« 1月下旬の百合なコミックス 4冊の表紙画像など | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ CDジャケットに物語のイメージが、、、? 他 »

2011年1月21日 (金)

オクターヴ 第6巻が発売です

 節子との間に芽生えた感情に、戸惑ったり
おぼれたり、揺らめいてきた雪乃。ですが、一つ
だけ変わらないのは、何かがあった時はいつも
節子を思い出していた、という事なのかもです。
気持ちの上ではずっとつながっていたと思われる
2人が、これから一緒に寄り添って行くには何が
必要になるのでしょうね。

 発行講談社、月刊アフタヌーンに連載された、
秋山はるさん作「オクターヴ」の第6巻が
発売となっています。この作品は、この巻が
完結巻になるそうです。

 ヒロインの雪乃は、アイドルに憧れてデビュー
まで果たした女の子です。ところが歌はあまり
売れず、引退して郷里に戻ってくるのですが、
地元ではあまり快い目では見られず、いたたまれ
なくなった彼女は、元いた事務所でマネージャー
として働き始めます。そんな日々の中で、彼女は
節子と出会います。

 節子に会う辺りの雪乃は、故郷にもいられず、
都会でも自分の居場所をなかなか見つけられず、
かなり肩身の狭い思いをしていたようです。
人気の芸能人や、きちんとした目標を持って
仕事をしている人を見ると、つい劣等感のような
ものを抱いて嫌な気持ちになっていたみたいです。

 けれど節子への感情は、そういうものとは
全く別の所から来ている感じですね。節子も、
元は2人組の音楽ユニットのメンバーで、今は
楽曲提供などをしているアーティストではあります。
でも雪乃は、相手をうらやましく思った事も
あったかもしれませんが、それよりも愛しさの
方がずっと上だったのでしょうね。

 最初は体の関係から始まったとも言えそうな
2人は、とても相性が良かったのでしょうか、
言葉では表せない思いを体で表現する事もあった
ように思えます。女性同士の恋愛関係なんて、
自分達以外には秘密にしなきゃ、と考えるたびに、
2人のつながりは密接になっていったのかも。

 節子は順調に仕事をこなしていき、やがて雪乃も
マネージャーの仕事にやりがいを見つけ始めて
いくようです。そうなると次は2人で安定した
生活を求めるのも自然な流れと言えそうです。

 ところが、という感じでまた波乱がありそう
です。女性同士の関係だと、問題が起きても
自分達だけで解決しなければならない場合も
あるかもですし、特に雪乃は女性と恋人同士に
なる経験はなかった(というか男女の恋愛関係も
未経験だった?)みたいなので、どうしたら
いいのかわからなくなってしまったりもするの
でしょう。彼女達はどんな答えを出していくの
でしょうね。

 この作品は、単行本はこの第6巻までになる
ようです。感動的な物語になっているのを期待
したいですね。

|

« 1月下旬の百合なコミックス 4冊の表紙画像など | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ CDジャケットに物語のイメージが、、、? 他 »

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/38558902

この記事へのトラックバック一覧です: オクターヴ 第6巻が発売です:

« 1月下旬の百合なコミックス 4冊の表紙画像など | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ CDジャケットに物語のイメージが、、、? 他 »