« GirlsLoveFestival5 今日開催です | トップページ | Rio RainbowGate! 第10話 »

2011年3月21日 (月)

つぼみ Vol.10 その2

 4月にコミックスが発売される「エンドレスルーム」
と、「新装版 最後の制服」の特別編も今号には収録
されています。この他にも、大きな展開を見せて
きている「レンアイマンガ」も話数が増えてきました
から、こちらも単行本になったりしそうでしょうか。
そういった所も楽しみにしたいです。

 発行芳文社による百合アンソロジー「つぼみ」の
Vol.10を見てみました。以前に別の記事でも書いて
いますので、よろしければそちらも見てみてください。

つぼみ Vol.10

 では前に書いたもの以外の作品について一部
ご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・エンドレスルーム vol.5(藤が丘ユミチ)
 大森祐未は張り切っていた。マネージャーの
キミコが休暇を取っている間に、自分の能力を
アピールしようというのだ。が、彼女の目に
余るのは、やる気のない先輩、野崎まゆただった。
 ホテルに勤める人間として上を目指そうとする
祐未にとって、まゆたの勤務態度はとても許せる
ものではなかったようです。指導してもらった
先輩ではあっても厳しく怒ったりもします。けど
それだけの感情ではない、という所が、百合作品
らしいですね。女性同士の恋愛感情に悩む姿は、
どんな仕事をしている人でも同じなのでしょう。
 ところで冒頭に名前だけ出てくるキミコって、
Vol.6に掲載されたこのシリーズの第1話の
主人公の女性ですよね。同じホテルの中での物語
なので、あるエピソードのヒロインが別の所では
脇役として顔を出す、という事はあるようです。
 それと、この作品は4月に単行本が発行される
らしいです。そのタイトルに「第1巻」みたいな
書き方がされていないので、その1冊だけしか
出ないのかもですね。そうなると、本誌に掲載
されるエピソードも、この「vol.5」まで、という
事なのでしょうか?

・最後の制服 とくべつへん(袴田めら)
 寮の夕食をたっぷり食べたおかげで眠くなって
しまった紡(つむぎ)。やる事はいっぱいあったの
だが、少しだけ眠ろうと横になる。そこへ、同室
の紅子(べにこ)が戻ってきた。
 藍(あい)と楓子(ふうこ)ではなく紡と紅子の
エピソードになっています。4ページと短めでは
ありますけれど、変わっていない2人の雰囲気が
見られるのではないでしょうか。この「とくべつ
へん」は、4月に新装版が発売されるのに合わせた
ものなのでしょうね。あちらにも描き下ろしが
あるらしいので楽しみです。

・あずきとくるみ(たいしょう田中)
 杏樹(あずき)の家の隣に住む来実(くるみ)は、
杏樹より年上の大学生なのに、並んでいると妹の
ようにしか見られない。杏樹は来実のかわいらしさ
を認めつつ、同時に劣等感も感じていた。
 杏樹から見れば、自分の目の前にはいつも来実が
いて、彼女はそのかわいらしさに目を奪われて
いたのでしょうね。愛らしい来実のそばにいつも
いられればいい、と小さい頃は思っていたのかも
ですけれど、成長するにつれて、同じ女性としての
劣等感が芽生えてきたようで。そんな杏樹を来実が
どう見ていたか、がポイントなのでしょう。

・あなたのもの(縞野やえ)
 クラスメイトの森田とすれ違った瞬間、岡本は
相手のシャンプーの香りに気づいた。岡本は、森田
の身につけているものは何でも気になる。少しでも
彼女のようにかわいらしくなりたいからだ。
 岡本は、森田に対して抱き始めた興味を、憧れ
とか「近づきたい」という気持ちの表れだと考えて
いるようですね。それで済めばそれだけのもの
だったのかもですけれど、実は、、、という所が
物語で展開してくる部分ですね。岡本は自分の
気持ちをどんな風に認識して、どういう対処を
するのでしょうか。
 以前本誌Vol.8に掲載された「夢よりすてきな」
では、主人公の竹井の前に2人の女子高生が登場
します。その2人って、姿形や制服から考えて、
この岡本と森田、みたいですね。あちらでは
岡本が森田を「美矢」なんて下の名前で呼んで
いましたし、恋人つなぎやペアリングやそれ以上
まで、、、。彼女達は着実に仲良くなっているみたい
です。それにしても森田は、竹井にも岡本にも
追いかけられているような。

・レンアイマンガ 第5話(コダマナオコ)
 雑誌発行までの時間が少ない中、律はネームの
修正をしようとする。作業に集中するために
担当の羽田(はだ)との連絡も絶ち、そのまま
1週間が過ぎた。
 「読者のために」必死で原稿を仕上げようとする
律。作家の納得のいく作品を期日通りに雑誌に
掲載させようと奮闘する羽田。それだけを見て
いれば、2人とも仕事に対して誠実で熱心な女性、
と言えるでしょう。でもそれだけではない気持ち
が、彼女達の間にはあるはずですよね。これから
その部分が描かれていく事になるでしょうか。
 そういえば羽田って、名字で呼ばれる事が多い
気がします。下の名前は「ハルカ」っていうの
ですね、、、。

・「つぼみ」レビューリストレビューセンター

|

« GirlsLoveFestival5 今日開催です | トップページ | Rio RainbowGate! 第10話 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 つぼみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/39320519

この記事へのトラックバック一覧です: つぼみ Vol.10 その2:

« GirlsLoveFestival5 今日開催です | トップページ | Rio RainbowGate! 第10話 »