« スイートプリキュア♪ ストーリーとキャラなどが紹介されています | トップページ | マリア様がみてる 新刊「ステップ」が発売です&劇場版情報 »

2010年12月27日 (月)

探偵オペラ ミルキィホームズ 第11話

 偵都ヨコハマに横行する怪盗達。こんな事態に
なってしまったのは、ミルキィホームズが探偵学院
を追い出されてから、みたいです。それに、
偵都の危機を心配している人達は、皆シャロ達に
手を貸していますね。やはりこの大仕事は、
彼女達でなければ成し遂げられない、と皆が
考えているからなのかもです。

 アニメ「探偵オペラ ミルキィホームズ」、第11話
恐怖のグランドヨコハマ峡谷」です。
 生徒会長のアンリエットにより、ホームズ探偵
学院からの退去を命じられたシャロ達ミルキィ
ホームズ。今まで住んでいた屋根裏部屋も
焼け落ち、彼女達には本当に身を寄せる場所が
なくなってしまった。4人は荷物を抱え、学院
からちりぢりに去っていく。その姿を見ていた
アンリエットは不満を爆発させ、会長室に
ぎっしりと飾られた賞状やトロフィーを手当たり
次第に壊していく。それらのほとんどは、かつて
ミルキィホームズがおさめた功績をたたえるもの
だった。

 ちょっと絵の雰囲気が、、、。これはもしかしたら
次回に何か大きな事が起きる前触れ、とかだったり
するでしょうか。この第11話でもヨコハマの
ピンチという大事件が起きていますけれど、それを
超えるような何かが待っているとか。ともかく
次も楽しみにしたいです。

 その前にこの話数では、シャロ達がばらばらに
なってしまっていますね(といいつつコーデリアと
ネロ、エリーは同じ公園の敷地にはいるみたい
ではあります)。これまでの屋根裏部屋での
生活は、大変ではありましたけど皆一緒で
にぎやかにやっていけていました。ですが今は
それさえも消え去ってしまっているようで。
彼女達にとってはかなり危機的な状況とも
言えそうです。
(ところでコーデリア達がいた場所の近くで、
ビルの大画面に小林オペラらしい人物が映し
出されていましたね。「Kobayashi」と字幕も
書かれています。なぜこの話数になってこの人が
登場したのでしょう。ゲームが発売されたから?)

 彼女達を見ているヨコハマの人達も、つらい
気分なのではないでしょうか。第5話では、
トイズを失って食事にも困っているような
シャロ達に、街の人達は食べ物をお裾分け
したり、励ましの言葉をかけたりしています。
 それで彼女達が笑顔になったり、とにかく
4人一緒にいるのを見られれば、周りの人達も
少しは安心できた事でしょう。ところが今は
、、、。コーデリアは気が抜けたようになって
「お花」を売っていたり(彼女はお花がいくらでも
あると言っていましたけど、どうやって調達
したんでしょう? 自分の想像の中のお花畑を
実体化できた、ってわけではないですよね)、
ネロは占いをしていますがその前に空腹で
今にも倒れそうな顔をしています。エリーは
必死に「志集」を売ろうとしていますが、
誰も彼女には耳を傾けていないみたいです。
(それと、ティッシュ配りで何か嫌な思い出が
あったらしいですけど、これは例によって(?)
説明されていませんね。)これでは街の人達も
どうしてあげる事もできなさそうです。

 さらにはヨコハマに怪盗が暗躍し始めて
います。アルセーヌが率いる「怪盗帝国」が
幅をきかせるのはある程度予想できたかも
ですけれど、他の怪盗達までもが、我が物顔
で偵都を横行しているようです。
 そのタイミングというのが、シャロ達が
学院を追い出されミルキィホームズが
消え去った時期とあまりにも重なっているの
ですよね。実はミルキィホームズって、
アルセーヌ達だけではなく怪盗全体にとって
大きな存在で、脅威だったのでは、という
気がしてきます。

 探偵や警察、市民の側でも、ミルキィホームズ
は意味を持っていると感じられます。一つには、
G4ですね。シャロが働いている(場末の?)
「らめえん」屋に顔を見せています。もともと
咲や次子、平乃はシャロに対しては別に敵対心
みたいなものは持っていないっぽいですから、
彼女がどうしているか気になったりはするの
でしょう。でもわざわざやって来てお見舞い品を
渡す事までしているのは、シャロに親しみを
感じているからなのでは。
 それなら小衣は、、、? 警察としてお株を
奪われ続けてきたミルキィホームズに、彼女は
かなり敵対心を燃やしていたように思います。
でもここでは、彼女が胸の奥でシャロを気遣って
いるのがわかったのではないでしょうか。
 こうしてG4と再会できたシャロは、4人と
一緒に出動、、、はできなかったようです。まあ
これも小衣の一つの気遣いではあるのでしょうね。

 シャロ達を暖かく見守っているのは、G4
ばかりではありません。アイリーンソニア
クラリス、たくさんの女の子達が関わってきて
いますね。さらにシャロはメアリー&ケイト
事も引き合いに出しています(でも確か彼女達は
探偵じゃなかったような、、、)。やっぱり
ミルキィホームズは、これまで多くの人達と
出会う事で成長していると言えるのでしょうね。
 またアイリーン達も、この難しい状況を解決
できるのは、シャロ達しかいない、と考えて
いるのでしょう。だから自分達が出て行くの
ではなく、シャロ達に自分達の持つものを
与えようとしているのでしょう。(クラリスの
プレゼントさえちゃんと役に立ってますよね。)

 ところであそこにアイリーンがいたのは、
やはり小衣が関係している、のでしょうか?
彼女としては、ミルキィホームズをサポート
するのと一緒に、小衣を助けたい(そして助けたら
連れて行きたい?)と考えているのかも、なんて
思ってしまいました。できればそういった場面も
次回見てみたいですね。

 皆の(特に言えば女の子達の)支えと願いを
受けて、ミルキィホームズは、トイズが戻らない
状態で困難に立ち向かっていきます。冷静に
考えれば無茶としか言いようがないのですが、
それでも彼女達はあきらめたりはしないようです。
 、、、これまでのエピソードの流れだと、
こんな状況になっても結局失敗してしまう場合が
多かった気がします。ここでももう1回同じ事が
起きるかも、とも思っていたのですが、ちょっと
事情は違っていたみたいですね。

 エンディング曲「本能のDOUBT」の歌詞には、
「真剣勝負でかかっておいで」という言葉が
あります。ここからが、彼女達の本領発揮の
舞台になるのでしょう。シャロとアルセーヌ、
2人の真剣な思いがぶつかり合う場面が繰り広げ
られていくのでは、と思えます。

・「ミルキィホームズ」レビューリストレビューセンター

|

« スイートプリキュア♪ ストーリーとキャラなどが紹介されています | トップページ | マリア様がみてる 新刊「ステップ」が発売です&劇場版情報 »

作品 ミルキィホームズ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/38238422

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵オペラ ミルキィホームズ 第11話:

« スイートプリキュア♪ ストーリーとキャラなどが紹介されています | トップページ | マリア様がみてる 新刊「ステップ」が発売です&劇場版情報 »