレビューセンター

|

« コミック百合姫 9月号と「ゆるゆり」アンソロジーの表紙画像が公開されています他 | トップページ | コミック百合姫2011年9月号と百合姫コミックス4冊が発売です他 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 百合姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/40827950

この記事へのトラックバック一覧です: コミック百合姫2011年7月号 その2:

« コミック百合姫 9月号と「ゆるゆり」アンソロジーの表紙画像が公開されています他 | トップページ | コミック百合姫2011年9月号と百合姫コミックス4冊が発売です他 »