« コミック百合姫 7月号と「ゆるゆり」第5巻の表紙画像が紹介されています他 | トップページ | 戦国乙女~桃色パラドックス~ 主題歌CDが発売です他 »

2011年5月17日 (火)

Aチャンネル 第6話

 「かわいいよ」、「おそろいだね」、そう言って
くれる相手がるんだから、トオルは照れたり
嬉しくなったりするのでしょう。では他の人達
に対してはどうなのかというと、折り目正しい
態度を見せたり、思いやりを持っていたり、
物怖じしなかったりと、けっこう大人な対応が
できている感じがします。

 テレビアニメ「Aチャンネル」、第6話
真夏の夜の、、、」です。
 るんが部屋に戻ってくると、先程までいた
はずのトオルの姿が見えない。きょろきょろ
見回している所へ、彼女の声が聞こえてきた。
よく見ると、ベッドと壁の隙間に落ち込んで
挟まっている。寝ている間にこうなってしまった
らしい。自分では出られないから助けて、と
頼まれたるんは、少し考えた後、無言で近づき、
隙間に手を差し込んだ。そして不意にトオルの
脇腹をくすぐり出す。

 サブタイトルにあるように夏のエピソードに
なっています。トオルとるんは、第5話のように
海へ出かけて思いっきり遊んだりもしていますし、
この冒頭の場面のように、涼しい部屋でまったり
過ごしていたりもするようですね。
 とにかくいつも一緒にいる仲なのでしょう。
トオルは、るんを追って同じ高校に入ったほど
らしいですから、彼女の近くにいたいという
気持ちは強いのでしょう。じゃあるんの方は
どうかというと、、、彼女本人の意志が表されて
いる場面はまだ少ないような気がします。
いつもトオルが先回りしてトオルの方から
るんを求めているから、るんが自分の気持ちを
表に出さなくても良い状況になっているのかも
しれません。
 とはいっても、家や学校でもその行き帰りにも、
あれだけ一緒にいてまだ足りないぐらいなの
でしょうから、るんとトオルは気持ちが通じ
合っているのでしょう。その確認の意味で、
るんからトオルに、自分の思いを伝える場面
などあると良いかもです。

 冒頭の場面では、かわいらしい姿で困っている
トオルを見たるんの中に、いたずらしたい気持ちが
わいてきてしまったようですね。あまりにも
愛しくてついイジってしまった、という感じ
なのでは。
 さらに一通りふれあって満足したるんは写メ
を、、、。その後誰かに送ったわけでもなさそう
なので、るんは自分の思い出として大切に写真を
しまったのかな、という気がします。

 困っている姿としては、次の場面でもトオル
は災難にあってますね。髪の毛を切るとるんが
言い出した時点でトオルもちょっと考えた方が
良かったのかも、、、。はさみを持つるんの手つき
が怪しいですね。

 こういう場面を見ていると、彼女達って、たぶん
ずっと小さい頃からこんな風につきあってきたん
だろうなという気がします。他の人がいなくても
2人きりでずっと遊んでいられる仲なのでしょう。
 そしてトオルは、るんがどんな事をしても
とにかく一度は受け入れているような気がします。
原作コミックでもそういう場面が時々あった
ような。トオル的には、るんに自分をかまって
ほしいからそうしているのかな? もしくは、
トオルなりの包容力をるんに対して持っているの
かもしれませんね。

 トオルは、るんから「かわいいよ」と言われて
ふてくされたような態度をとっています。けれど、
相手がくれた言葉自体は嬉しいのでしょうね。
さらに、「おそろい」には顔を赤らめてしまって
います。この表情が、彼女の気持ちを一番よく
表しているのでしょう。

 この2人については、これからも同じように
しながら寄り添っていくのでは、という感じが
しますね。第1話でるんが言っていたように、
良い意味で「変わらない」関係を続けていけるの
では。

 、、、百合的に見ているとついこの2人に目が
いってしまいますけれど、ナギとユー子も今は
2人とよく遊ぶ仲になっています。この話数では、
ユー子の忘れ物をきっかけに、ちょっとした探検が
始まっていますね。
 幽霊騒ぎになった時は、トオルは先頭に立って
様子を見に行っています。正体が何となくわかった
からここまでできたとも言えそうですけれど、実は
後ろにるんがいた事の方が、理由としては強いの
かも?

 るんがそばにいない時は、先生の体調も心配
できるほどの優等生ぶりを発揮していて、るんや
他の友達と一緒にいる時はるんを危険にさらさない
ように気を配り、るんと2人きりの時はとりとめも
なくじゃれ合い、、、。トオルはいろいろな姿を
見せていますけれど、やはりるんといる時が一番
彼女らしくいられる時間なのかもですね。

・「Aチャンネル」レビューリストレビューセンター

|

« コミック百合姫 7月号と「ゆるゆり」第5巻の表紙画像が紹介されています他 | トップページ | 戦国乙女~桃色パラドックス~ 主題歌CDが発売です他 »

作品 Aチャンネル」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/40028212

この記事へのトラックバック一覧です: Aチャンネル 第6話:

« コミック百合姫 7月号と「ゆるゆり」第5巻の表紙画像が紹介されています他 | トップページ | 戦国乙女~桃色パラドックス~ 主題歌CDが発売です他 »