« つぼみ Vol.9 その3 | トップページ | ひらり、 Vol.3 »

2011年1月 9日 (日)

百合佳話 [ゆり/かわ] 5周年です!

 いつの間に、、、と自分で思ってしまいました。
最初の頃は百合についてよく知らない部分も
ありましたけれど、世の中にはいろいろなものが
あると気づく事が多かったように思います。
そして百合な作品がさらに増えてきているのは
嬉しいですね。

 このブログ、百合佳話 [ゆり/かわ]が始まってから
5年となっています。そんなにやってきているとは
、、、何というかともかく突っ走っている感じです。
コメントやトラックバックをくださる皆様、暖かく
(生暖かく?)見守ってくださる皆様のおかげで
何とかやれています。
 世の中の百合なものはこれまでにもたくさん
ありましたけれど、最近はさらにいろいろな場で
見られるようになってきている気がします。この
1年間については別の記事にも書きましたので、
ここではこのブログでの事を中心に、5年間を
ちょっと見たみたいと思います。

・コミック
 コミック誌としては、「百合姉妹」の後を引き継ぐ
ように「百合姫」が2005年から始まっていました。
その後は「~S」、「~Selection」、「~Wildrose」と
続いています。来月にはずばり「Girls Love」という
アンソロジーが始まるようですね。
 百合姫シリーズの「オンリー1」はしばらく
変わりませんでしたけれど、この頃は「つぼみ」、
百合少女」、「ひらり、」など、たくさんの
出版社からいろいろなアンソロジーが出版される
ようになっています。作品をたくさん集めて紹介
できる場が増えると、単行本化などする場合にも
やりやすくなったりするのではないでしょうか。
それと、様々なタイプの百合テイストが楽しめる
ように雑誌やアンソロジーが多く出ると面白い
かもです。

 単行本でも、この頃は発行される作品が多く
なってますね。かわいらしい女の子キャラが
たくさん登場してまったりした日常を送る、といった
タイプの作品の中で、女の子同士のふれあいが
百合を感じさせる、みたいな感じのものも多い
ようです。そこからさらに一歩進んで恋愛感情に
発展する場合もありそうですね。
 今の所は、百合コミックの単行本というと、
一迅社と芳文社からのものがかなり多いみたい
です。他の出版社からもたくさん発行されるように
なればさらに発展するかも? 少女漫画誌でも
キスありの百合作品の連載が話題になってきて
いますし、期待できそうでしょうか。

 好みの作品を挙げるとすると、、、本当にたくさん
あるので難しいですね。今思いつく所では、
森永みるくさんの「くちびる ためいき さくらいろ
と「GIRL FRIENDS」、原作津ノ守坂ソロリティ、
キャラクター原案ひびき玲音さん、作画東雲水生さん
による「初恋姉妹」、平尾アウリさん作「まんがの
作り方
」など、、、。他にもいろいろありますけれど
どれも素敵ですね。

・アニメ
 女の子同士の親密な関係、恋愛関係を主軸に
するアニメは、2006年より前だと、例えば
神無月の巫女」や「マリア様がみてる」、
ヤミと帽子と本の旅人」などがあったように
思います。女性が女性を慕う気持ちが深く描かれる
作品と言えそうですね。
 上に書いた作品だと、放送期間はどれも1クール
だったみたいです(マリみてはシリーズ化されて
います)。2クールあったのは、例えば「KURAU
Phantom Memory
」とかでしょうか。百合を長く
じっくり描くものは多くはなかったとも思えます
(というか百合アニメ作品自体が少なかったですね。)
 2006年には、状況が少し変わったような
気がします。「ストロベリー・パニック」と
シムーン」が同じ時期に放送されていました。
また、ストパニは登場人物がすべて女性、
シムーンは、男性も登場しますがキャストをすべて
女性の声優の方が担当されています。ここまでの
こだわりのある作品が2クールで放送されたのは
何か良いですよね。ストーリーも感動的でした。

 その後は、全員女性という作品はあまり見かけ
たりはしていませんね。でも百合を主題にした
ものや、そうでなくても女性に恋する女性が登場
する作品が多く出てくるようになっている気が
します。そういったキャラ達は、時には派手な
行動をする事もありますが、女の子を愛する
気持ちまでは否定されていない、という場合も
多く、その点では安心して(?)百合を楽しめる
ような気がします。

 お気に入りの作品は、、、これもたくさんあるの
ですよね。例えば「ストロベリー・パニック」、
神無月の巫女」、「エル・カザド」など。後は、
志村貴子さん作のコミックが原作の「青い花」、
それと百合が主題ではないですが、「咲-Saki-」や
ハートキャッチプリキュア!」も百合テイストが
良い感じです。

・ドラマCD
 コミックやアニメからドラマCDが制作される
場合があったりします。そこでは原作の雰囲気を
どう再現する事も重要ですけれど、音声だけで
ドラマが展開される所から、想像力を働かせる
余地があるように思います。
 この分野では、「初恋姉妹」(とその前身の
恋姉妹」)が良い雰囲気です。それからストパニ
ではアニメ版、ゲーム版合わせていろいろドラマ
CDが作られています。また、マリみてのシリーズは
原作小説の感じがかなり再現されている気が
します。

・Webラジオ
 これは作品というわけではないのですけれど、
アニメ作品などでは担当声優の方達がパーソナリティ
となって関連情報やお頼り紹介などをするラジオ
番組がネット配信されたりします。
 それで、たぶんこれは制作する側の方針なのかも
ですけれど、百合作品だからといって必ずしも
番組が女の子同士の恋のようなものを扱わない
場合もあるのですよね、、、。期待して聞いても
百合的なコーナーがあまりなかい、という事も
ありました。
 そんな中で良かったのは、ストパニのラジオ番組
麻衣&愛の電撃G'sラジオストロベリー・パニック!
~お姉様といちご♥そうどう~
」ですね。パーソナリティ
の中原麻衣さんと清水愛さんの進める番組は、
どのコーナーも百合テイスト満載です。また
お2人のコンビネーションは、アニメのエンディング
曲「秘密ドールズ」のイメージとも重なって
毎回楽しめる内容になっているように思います。
 他では、「ささめきこと」の番組「彩陽・めぐみの
ささめきらじお
」も良いかもです。高垣彩陽さんと
高本めぐみさんのラブラブっぷりが回を追って
高まっていった感じですね。

・ゲーム
 百合テイストのゲームは、以前から堅実に(?)
リリースされてきたようです。「アカイイト」、
アオイシロ」、「ソルフェージュ」、「白衣性
恋愛症候群
」、「その花びらにくちづけを」(この
作品は年齢に制限があります)など。ゲームの場合
はプレイヤーが操作や選択をしながらストーリー
を進めていくため、女の子達のふれあいを、様々な
組み合わせで表現できそうですね。
 この他には、アニメなどをもとにゲーム化された
ものもあります。以前別の記事にも書きましたけれど、
このタイプのものは増えてきている感じです。それに、
ゲーム版になって百合度が上がるものもあるようで、
その点も楽しみだったりしそうです。

・イベント、レポート
 百合にまつわるイベントも着実に増えている気が
します。「ゆりけっと」というのもありましたし、
「GirlsLoveFestival」、「Maiden's Garden」、
「百合部」、「シティ百合部」、「女子GL部」(こちらは
年齢に制限があります)などなど、、、。作品の
オンリーイベントになるともっとあるでしょうね。
個人的にはストパニのイベント「Strawberry SisterS」
などが面白いです。

 百合にまつわるイベントだと、他には率川神社の
百合祭り」もあります。、、、ってこれは花の方の
百合なのですけれど、まあちょっといい雰囲気ですね。

 後は、百合テイストのあるアニメで、鎌倉や
湘南地方が多く取り上げられているのが面白い
気がしました。以前レポートした事もありました
けれど、なかなか良い場所柄です。

・創作系
 個人的な事になりますけれど、ここでは主に2次創作
系の作品を書いてきました。ストパニシムーン
ものや、アオイシロ、「ペンギン娘」など。1次も2次も
いろいろ考えていたりするのですけど、もっと書いて
いくには準備が必要かもです、、、。

 といった所で、思い出してみると百合にまつわる多くの
出来事があったように思います。そしてこれからも、
百合の分野にはもっと発展していってもらえたら良い
ですね。

|

« つぼみ Vol.9 その3 | トップページ | ひらり、 Vol.3 »

百合ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/38418261

この記事へのトラックバック一覧です: 百合佳話 [ゆり/かわ] 5周年です!:

« つぼみ Vol.9 その3 | トップページ | ひらり、 Vol.3 »