« 「ブルーフレンド」 第1巻が発売です他 | トップページ | 百合姫S Vol.14の表紙画像が紹介されています&10月発売分コミックスのタイトル公開 »

2010年9月16日 (木)

ハートキャッチプリキュア! 第31話

 つぼみ達とは常に距離を置いてきたゆり。ですが
「砂漠の使徒」の侵略は、どうしても彼女達を
同じ戦いの場へと引っ張り出してしまうようです。
ゆりはなぜつぼみ達に気持ちを開かないのか、
本当はどうしたいのか、が気になる所です。
それと彼女にとって大切な存在と思えるももかも、
彼女の助けになってあげられると良いですね。

 テレビアニメ「ハートキャッチプリキュア!」、
第31話「悲しみの正体!! それは、ゆりさんの
妖精でした、、、
」です。
 デザトリアンを駆ってプリキュアに挑む
サソリーナ。しかし相手の技の前にむなしくも
デザトリアンは浄化されてしまう。プリキュアが
3人に増え、彼女達のチームワークも揺るぎない
ため、彼女はこの所さしたる戦果を上げられて
いなかった。浮かない表情になる彼女の前へ、
サバーク博士とダークプリキュアが姿を見せた。

 以前プリキュア達に浄化されかかっていた
サソリーナは、一時期「砂漠の使徒」らしくない
状態に陥ったり、髪型を変えアバンチュールを
狙って(?)鎌倉に繰り出したりしていました。
このまま大幹部の資格を剥奪されてフェード
アウトしてしまうとか、さらに浄化されて
プリキュアの味方になるとか、そんな流れが
待っているのかなと思ったのですけれど、
そうではなかったようです。新しいアイテムの
おかげで彼女は元通りの地位に戻っている
みたいです。(こうなるとプリキュアの方も
新しいアイテムを手に入れなきゃかもです
けれど、それは次回、かな?)
 これまでのシリーズでもそうでしたけれど、
相手方の組織の人達は、主に2つのタイプに
分かれる気がします。プリキュアを徹底的に
攻撃して散っていくか、または正しさに目覚めて
プリキュアを支える側になるか、、、。今の
シリーズではどうなっていくのでしょう。
特に気になるのは、ダークプリキュアですね。
彼女はキュアムーンライトとは深い因縁というか
つながりがあるみたいですから、そこには
大きな物語のうねりがあるのでは、と
思えます。

 でもその前に、今はキュアムーンライトは
いないのですよね。「プリキュアの種」は破壊
され、サポートする妖精の姿もなく、、、。
ゆりがどんなに願ったとしても、これでは何も
起きないのでしょう。
 さらにこの話数では、新しい事実も語られて
いました。ゆりは、「プリキュアの種」や妖精
だけではなく、他のものも失っているようですね。
でもそれって、けっこう危ない状態のような
感じもします。「砂漠の使徒」に「こころの花」
を奪われた人達と似たような状況だと思いますし、
あるいは命さえ落としかねないのでは。今は
変身しないでほとんど素手で戦っている彼女
ですが、これから何か危険な目に遭ってしまう
可能性もありそうです。

 ゆりの身に起きた事を知ったつぼみは、とても
悲しい気持ちになっているようです。つぼみも
ゆりと同じプリキュアだから、妖精や「こころの花」
を失うのがどういう事なのか、痛いほどわかって
いるのでしょうね。
 でもそれだけではないのでしょう。つぼみは
1人の女の子として、ゆりの力になりたいと
思っているのではないでしょうか。たかだか
中学生が、高校生のお姉さんの心配をする
なんておこがましい、と、引っ込み思案な
つぼみなら考えているかもしれません。
それでも彼女は、ゆりを悲しみの底から
救い出してあげたいと願っているのでは、
という気がします。

 ではゆりの方は、、、。これまではずっと、
つぼみやえりかとは直接関わり合いにならない
ようにしてきました。いつきが「3人目」だと
わかっても、あまり深入りしようとはしていない
みたいでした。
 ですがここでは、つぼみの真心に触れて、
何かを考えたようですね。まだ具体的に何かを
したわけではありませんけれど、これは大きな
変化だったのではないでしょうか。

 たぶんゆりも、ずっとこのままでいいとは
思ってはいなかったのでしょう。いつまでも
沈んでいてはいけないと頭では考えていたとは
思うのですけれど、どうしたらいいのか、1人
ではわからなかったのかもです。つぼみが言葉を
かけてくれたのは、そんな時だったのでしょう。
 といってもつぼみは、ゆりの悩みに対する
はっきりとした答えを知っていたわけでは
ありません。できるとしたら、一緒に悩んだり、
泣いたり、励ますぐらいのものなのかも。
 ですが、たったそれだけでも、ゆりには
強力な後押しになる可能性がありそうです。
本人が変わろうという意志を持てば、何事も
変えていけるのではないでしょうか。

 この所、この作品のオープニングやエンディング、
アイキャッチやCMでも、「4人目のプリキュア」の姿が
見え始めています。今はつぼみ達の夢の中にしか
いない彼女が、皆の目の前に現れる日も近いの
かもしれません。
 ちなみに、彼岸花の花言葉は、「悲しい思い出」、
「あきらめ」、「独立」、「再会」などだそうです。
ゆりがこれまで経験してきた事と、これから
経験するかもしれない事を示しているようにも
感じられますね。

 作中、高等部のベンチに、ゆりとももかが座って
話をしていました。モデルの仕事が忙しいももかの
ために、ゆりがノートをとっていたみたいです。
以前にも、2人が一緒にいる場面が描かれていました
が、その時は特に会話もなく黙ってそばにいるだけ
だったように思います。
 その時とは違ってここでのゆりは、何か穏やかな
話し方で、笑顔も多い雰囲気です。つぼみやえりかと
話している時ともずいぶん印象が違いますね。
 もしかしたらこれが本当のゆりの姿だったり
するでしょうか。もし彼女の悲しみが消えていくの
なら、彼女はこういう姿を他の人達の前でも見せて
いけるようになるのかもしれませんね。
 ですがその前に重要なのは、今のゆりがももかに
だけ笑顔を見せている点なのかな、とも思います。
ゆりは、少なくともももかの前でだけは、本当の
自分でいたい、自分の笑顔をももかにだけは
見てもらいたい、なんて思っていたりするでしょうか。
ももかに対するゆりの気持ちがどんななのか、
気になりますね。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« 「ブルーフレンド」 第1巻が発売です他 | トップページ | 百合姫S Vol.14の表紙画像が紹介されています&10月発売分コミックスのタイトル公開 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/36764896

この記事へのトラックバック一覧です: ハートキャッチプリキュア! 第31話:

« 「ブルーフレンド」 第1巻が発売です他 | トップページ | 百合姫S Vol.14の表紙画像が紹介されています&10月発売分コミックスのタイトル公開 »