« 百合への望み 2011 | トップページ | プリキュアオールスターズ 公式サイトがリニューアルされています »

2011年1月 2日 (日)

つぼみ Vol.9

 このアンソロジーでも連載作品が増えてきて
いますね。ここでは「Under」以外すべてに話数の
数字が割り当てられています。それと、「星川銀座
四丁目」や「Green.」では過去エピソードにも
入っています。これで物語の深みが表現されて
いくのかもです。

 発行芳文社による百合アンソロジー「つぼみ」の
Vol.9を見てみました。
 表紙はかんざきひろさんが担当されています。
学校の帰り道らしい2人の女の子が、降り出した
雪を見ています。いえ、雪を見ているのは右側の
娘だけで、左側の娘は相手の方を見て微笑まし
そうな表情を見せていますね。背景が暗いのは、
日の短い冬だからでもあるでしょうし、それに
周りが見えない事で、2人だけのシチュエーション
が、より強調されているように思えます。
 表紙画像はこれまでにもネット上で公開されて
いたりしましたので心構え(?)はありました。
そこで本誌的に重要になってくるのは、裏表紙
、、、。表紙の2人の女の子がお互い向き合って
立っています。左側の娘が右側の娘の手を
包み込んで暖めていますね。2人の距離がかなり
近くなっています。表紙を見た時に、2人とも
マフラーはしてるのに素手だったのが気になって
いたのですけど、こういう状況を2人とも望んで
いたのかもですね。

 口絵は、朔ユキ蔵さんが担当されています。
バレエのスタジオでしょうか。何人かの女の子
達がいる中、2人がダンスの練習をしています。
背筋を伸ばし、まっすぐに見つめ合う2人。
顔が近づき、胸がかすかに触れあっています。
この切り出された一瞬が、彼女達の関係を
象徴しているようにも感じられますね。「はじまるよ」
のページでは、ちょっと緊張が解けたような
2人の表情が見られます。

 では収録作品を部分的にご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・星川銀座四丁目(玄鉄絢)
 宣言通り、湊は今日も乙女の家を訪ねた。が、
できる事はといえば、鍵の閉められた門扉の前で
待つぐらいしかない。そうこうしている内に、
雨が降り出した。
 冒頭の部分で、雨に降られて傘もなく我慢する
湊が心配していたのは、自分ではなく乙女の事
ばかりでした。乙女と話している時も、先生
だからとかではなく本気で心配している感じ
ですね。彼女なら乙女を大切にしそうですが、
それを貫けるかどうかが気になります。

・ひみつのレシピ 7ページめ(森永みるく)
 モテ要素を取り込んだメニューが人気になり、
料理部は部員も増えて活発に活動している。
が、そのためにちひろは、部長のゆうこと2人
きりになるチャンスを失っていた。
 部員も増えたし、あまり積極的でなかった
2年生も顔を出すようになって、ゆうことしては
一安心なのでしょう。では彼女はちひろをどう
思っているのか、、、。無理矢理キスをされたり
もしましたが、ゆうこはちひろの本質を見抜いて
いるようです。これに対するちひろの反応は?

・Green. episode:4(大朋めがね)
 恵のベッドで目覚めるつぐみ。彼女の兄の婚約者
である良子が恵の出身中学で教育実習をしていた
事を思い出し、覚えがあるかどうか尋ねるが、
恵の返事はなぜかうつろだった。
 つぐみと恵が体の関係になっているのは今の事
ですから、それはそれで良いようにも思えます。
過去は過去、のはずなのですけれど、中学時代を
思い出す恵の表情には、まだ何かありそうですね。
これからつぐみとのつきあいを続けるなら、恵は
良子への気持ちをはっきりさせなきゃなのかもです。

・花と星 2話(鈴菌カリオ)
 花井沢子は、自分が卓球をやめた原因の星野詩織
と、高校で同じクラスの隣席になってしまった。
どうやら詩織も卓球はやめていたらしかったが、
沢子にはその理由がつかめずにいた。
 忘れたいのに忘れられない、、、それは得意だった
卓球で打ちのめされたからとか、入学した高校で
隣の席だったからといった所とは別に理由があるの
かもですね。沢子はそれが何なのか、答えを
出せるのでしょうか。といった間にも、何か
新しい展開があるようです。

・Under(かずといずみ)
 忍の一族、東名家の人間である絹子は、15歳を
迎え、一族の能力を受け継いだ。それは人の深淵を
見る力、平たく言えば服の下が透けて見える能力
だった。
 人の気づかない所で活躍する、、、絹子の行動は
正に忍、という感じです。が、物語としてはお色気
ありの方向に行っているかもですね。このみや沙亜
は百合な感情を持っているかもですけれど、絹子
自身がどう考えているのかが、より多くのページを
かけて描かれると良かったようにも思います。
 ところで「東名家」って、やっぱり「透明」から
きているのでしょうね。かずといずみさんの作品
では時々こういう風に名前が引っかけられている
ようですね。

・「つぼみ」レビューリストレビューセンター

|

« 百合への望み 2011 | トップページ | プリキュアオールスターズ 公式サイトがリニューアルされています »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 つぼみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/38312741

この記事へのトラックバック一覧です: つぼみ Vol.9:

« 百合への望み 2011 | トップページ | プリキュアオールスターズ 公式サイトがリニューアルされています »