« 白衣性恋愛症候群 キャラ紹介が追加されています&壁紙とカスタムアイコンの配布他 | トップページ | ひらり、 Vol.2 前半 »

2010年9月11日 (土)

「私がお姉ちゃんなんだからね!」 第1巻が発売です

 いろいろ言ってはいても美空は妹の小鳥を
放ってはおけなくて手を差し伸べています。
小鳥も姉の美空が大好きで無邪気にくっついて
いるようです。そんな2人の気持ちがうまく
つながると良いのですけれど、その部分よりも
周りの登場人物との関わりに比重が置かれている
みたいですね。

 コミックのWeb配信サイト「FlexComixブラッド
や「FlexComix Web」などで配信されている、
鰻丸さん作「私がお姉ちゃんなんだからね!」の
第1巻が発売となっています。
(なお、第1話は期間の制限なしに無料配信されて
います。その他は、現在「FlexComixブラッド」で
第7話と特別編が、「FlexComix Web」ではそれに
プラスして第6話も、期間限定で見られるように
なっています。)

 主人公は、高校生1年生の高槻美空と、小学
5年生の高槻小鳥の姉妹です。美空は小学生と
間違われるほどの子供っぽい体型で背も低く、
反対に小鳥は大人顔負けのナイスなプロポーション
の持ち主。このギャップがいろいろな出来事を
巻き起こして行くみたいですね。

 美空は同級生からも子供扱いされていて、何か
あるとすぐに頭をなで回されたり抱え上げられたり
するみたいです。友達の君子や睦月、舞から
見れば美空はかわいくて仕方ない存在で、愛情表現
の一つとしてそういう事をしてしまうのでしょう。
 見た目が幼くてかわいがられるキャラだと、
そうされた時には恥ずかしがって反抗するものの
それがまたかわいらしくて、という連鎖を
引き起こしそうな所です。けれど、美空の場合は、
友達にちょっかいを出されると怒りが激しく
爆発してしまうみたいですね。気持ちの上では
同学年の高校生だし、そう扱ってほしいと本人は
思っているのでしょう。

 小鳥の方は、見た目は大人っぽいですが、気持ち
の上では無邪気で純真なようです。年上の人の
言う事は何でも信じてしまうみたいですし、
あまりにも無防備でちょっと間違えば危険な状況に
陥りそうにもなったりします。が、その辺りは、
作品的にもうまく事が運んで本人も気づかない
内に切り抜けられているようです。
 子供らしく人を頼る場面も多いようで、特に
一番頼りにしているのは、姉の美空らしいです。
怒ったりする事もあるけれど、小さい頃からずっと
面倒を見てきてくれた美空を、小鳥は大好き
みたいですね。そんな気持ちを抱くのは恥ずかしい
事じゃないと信じているためか、姉の友達の前でも
はっきりと自分の思いを口に出しています。

 そこから百合テイストのある展開につながって
いくのかというと、、、なかなかそんな感じでも
ないっぽいですね。それは、姉と妹の間にある
つながりよりも、他の人との関係の方が多く
描かれているからなのかもしれません。美空も
小鳥もよく友達と一緒に行動しているようですし、
それぞれに対して男子が関わってきそうな雰囲気
もあります。
 何となく姉妹である事がポイントと言うよりは、
高校生なのに小学生にしか見られない女の子と、
無邪気で子供っぽいけれど大人にしか見えない
小学生の女の子それぞれのギャップが見所に
なっている感じもします。せっかくの姉妹ですし、
百合的には2人の結びつきを示すエピソードを
もっと見てみたい気もしますけれど、なかなか
そういうわけにもいかない所なのでしょうか。

 2人だけの姉妹だとけんかしたりなんて事も
あるでしょう。けれど美空と小鳥の場合はそういう
関係ではなく、美空もちゃんと妹を世話している
ように感じられます。だから小鳥はあれほど姉を
信頼して、いつもぴったり寄り添っているの
でしょう。彼女の中ではお姉ちゃんが一番なの
でしょうし、美空もそれに答えて小鳥にたっぷり
愛情を注いでいく、みたいなエピソードが見られると
良いかもです。

|

« 白衣性恋愛症候群 キャラ紹介が追加されています&壁紙とカスタムアイコンの配布他 | トップページ | ひらり、 Vol.2 前半 »

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/36682614

この記事へのトラックバック一覧です: 「私がお姉ちゃんなんだからね!」 第1巻が発売です:

« 白衣性恋愛症候群 キャラ紹介が追加されています&壁紙とカスタムアイコンの配布他 | トップページ | ひらり、 Vol.2 前半 »