« コミック百合姫2011年1月号 | トップページ | 百合アンソロジー「ひらり、」 Vol.3が発売です »

2010年12月24日 (金)

オリジナルアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」 30秒版の動画CM配信とコミック化の企画他

 配信時間が長くなってより多くのカットが描かれて
います。そこではまどかとほむらが出会っている
みたいです。が、あまり大きな出来事はまだ
描かれていない? 本編ではどうなるでしょうか。
また、本作のコミック化があるらしいです。しかも
3本、、、! さらに、公式サイトでは期間限定の
壁紙配信なども行われています。

 オリジナルアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」は、
来月からテレビ放送の開始が予定されています。
その公式サイトが更新されています。
 デザインがクリスマスバージョンになってますね。
上のメニューの背景や右側にあるフレームは
赤と緑に彩られて、ワンポイントにひいらぎの
葉があしらわれています。またキャラ描かれている
背景や前景には雪の結晶が舞っています。かなり
こった作りですね。このバージョンは12/25の23:59
までの短期限定なので、見てみたい方はお早めに
アクセスするのが良さそうです。
(ちなみに、作品のタイトルに使われていた星の
マークって、以前は「★」だったように思うのですが、
今は「☆」に統一されているっぽいですね。まあとても
細かい事ですけれど、、、。)

 また、壁紙の配信も行われていて、こちらも
クリスマス仕様になっています。雪の結晶が
ちりばめられた暗い背景の前に、4人のキャラが
そろって描かれています。PC用モバイル用
用意されています(モバイルサイトはPC用サイトと
同じアドレスからアクセスできるらしいです。なお、
PC用サイトとPC用壁紙にはモバイルサイトのQR
コードが載っています)。こちらの壁紙もサイトと
同じく短い期間限定になっています。

 さらに、「番宣CM」映像の新バージョンが配信
されています。今度のは30秒の長さです。
 、、、といっても、ストーリーなどで新しい要素が
紹介されているわけではない感じですね。ClariS
によるオープニング曲「コネクト」を背景に、
悠木碧さんによるまどかの声でナレーションが
入ります。
 追加されている音声では、まどかは誰かの
役に立ちたいという強い思いを持っているみたい
です。その気持ちが彼女を「魔法少女」に変身
させるのでしょう。けれどそこには重い使命も
待ち受けていて、といった流れなのかもです。

 映像的にも、前のものと同じようにまどかの
日常生活を中心に描かれています。前の映像で
登場していた大人の男性と女性は、やはり
まどかの両親とかいう感じらしいですね。加えて
彼女には小さい弟か妹が1人いるようです。
 他にはキュウべえが一瞬顔を見せていて、
ほむらも登場しています。新しい所で言うと、
学校らしい場所でまどかとほむらが向き合って
いる場面でしょうか。2人は何か話し合って
いるようですけれど、表情を見た感じでは、
話す内容があまりかみ合っていないのかも、と
思わせます。
 考え方の食い違いから反発するような関係に
なってしまったまどかとほむらが、魔法に関わる
困難を乗り越えてお互いを理解し合う、といった
ストーリーが織り込まれていたりするでしょうか。
変身ヒロインものではそういったテーマを扱う
作品もありそうですね。本作ではどういった物語を
見せてくれるのか、気になります。

 さてそしてもう一つ、アニメだけではない企画も
用意されているそうです。それはコミック化
関わるもので、芳文社の「まんがタイムきらら
フォワード
」とのコラボらしいです。まんがタイム
きららというと、「~Carat」には、本作のキャラ原案
を担当された蒼樹うめさんが「ひだまりスケッチ」を
描いていらっしゃいますね。今度のコラボもその
辺りの関係から進められた、とか?

 企画の内容については、「まんがタイムきららWeb
内のページに紹介されています。「3大プロジェクト
という事で、3本のコミックが描かれていく
ようです。
 アニメ版ストーリーのコミック化と、外伝、それから
同じ世界観で主人公を変えた物語、といった感じに
なるらしいです。それぞれの作品は、ハノカゲさん
による「魔法少女まどか☆マギカ」、ムラ黒江さん
による「魔法少女おりこ☆マギカ」、平松正樹さんの
ストーリーと天杉貴志さんの作画による「魔法少女
かずみ☆マギカ~The innocent malice~」という
タイトルだそうです。(なお、「innocent malice」
とは「汚れなき悪意」といった意味を持っている
らしいです。)
 ハノカゲさんの絵柄は、色使いも柔らかくて、
キャラのかわいらしい感じが出ている気がします。
ムラ黒江さんは、眼光鋭いキャラや異形のものなどを
描いていらっしゃるようですね。平松正樹さんは、
Web小説に始まりアニメ映画も制作された「空の境界
の劇場版で脚本を担当されているとか。天杉貴志さん
の絵柄は、透明感のある肌の感覚と澄んだ大きな瞳が
特徴なのではないでしょうか。

 この3作品のラインアップや担当作家の方達の
雰囲気だと、やはり本作としては、かわいらしい
女の子達と、彼女達が巻き込まれる壮絶なバトルが
主体になってくるのかもしれませんね。(そういえば
「ひだまりスケッチ」でも、「ちだまりスケッチ」という
ネタがあったような、、、ってあれは単にやまぶき高校
での噂話みたいですね。)アニメ版の監督、新房昭之さん
コメントで「今までになかった新しい魔法少女」という
言葉が示しているのはそういう意味なのでしょうか。
(それとも、この布陣でほのぼのまったりな日常と
魔法が描かれるとしたら、それはそれで「今までに
なかった」作品になりそうな気もしたり、、、。)

 2週間後ぐらいにはテレビアニメの放送が始まる
予定となっています。コミックは「~かずみ☆マギカ」
がフォワード3月号から連載開始、「~まどか☆マギカ」
が2月から3ヶ月連続発行、「~おりこ☆マギカ」は
アニメの放送後に発行開始となるようです。その
中で、この作品の特徴が描き出されていくのでしょう。

|

« コミック百合姫2011年1月号 | トップページ | 百合アンソロジー「ひらり、」 Vol.3が発売です »

作品 まどか☆マギカ」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/38202155

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」 30秒版の動画CM配信とコミック化の企画他:

« コミック百合姫2011年1月号 | トップページ | 百合アンソロジー「ひらり、」 Vol.3が発売です »