« Candy boy コミックス第2巻が発売です | トップページ | コミック百合姫2011年1月号 »

2010年12月23日 (木)

シムーン DVD-BOXのパッケージイラストが紹介されています

 この作品もBOX化されるのですね。少女達の
青春を感じさせる物語をまた見られる事になるの
でしょう。パッケージには、アーエルとネヴィリル、
そしてコールテンペストの巫女達の姿が描かれて
います。

 オリジナルアニメ「シムーン」は、全26話
テレビ放送され、DVD第9巻までが発売となって
います。この作品のDVD-BOXが1月に発売される
予定で、そのパッケージイラストが公式サイト
などで紹介されています。(公式サイトのトップ
ページにあるリンクをたどると、ドットアニメの
サイトにある商品紹介のページが見られるように
なっています。)

 イラストは、キャラデザ担当の西田亜沙子さん
による描き下ろしのようです。シムーンに乗る時の
儀式用の衣服を着たアーエルとネヴィリルが
大きく描かれていますね。2人の背には翼が
見えていて、さらにその後ろには、シムーンと、
描かれたリ・マージョンの軌跡があります
(「翠玉のリ・マージョン」とはちょっと違う、かな?)。
アーエルとネヴィリルの密着ぶり、重ねた手
などからは、彼女達の親密さがうかがえます。
それに、アーエルがまっすぐ正面を見つめて
微笑みかけている様子が、いかにも彼女らしい
雰囲気です。

 Amazonなどの通販サイトでは、BOXの裏面の
イラストも見られるようになっています。そこには
パライエッタやユンなど、コールテンペストの
メンバーの姿が描かれています。最後にこのコール
の仲間になったヴューラもいますね。
 全員がシムーンシヴュラの制服を着ています。
という事は、性別を選ぶ前、巫女の頃の彼女達
なのでしょう。ドミヌーラとリモネ、それに
マミーナが一緒にいるのもそのためなのかも
しれません。
 11人は、空を見上げていて、舞い降りてくる
羽に手を差し伸べたりしています。何となく、
アーエルとネヴィリルの存在を感じているのでは
ないでしょうか。戦争という苦しみの中では
ありましたけれど、喜びもあった日々を、それぞれが
思い出しているのかもです。

 人がすべて女性として生まれ、途中で性別を
選んで男女いずれかになる星、「大空陸(だいくうりく)」
の世界観や、空を自由に飛べる「神の乗機」である
シムーンの独特なデザイン、2人1組でシムーンを
操る「巫女」であるシムーンシヴュラの存在など、
いろいろな興味深い設定がある作品ですね。
アーエル達シヴュラがシムーンに乗る時の服装も
どことなくエキゾチックですし、またシムーンを
起動するための儀式が、、、キスだったりします。
そのため作中ではあちこちでキスの嵐が。第1話から
たくさん描かれていたような気がします。

 シムーンを操縦する女の子達が戦争に巻き込まれ、
苦しみながらも答えを出していく姿が感動的な
作品と言えそうです。当然ながら物語が進む中で
女の子同士のふれあいも多いわけですけれど、
恋愛的な関係に発展していく人達はそう多くは
なかったような感じもありますね、、、。個人的には
もう少し女の子同士の恋心などを多く取り上げて
もらいたかったようにも思ったりします。まあ
それはそれとして、この作品は「美少女SF百合
バトルファンタジーアニメ」とも言われているほど
ですので、いろいろな要素が楽しめるのでは
ないでしょうか。

 今度のDVD-BOXは7枚組の構成になるようです。
キャストの方やなぞの存在「しむ~ん」が登場する
「アフレコ通信」などの特典映像は収録されるの
かな? それからDVD-BOXでの追加要素なども
あると良さそうですけれど、、、今の所、描き下ろし
BOXイラストが新要素らしいです。

 DVD-BOXの発売は1/28だそうです。彼女達の戦いと
愛の物語がまた見られる事になりそうですね。
後はブルーレイ版とかあったりしたら素敵かも
です。

|

« Candy boy コミックス第2巻が発売です | トップページ | コミック百合姫2011年1月号 »

作品 シムーン」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/38189610

この記事へのトラックバック一覧です: シムーン DVD-BOXのパッケージイラストが紹介されています:

« Candy boy コミックス第2巻が発売です | トップページ | コミック百合姫2011年1月号 »