« 白衣性恋愛症候群 作品の舞台がレポートされています他 | トップページ | ささめきこと コミックス第8巻が発売です »

2011年2月22日 (火)

魔法少女まどか☆マギカ 第7話

 なかなかお互いの距離が縮まらない魔法少女達
でしたけれど、同じ現実に追いやられていると
気づいた事で、奇妙な連帯感が生まれそうな予感も
、、、? これがまどかの望んでいた「皆仲良く」に
つながるのかはわかりません。が、少しのきっかけ
でも見離さずに近づいていってもらいたいかも
ですね。

 アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」第7話、
本当の気持ちと向き合えますか?」です。
 ソウルジェムとの距離が離れたとたん、さやかは
倒れ、ほむらがソウルジェムを取り戻してくると
息を吹き返した。困惑するまどかとさやか、杏子に、
キュゥべえは魔法少女の成り立ちを説明する。
魔女との熾烈な戦いを生き抜くためにはとても
合理的な方法だとキュゥべえは語るが、しかし
さやか達にはとても受け入れられない事柄だった。
魔法少女にはなっていないまどかにも、悲痛な
思いを呼び起こさせていた。

 途中の場面で、杏子がさやかに、自分がなぜ
魔法少女になったか聞かせていました。そこで急に
絵柄が変わって例のコラージュ調になったため、
魔女の結界が張られたのかと思ってしまいました。
2人が落ち込んでいる時でも待ってくれないぐらい
魔女は非情な存在、、、なのかもしれませんけれど、
この場面はそういう状況ではなかったっぽい
ですね。

 最初は、さやかを倒して街のなわばりを奪おう
とまでしていた杏子ですが、ここではけんか腰
ではないですね。(これまでの彼女にしたら
まどろっこしいのかもしれませんが)、話し合いで
自分の思いを伝えようとしているようです。
 杏子は、さやかより先に契約し、彼女より長く
魔法少女としての暮らしを続けてきています。
誰かのために願いを使ったという点は似ている
ため、杏子は、さやかがこの後どんな経験を
するか、だいたい察しがついているのでは、と
思われます。
 杏子にしてみれば、ソウルジェムと魔法少女の
本当の関係を知らされた今は、ちょっと考え方が
変わっているのでしょう。魔法少女としての
彼女の状態は、自分だけを残していなくなって
しまった家族の状態と似ているとも言えそう
です。杏子は家族が大好きだったみたいですから、
これはある意味望んでいた状況だったのかも
しれません。けれど彼女は、さやかにはあまり
そんな状態にはなってほしくはないと考えて
いるようにも感じられます。

 そこで杏子が語っていたのは、さやかの身を
心配するような言葉です。つるもうぜ、とか、
一緒に戦おう、とだけ言うつもりなら、あんな
風に自分の身の上を話したり、優しさを見せたりは
しないのでは、とも思えます。
 杏子は、落ち着いて周りを見渡した時、さやかに
自分と似ているものを感じたのではないでしょうか。
そして自分を振り返った彼女は、自分の家族が
いなくなった後の自分の生き方を思い出したの
では。戦う意味を見失い、たった1人で魔法少女
として魔女を狩るだけの日々。そこにあったのは
何なのか、今になって思い知らされてしまったの
かなという気がします。

 その上で彼女がさやかに近づいているのだと
したら、杏子は、さやかとなら何かを分け合い、
何かを生み出せると感じたのでは、なんて思って
しまいます。そういう関係が作られていけば
百合的にも期待できそうです。が、まあそれでは
杏子側の思いが反映されているだけになって
しまいそうですし、さやかの方も杏子を理解
しようとしなければ進展するのは難しいのかも
です。
 一時は命の奪い合いまでしようとしていた2人。
でもそんな関係だって、もっと素晴らしいものに
変えていける、という事を、彼女達の身をもって
示してもらいたい気もしますね。

 それにしても前回も含めて、最近キュゥべえの
言葉が不用意にまどか達を動揺させているような
、、、。前にも書きましたけれど、キュゥべえ的
には魔法少女達には張り切って戦ってもらって、
できるだけ多くの魔女を倒し、グリーフシードを
たくさん集めたいと考えているっぽいですから、
もうちょっとやり方を考えた方が良いのかも、
という気もします。言葉やタイミングを間違って、
魔法少女に戦意喪失されても困ってしまいそう
ですし。たくさんの魔法少女を知っているらしい
キュゥべえなら、対応の仕方もわかっていそう
ですよね。
 何かストーリー的に、まどか達を追い込もう
としている雰囲気もありそうです。中2ぐらいの
女の子を怖がらせても世界がどうにかなるわけ
でもない感じもあるのですが、そこまで手厚く(?)
品揃えするのは、何かあるからなのでしょうか。
そこに展開があるとすれば、(主人公の)まどかが
鍵を握っているのかもですね。

 その他では、仁美がどういう考えでいるのかが
気になります。尻込みしている親友の背中を
押してあげるつもりだったとも考えられます。
そのためにつけない嘘をついている可能性も
ありそうですね。
 一方でまどかはさやかに対してどうしたか
というと、胸を貸してあげて悩みを聞いて
いた感じです。その後元気づけたり励ましたり
する言葉をかけてはいませんけれど、何が
あってもそばにいる事で、さやかに孤独を
感じさせないようにしているのかもです。

 もう一つ、ちょっと思っていたのは、2/16に
発売されたエンディング曲「Magia」のジャケット
イラストだったりします。これまでの版権絵の
中で、まどかやほむらが傷ついたりしている
姿の絵ってこれぐらいしかないような感じでした。
なので、発売前後に、これと似たような
シチュエーションが作品内に出てくるのかな
と思っていたのですけれど、そうでもなかった
ようです。というかまどか、あのコスチューム
着なさすぎ、、、。1クールを折り返しても
こういう状況だとすると、この後もこのまま
だったりしそうでしょうか。

・「まどか☆マギカ」レビューリストレビューセンター

|

« 白衣性恋愛症候群 作品の舞台がレポートされています他 | トップページ | ささめきこと コミックス第8巻が発売です »

作品 まどか☆マギカ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/38976776

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女まどか☆マギカ 第7話:

« 白衣性恋愛症候群 作品の舞台がレポートされています他 | トップページ | ささめきこと コミックス第8巻が発売です »