« 百合姫コミックス 8月発売分3冊のラインアップが公開されています | トップページ | つぼみ Vol.11 その3 »

2011年7月13日 (水)

ゆるゆり 第1話

 コミックスで描かれていたコミカルなエピソード
が、アニメになってさらにパワーアップしている
かもです。ストーリーのテンポはよいようです。
まったりした雰囲気とかももうちょっと見てみたい
ようにも思えます。そして百合テイストも、、、。
予感はあちこちにありますので、これをもっと
発展させていってもらえると良いですね。

 発行一迅社コミック百合姫に連載中の、
なもりさん作「ゆるゆり」がアニメ化されて
います。その第1話を見てみました。タイトルは
中学デビュー!」です。

 朝、目覚ましが鳴っても、あかりはベッドから
出られない。すると、やおら家のチャイムが
連打される。幼なじみの京子と結衣が迎えに
来たのだ。改めて時間がぎりぎりなのに気づいた
あかりは、慌てて身支度を調える。勢いよく
玄関から飛び出すと、意外にも京子と結衣の
反応はドライだった。落ち着いてあかりが見た
自分の格好は、普段着にランドセル。今日から
中学生になったのをすっかり忘れていた。

 最初のあかりの登場の仕方が何だかインパクト
ありますね。周りから「アッカリ~ン」のかけ声
とともにあかりが登場。画面に笑顔を振りまいて
「はぁ~い、ゆるゆり、はっじまっるよぉ」と言って
います。これっていかにもありがちな主人公の
登場場面という感じがします。それをわざわざ
あかりにやらせるのは、ここから存在感を失って
いく落差を強調したいから、だったりする
でしょうか。

 というか放送が始まって20分ぐらいで、
ストーリーでは既にあかりの影の薄さが話題に
なってますね。このスピードは原作以上かも?

 あかりがこれからどういう扱いを受けて
いくのかは気になる所です。個人的にはあまり
低く扱いすぎないでもらいたいように感じます。
あかりは確かに「良い子」で、アクの強さ
みたいなものはあまりないかもしれません。
けれどそういう子でもほのぼのとした空気の
中でのびのびと過ごしたり百合エピソードに
触れていったりしてもらいたいと思います。
 それで、アニメ本編ではどうかというと
、、、「影が薄い」と言われてあかりはショック
を受けていますが、その後皆であかりが
目立つ方法を考えている場面では、わいわい
やっている皆の中で、割と中心に据えられて
いる感じがしました。ポジション的には
いじられキャラっぽいかもですけれど、そこから
彼女がもっと皆と一緒にふれあっていける
関係になっていくと良いですね。他の3人も、
泣いてしまったあかりがどういう気持ちだったか
を考えて、もっと優しく愛してあげられるように
なると良さそうです。

 物語的には、テンポの良いコミカルさが
ありますね。原作にあるエピソードや少し
アレンジされたネタが次々に挿入されて
いきます。こうしてみると、冒頭にあった、
あかりが今日から中学生なのに小学校へ
行く準備をしてしまう場面も、エピソード
としては目立っている感じですね。

 後は、彼女達が一緒にいる時のまったりした
雰囲気も出してもらいたいような気もします。
何をするわけでもなく4人で部室にいる時の
穏やかさとか、、、。それがあってテンポの
良い場面もあると、緩急がついて良いのでは。

 他には、アニメ版でこれから新しく演出
されていきそうな部分も幾つかありますね。
大きいのはやはり「魔女っ娘ミラクるん」
でしょうか。原作コミックスでは、最初の頃は
この作品についてあまり詳しく語られて
いませんでした。最近になって少しエピソード
紹介されてきています。
 アニメでは、ミラクるんの変身シーケンスが
ばっちり描かれています。変身の呪文も、
「輝け、奇跡のるんるんエナジー ミラクるん
プリティチェンジ!」とされています。スタッフの
方達の言葉によると、ミラクるんはこれからも
作中で扱われるようで、アニメのオリジナルに
なるらしい「ライバるん」というキャラも出てくる
みたいです。ミラクるんとは「ライバル百合」な
関係を築いていくのでしょうか。

 それから、ちなつが茶道部と間違えてごらく部
の部室に来た時のエピソードでは、ちなつの
イメージの中で姉(原作ではともこという名前
です)がちょっと登場していました。彼女も
この後の話数などで実際に姿を見せたり話したり
するのでしょうか。そういう場面も見てみたい
ですね。
 それと、気になるのは、あかりの姉(原作では
あかねという名前です)、ですね。原作でも、
乱れた部屋と妹のあかりへの極度な愛情が、
第2話でちらりと描かれていました。
 アニメでも同じように場面が進んでいくの
ですけれど、コミックとは違って姉の部屋の場面が
オチとして描かれていないため、何とも言えない
し残し感のようなものが、、、。これはもう後で
本人に登場してもらっていろいろ語ってもらいたい
所ですけれど、彼女にそのチャンスは与えられる
でしょうか。

 この他で気になるのは、生徒会長のりせが
出るかどうか、かな。彼女は生徒会室には
だいたいいるらしいのに場面にはほとんど
登場しないという、考えてみればあかり以上に
影の薄いキャラとも言えそうです。次回第2話
はサブタイトルが「私とあなたと生徒会♥」で、
生徒会が取り上げられそうなので、もしかしたら
どこかに彼女がいるかも?

 生徒会と言えば、原作では第5話で登場の
綾乃と千歳も登場しています。櫻子と向日葵も、
あかりとちなつのクラスメイトとして出てきて
いますね。これで、メインと言える8人(+
ミラクるん)が全員顔を見せています。これからも、
彼女達を中心にした物語が描かれていくのでしょう。

 そして肝心の百合は、、、。全体にコミカルな
場面も多いですけれど、ちゃんと女の子同士の
恋愛感情も描かれていきそうです。ちなつの
結衣への思いや、京子に対して素直になれない
綾乃の気持ちなど、いろいろなタイプの百合を
見てみたいです。

 それから密かに注目なのが本誌百合姫のCM
だったり、、、。百合雑誌がテレビCMで流れる
ってまだあまりないですし、掲載作品が紹介
されているのを見るのも楽しいのではないで
しょうか。

|

« 百合姫コミックス 8月発売分3冊のラインアップが公開されています | トップページ | つぼみ Vol.11 その3 »

作品 ゆるゆり」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/40789112

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆり 第1話:

« 百合姫コミックス 8月発売分3冊のラインアップが公開されています | トップページ | つぼみ Vol.11 その3 »