« GIRL FRIENDS ドラマCDが発売です | トップページ | GirlsLoveFestival5 サークルの参加受付リストが公開されています »

2011年1月29日 (土)

ひらり、 Vol.3 その2

 他の人の前では素知らぬ顔をしていても、2人に
なれば別の表情が。「魔女と騎士」や「COROLLA」では
そんな女の子達の関係が描かれているようですね。
「購買のプロキオン」も、2人だけの関係を大切に
したい気持ちが表れているように感じられます。

 発行新書館による、年3回刊の「ピュア百合
アンソロジー」となる「ひらり、」のVol.3を
見てみました。以前に別の記事でも書いています
ので、よろしければそちらも見てみてください。

ひらり、 Vol.3

 では前に書いたもの以外の作品について一部
ご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・かわいいひと(前田とも)
 恵は、ふわふわのロングヘアがよく似合う
幼なじみの結といつも一緒にいる。しかし恵は、
結のかわいらしさを感じるたびに、胸の中に
言葉にならない気持ちを抱いてしまうのだった。
 結は、何かに縛られているようで、自分の考え
とは違う行動をする事が少し不満みたいです。が、
恵から見ればそんな悩む姿さえかわいらしく見えるの
でしょうね。そしてその感覚が恵には苦しみにも
つながっているらしく。2人が気持ちを整理する
には、何かを断ち切らなきゃなのかもです。

・さらば友よ(橋本みつる)
 あかるは、寮でのルームメイト、多理(たり)と
時々話し込んでしまい、そのまま朝を迎える事も
あった。2人は大の仲良しだったが、あかるは
最近、多理の美しさに目を奪われる事が多かった。
 女の子同士の仲良し、という関係なら、今まで
にも経験はあったでしょうし、寮にもそういう
子達はいたでしょう。けれどあかるが感じたのは
それ以上の思いらしく、、、。それが何なのか、どう
したらいいのか、中学生ぐらいでしかない2人
には答えを出すのは難しいのでしょうね。
 ところでこの2人がいる寮って、Vol.1に掲載の
「星ちゃん」に出てきたのと同じ舞台でしょうか?
ここにはいろいろな気持ちを抱えた女の子達が
集まっているのかもですね。

・under one roof(藤生)
 ルームシェアの募集を見て様子を見に来た吉田の
前に、部屋の持ち主の麻生がバイクに乗って戻って
きた。気さくな雰囲気の麻生に案内されて、吉田は
部屋へと上がる。
 吉田はシェアの経験があまりないのでしょうか、
麻生の言葉にはつい感心してしまう事も多いみたい
です。何となくこのまま麻生に言いくるめられて
しまいそうな気もしちゃうのですけど、まあ大丈夫
ですよね。百合的にはまだこれから? ところでこの
作品、4コマ漫画、ではないですよね、、、。

・魔女と騎士(犬丸)
 生徒会長の唯地は、名前の語感が「ウィッチ」に
近く、また醸し出している雰囲気から「魔女会長」と
呼ばれている。生徒達が一歩引いて彼女に対するのに
比べて、内藤は気さくに彼女に接してくる。
 生徒達が自分を怖がっているらしい事については、
唯地はどうしようもないと思っているのかもですね。
全校生徒1人1人と親しくつきあって自分を
わかってもらうのは難しそうですし。それよりも、
自分の本当の姿を見抜いて、それを好んでくれる
内藤のような人が1人でもいれば十分なのでは。

・購買のプロキオン(ふかさくえみ)
 昼ごとに混み合う購買をずっと避け昼食は弁当
だった生徒会長のあさぎは、今激しく後悔していた。
購買には、「プロキオン」とあだ名される謎の
美しい少女がいたからだ。
 コミカルなアクションも混じりがちですけれど、
あさぎはかなり生真面目な人なのかも、と感じ
られます。その彼女がハートを奪われるほどなの
ですから、これは大恋愛なのでしょうね。寝ても
覚めても気になって仕方がない「プロキオン」との
関係が明らかになっていく様子はなかなかかもです。
 途中の場面で、相手があさぎの事を知っていると
わかって、「生徒会長になって良かった」と照れる
所とか良い感じですね。最後の方での梅乃との
やりとりも、けっこう雰囲気があります。

・COROLLA(スカーレットベリ子)
 演劇部では、柴原(しばはら)と後輩の迫子(さこ)が
せりふ合わせを始めるとすぐに周囲にギャラリーが
できる。2人の麗しい演技に見ほれる部員達をよそに、
もも子は衣装の縫い物をひたすら続けていた。
 部内の誰からも憧れられる人の、誰も知らない
部分を自分だけが知っている。その優越感への
後ろめたさ、そして何よりも相手への深い恋愛感情
が、もも子の胸の中で抑えきれないほど渦巻いて
いるのでしょう。それに触れた迫子はどんな気持ちに
なるのでしょうか。

|

« GIRL FRIENDS ドラマCDが発売です | トップページ | GirlsLoveFestival5 サークルの参加受付リストが公開されています »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 ひらり、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/38671570

この記事へのトラックバック一覧です: ひらり、 Vol.3 その2:

« GIRL FRIENDS ドラマCDが発売です | トップページ | GirlsLoveFestival5 サークルの参加受付リストが公開されています »