« 百合姫コミックス 6月分の5種7冊が発売です他 | トップページ | スイートプリキュア♪ 「4人目のプリキュア」のシルエットと紹介文が掲載されています »

2011年6月19日 (日)

スイートプリキュア♪ 第18話

 突然発生した音符の大氾濫。ここまで規模が大きいと、
何かが起きる前触れのようにも思えてきます。妖精の
世界でも予感があったみたいです。けれど、響と奏は
「音符集め」を楽しんじゃってるみたいで、一緒に
なってはしゃいでますね。その後の、響から奏への
寄り添い方も、かなり甘い雰囲気を出しています。
そして、「4人目のプリキュア」が出現が近い?

 テレビアニメ「スイートプリキュア♪」、第18話
フワワ~ン! 音符集めも楽じゃないニャ!
です。
 「調べの館」では、長い間かかっていた修理が
終わったのか、音吉がパイプオルガンを弾いている。
だが表情はまだ若干厳しかった。一方ハミィは、
何を感じたのかにわかに色めき立っていた。今日は
「音符」がたくさん現れているらしい。ハミィは
響と奏に音符集めを手伝うように頼むが、問題が
一つある。人間である2人には、妖精の国の楽譜
から飛び出した音符達の姿が見えないのだった。

 メイジャーランドのアフロディテ、マイナーランド
のメフィスト、2つの国を代表する2人が、人間達
の世界へ直接働きかけそうな様子を見せています。
どちらも、音符の争奪戦の行方が気になっているから
そう考えたのでしょう。
 では具体的にどんな行動を起こすのでしょう、、、
と思ったのですけれど、割とあっさりと引き下がって
いますね。番組冒頭の思わせぶりは何だったの、と
いう気もしないでもないです。もしかしたら、この時
人間の世界で起きた音符の大集合を感じ取っていたの
かもですね。

 ハミィがうっとりするぐらい、たくさんの音符が
同じ場所に集まってきたようです。ハミィ達と
セイレーン達、それぞれがこれまで集めてきた
音符の数も大したものらしいですけれど、それでも
まだ多くの記号が存在しているのですね。それほど、
「幸福のメロディ」の楽譜には壮大な曲が書かれて
いるという事なのでしょう。

 最近のハミィは、自分達が捕まえてフェアリートーン
の中に収納した音符を見て「もうすぐ楽譜が完成する」
と言っていました。もうすぐその時が来る、という
意味ではあるのでしょう。でもあの数を見ると、
まだ道のりは長いようにも思えます。
 それに、音符をすべて集めるという事は、ハミィと
セイレーン、2つの勢力のどちらかが相手の音符を
自分のものにしない限り実現しないのですよね。
音符を一つに集めるには、ハミィとセイレーン、
2人の妖精がいつかははっきり決着をつけなければ
ならない、とも考えられます。セイレーンは(たぶん
今はメフィストに操られているため)、どんな卑劣な
手を使ってでもハミィ達を打ちのめそうとするでしょう。
戦う気満々のセイレーンに向かって、ハミィが
どういう態度をとるのかは、気になる所です。
ハミィとセイレーンは、誰にも操られていない状態なら、
小さい頃から一番近くにいた仲良しの幼なじみです。
彼女達が昔からの気持ちを思い出し、もう一度同じ
ように仲良しになれると良いですね。

 今はとにかく、音符をできるだけ早く集めなければ
なりません。だからこの時の音符の大集合は、ハミィ
にとっては見逃せないチャンスのはず。
 普段は、プリキュア達が浄化させた音符を集めるのは
ハミィが専門に行っています。ここでは特別に、
響と奏にも少しだけ役目を分担してもらう事にした
みたいです。
 音符達が、いつもはどんな風に世界を漂っているのか、
2人は知りませんでした。それを特別に見せてもらえた
時の2人の反応は、、、大喜びだったみたいですね。
色とりどりのかわいらしい音符があちらにもこちらにも
飛び回っていたら、楽しくなってしまう事でしょう。

 2人は虫取り網を用意して、最初は真面目に音符を
狙っていました。が、だんだんノッってきてしまった
らしく、お互いに張り合ったり、相手のお手並みに
感心したりしています。さらにそれだけでは済まず、
やがては音符集めそっちのけでじゃれ合い出したり
、、、。さすがに温厚なハミィでも、ちょっと困って
しまったようです。

 まあ2人とも音符を集めるのが大事な事だとは
わかっているでしょう。それに、セイレーン達が
音符を狙っているのもよく知っています。ですから、
もう少し地道に作業を行っても良さそうにも
思います。が、中学2年の彼女達でもありますし、
いつも戦いばかりを考えているのも息苦しい事では
あるでしょう。今はちょっとだけ、羽目を外していたい
気分なのかもしれません。

 それに、響と奏は、お互いが相手だから、こういう
甘いふれあいができるのでしょう。プリキュア
という、親にも言えない秘密を分け合うほど近い
距離にいるから、安心して何も隠し事をせず
どんな事でも言い合えるのでは。
 加えて、彼女達には小さい頃から育んできた
コンビネーションがあります。このエピソード
でも、年下のアコにたしなめられてむっとした
感想さえ言葉がハモっていました。いろいろな
気持ちを共有できる2人。響も奏も、自分に
とって相手はかけがえのない存在なのでしょう。

 相手を好ましく思う彼女達の気持ちは、後の
場面でもよりはっきりと、麗しく描かれています。
音符集めに体力を使ってしまったハミィが
一休みを始めると、つられて響も体を休めようと
します。ちょうど良い場所にもたれかかるのですが、
そこは奏の肩でした。
 木陰で寄り添う2人の姿も絵になっていますし、
さらにその時の響のせりふが良いですね。これは
ハミィの真似をしたからなのでしょうけれど、
「じゃあ、響もニャ」なんて言われながらもたれ
られたりしたら、奏も思わずときめいてしまうの
ではないでしょうか。「うるさくて眠れないニャ」
なんて言い方で、正に猫なで声で甘えられたら、
奏もつい許しちゃうんでしょうね。

 ハミィも早々に休んでしまったため、そこはもう
ほとんど2人だけの世界。奏も、すぐ隣に感じる
響の体温を、心地よく思っていた事でしょう。

 けれどここで、2人だけの場にちょっとした
訪問者がやって来ます。最初は足下だけが描かれて
いて何だかもったいぶった(?)登場の仕方をしたの
は、王子です。
 奏は王子に憧れていますから、いたらつい目で
追ったりしちゃうのでしょう。それどころか
本物を目の前にしたら、響なんてそっちのけで
王子に近づく、なんて事も考えられそうです。

 では実際にはどうだったかというと、奏は、響が
気持ちよく眠っているのを邪魔したりはせず、
黙って王子を見上げているだけでした。そんな
彼女の姿を見て、王子はその優しさをほめて
います。
 さらにそれだけではありませんでした。王子は
響と奏の仲の良さを的確に感じ取っています。
 王子は、第15話でも描かれていたように、
「仲間」を大切にする人で、そのため周りからも
尊敬され慕われています。そんな人なら、目の前にいる
人が友達とのつながりを大事にしているかどうかは
たちどころにわかるのでしょう。
 王子の目から見ても、響と奏は、間に割って入る
隙がないほど親しい間柄だとわかったのでは
ないでしょうか。この人が納得できるなら、響と奏の
関係は揺るぎないものだと捉える事ができるのでは。

 さて、響が眠っている間にこんな経験をした奏は、
どんな風に考えるようになったでしょうか。憧れて
いる王子の言葉に間違いはないはず。それに自分
自身でも、響は一番の友達だと思っている。
 その「一番」って、どれぐらいなんだろう、、、。
憧れの王子と話すチャンスよりも、自分の隣で
心地よさそうにうたた寝している響を起こさずにいる
方を、奏は選びました。これが、自分が胸の中で
常に感じている答えなんだと、奏は改めて自覚した、
とは考えられないでしょうか。
 奏は、これからも、いろいろなものや人に、
うっとりしたり、ときめいたりしていく事でしょう。
それでも、彼女の中では、響という女の子の存在が
一番であり続けるのではないでしょうか。もし
ここで、奏がその事を自覚できたのだとしたら、
彼女達の関係にはプラスに働いていく気がします。
後で響も自覚できるようになるとなお良いかも。

 彼女達は、プリキュアとして絆を深めていく事を
周りから要求されています。求められて仲良く
するなんて、本人達の意志にはお構いなしの状況
ではありそうです。が、この際、そんな状況さえも
うまく活用して、大手を振っていちゃついちゃっても
良いのでは、という気がします。女の子同士誰よりも
仲良くしたくて、しかも周りから邪魔されないのだと
したら、それはとても素敵な事のように感じられます。

 響と奏の関係を変える要素があるのだとしたら、
それは、今まで2人だけの秘密だったプリキュアに、
新しい仲間が増える事、なのでしょう。今は、
正体のわからないキュアミューズが彼女達の輪に
入ってくるかどうかが物語のポイントになって
いますね。

 ところが、さらに新しい女性の影が、、、。それは
「4人目のプリキュア」、なのですね。番組の提供
カットの後に挿入されるイラストで、その姿が
部分的に描かれています。
 紫系の髪に、ハート型の石とリボン(と羽根?)を
あしらった髪留め、ハート型のイヤリングなど。
特徴は何点か見られますが、顔つきも表情も
隠されていて、わからない部分もたくさんあります。

 というか3人目の正体もわからない状態で4人目
が姿を見せ始めるとは、、、。この後いったいどんな
展開になっていくのでしょうね。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« 百合姫コミックス 6月分の5種7冊が発売です他 | トップページ | スイートプリキュア♪ 「4人目のプリキュア」のシルエットと紹介文が掲載されています »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/40464857

この記事へのトラックバック一覧です: スイートプリキュア♪ 第18話:

« 百合姫コミックス 6月分の5種7冊が発売です他 | トップページ | スイートプリキュア♪ 「4人目のプリキュア」のシルエットと紹介文が掲載されています »