« つぼみ Vol.7 その2 | トップページ | けいおん!! 第23話 »

2010年9月 8日 (水)

マリア様がみてる 映画公式サイト本格オープンです&書き下ろし小説付き前売り券&予告編映像

 公式サイトの情報も充実してきてます。各
コーナーでは映画からのものと思われるカット写真が
たくさん使われていて、その感じでは映像的には
雰囲気が良さそうですね。そして写真付き前売り券
に続いて、書き下ろし小説のついた前売り券も
発売だとか。それに、予告編映像も一部サイトで
見られるようになっています。

 発行集英社コバルト文庫の、今野緒雪さん作、
ひびき玲音さんイラストによる「マリア様がみてる
は、実写による映画が11/6から公開スタート
するそうです。その公式サイトが更新され、本格
オープンしています。

 これまでは、トップページの他に幾つかの
ニュース記事が付いているぐらいでした。トップの
画像は、イラストで描かれた祐巳と祥子が、
同じポーズで実写の写真に変化する、というもの
でしたね。今度のものでは、「イントロダクション」
や「ストーリー」などいろいろなコーナーが用意
されています。
 トップの写真も新しくなっています。データの
読み込み中は、リリアン女学園となるらしい建物が
表示され、読み込みが完了すると、祐巳と祥子が
背中合わせに立って手前へ目を向けて微笑んでいる
姿が見られます。周りには薔薇の花があしらわれて
いて、作品の世界観を表しているようですね。
 祐巳役は未来穂香(みきほのか)さんが、祥子役は
波瑠(はる)さんが担当されています。制服だけでは
なく髪型なども原作を意識した感じになっています。
 サイトでは、お2人をはじめとした他のキャストの
方達もたくさん登場しています。各コーナーでも、
本編中からのカットらしい写真が使われています。
個人的には「リンク」のコーナーにある、祐巳と祥子
の写真がなかなかいい感じかなと思います。

 「キャスト」のコーナーでは、この映画でメインに
なると思われる10人のキャストの方達と役が紹介
されています。祐巳、祥子、蓉子、聖、江利子、令、
志摩子、由乃、蔦子、優、ですね。
 祐巳もそうですけれど、志摩子や由乃の髪型や、
江利子のヘアバンド、蔦子の眼鏡とカメラ辺りは、
わかりやすく特徴をつかんだ雰囲気かもです。制服も、
リリアン、花寺ともに原作のテイストが出ている
感じですね。

 この10人の生写真付き特別鑑賞券は現在発売中
です。どんな写真になっているかは「劇場 前売り券」
のコーナーで確かめられるようになっています。
 なお、同じコーナーで見られる上映劇場は、現在の
所、東京、大阪、名古屋の合計6館がエントリー
されています。「全国順次ロードショー」との事
なので、上映館が新しくわかった場合はここに追加
されていくのかもしれません。
(ところでこのコーナーの背景に使われている写真
って、山百合会の演劇の練習場面ですよね。広い
練習場所の中、リリアンの生徒達がダンスをしている
感じが雰囲気を出しているかもです。)

 そして、もう一つ別の種類の前売り券が発売開始
されているようです。それは、前売り券にA4のクリア
ファイルと、それから何と今野さんの書き下ろし小説
シークレット エピソード ブック」が付いたもの
らしいです。今日から10/25まで、サークルKサンクス
で予約受付を行っているそうです。近くにお店がない
場合には、ネット上のショップ「tokimeki mall」で
予約ができるみたいです。
 ちなみに「tokimeki mall」では、テレカや眼鏡ケース
の販売も行っているようです。それと小説付き前売り券
の購入者には、今野さんのサイン入り「映画原作」を
抽選でプレゼントするらしいです。
 なお、この前売り券は1万セットの数量限定みたい
です。気になる方はお早めに予約するのが良いのでは
ないでしょうか。

 それで、気になるのは本編がどんな感じなのか、
ですね、、、。公式サイトの「トレーラー」のコーナー
は、「Coming soon」となっていて映像は配信されて
いません。また、tokimeki mallの方にも何か動画を
思わせる画像もおいてあるのですが、そこには
「UNDER CONSTRUCTION」の文字があってまだアクセスは
できないようです。
 ですが、Amazonのサイトでは予告編映像らしい
ものが配信されています。映画の内容を紹介する
オフィシャル パーフェクト ブック」の商品ページで、
映像が見られるようになっています。
 マリア像の前での祐巳と祥子の出会い、波乱の
「姉妹宣言」、祐巳の涙、、、原作の名場面が次々と
展開されていきます。そして2人きりになって
祥子が祐巳に向かって言うせりふ「必ず、あなたの
スールになってみせるから」は、やはりかっこいい
ですね。
 映像の後半は、原作でも何度か登場していた
マリアさまのこころ」の歌が流れる中、短いカットで
場面やキャストが映されていきます。各キャラの
表情が割と出ているようにも感じられます。
 この映像を見る中では、けっこう期待できそうな
感じもしますね。本編も全体でこういう印象に
なっていると良さそうです。

|

« つぼみ Vol.7 その2 | トップページ | けいおん!! 第23話 »

作品 マリア様がみてる」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

おぉ…!
皆ほぼ新人さんなのでどんな演技か想像がつかないですね!

かなり力の入った作品なのは間違いないでしょうが
1マリ見てファンとしては、
やっぱり依然として、心配と期待がハーフ&ハーフです。

全然百合関係ないですが、ドラマ化ということだと
「ピンポン」のキャスティングが凄かったです。
最近また漫画を読んだんですが、
あんな奇跡のキャスティングは、知る限り以後そうそうないです。

投稿: greenfiddler | 2010年9月10日 (金) 00時25分

メインのキャストの方達はファッション雑誌の
モデルをしていらっしゃるそうで、きれいに
映される点ではプロなのでしょうね。演技の
方は未知数なのかも、、、。その辺りは割り引いて
見るしかなさそうでしょうか。
映画の制作発表の時に原作の今野緒雪さんが、
コメントで、小説と映画の違いについて言われて
いたようです。映画はまた別のものとして見る
ような感じになるのかもしれません。

「ピンポン」は見ていないのですけれど、
キャストはすごかったみたいですね。映画
だとどなたがどの役を担当するか、というのも
注目ポイントになりますね。

投稿: ギンガム | 2010年9月10日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/36622577

この記事へのトラックバック一覧です: マリア様がみてる 映画公式サイト本格オープンです&書き下ろし小説付き前売り券&予告編映像:

« つぼみ Vol.7 その2 | トップページ | けいおん!! 第23話 »