« つぼみシリーズコミックス 10月発行分の情報が掲載されています | トップページ | ひらり、 Vol.2の内容紹介ページが公開されています&試し読みもできます他 »

2010年8月27日 (金)

けいおん!! 第21話

 小学校、中学校と、なかなか納得できる写真が
撮れなかった唯。今度はどうにかしたいと思って
いるようです。高校生になった今は部活の仲間が
アドバイスしてくれるから、、、大丈夫? 第1期
OP曲「Cagayake! GIRLS」の歌詞にもあるような、
希望が彼女達を待っていてくれるのでは
ないでしょうか。

 テレビアニメ「けいおん!!」、第21話
卒業アルバム!」です。
 唯は、朝から鏡の前であれこれポーズを作っている。
ひたすら髪型を気にして、横を向いたり表情を
変えてみたり。ほとんど百面相をしているような
彼女を見て、妹の憂は思わず吹き出してしまった。
唯達3年生は、卒業アルバム用の個人写真を撮影
する予定になっているのだった。

 「写真」や「髪型」が話題になっていた事もあって、
唯達の間では、自分が周りからどう見られているか、
どう見られたいか、といった所がいろいろ語られて
いた気がします。唯達だけでなく梓や憂も髪型を
変えていましたね。

 唯は、今度の個人写真への意気込みは相当の
もののようです。小学校や中学校の卒業写真が
よほど気に入らなかったのでしょうか。
 彼女の場合は、普段はだらしなくしていても
決める時は決める、という印象があります。
例えば第9話の試験でヤマが当たったりとか、
第17話で突然作詞の才能に目覚めたり、など。
本人もそれを自覚しているから、日頃からの努力
をあまりしない生活でかまわないと思っているの
かもしれません。
 卒業写真というと、それこそここ一番、みたいな
場面にも思えます。が、唯はこれまでの2回とも
失敗したと考えているようで。だから今度は、
2日も前から準備に余念がなかったのかもです。

 律と澪は、それぞれらしい状況だったみたい
です。緊張させられる場面でも割と堂々と構えて
いられる律は、練習の時から安定していたような。
それに比べて澪は、こういうシチュエーションは
どうも苦手のようです。
 この2人の性格は、小さい頃から変わっていない
と言えそうですね。第8話の回想場面で描かれて
いた彼女達が、そのまま大きくなったみたいな
感じも?
 小学生の頃から一緒だった2人は、お互いが
どういう人間なのか、よくわかっているらしい
です。律のヘアスタイル一つとっても、澪は
細かい所まできっちり憶えているようです。これが
2人の絆なんでしょうね。

 紬は、唯と同じように、写真写りには思う所が
あるらしく。でも自分の写り方に自分で気づいた
という事は、自分がいつもどんな風に見られて
いるか彼女はわかっている、という事?
 紬は、写真で見える雰囲気と、本当の自分が同じ
だと思っているのでしょうか、それとも違うと考えて
いるでしょうか。それと、自分がどんな性格なのか
わかったとして、そんな自分のままでいたいと
思っているのか、それとも変えたいと思っているのか、
ちょっと気になります。
 少なくとも、唯が言っていたように、周りの
人達は今の紬が一番だと考えているみたいです。
それにもしかしたら、唯に言われた事で、紬は
自分に自信が持てたのかもしれません。

 梓は、まだ2年生なので個人写真は関係なさそう
ですね。でも唯達が卒業する事に関しては、気に
しないわけにはいかないのでしょう。
 体育会系の部活では、3年生はもう引退している
時期。文化部だって、例えば純のいるジャズ研
でも世代は変わって行っているようです。
 そんな風景を見ていると、梓は唐突に、とても
不安になってしまうみたいです。3年生は来年の
3月まで在校しているとはいっても、それまで
ずっと一緒にいられるわけじゃない、、、。梓は、
いつ途絶えてもおかしくない関係に気づいて
しまったのかもですね。
 第5話でも、梓は自分と唯達の違いを割と強く
思い知らされていたように思います。彼女はさらに、
ここから少しずつ、唯達のいない桜高を意識
しなければならなくなるのかも。

 ところで唯は、少なくとも和と憂とは、小さい
頃からずっと一緒にいたのですよね。だとすると
小学校や中学校の時に卒業写真について2人と
話す機会はあったのでは、という気がします。
もしそうであれば律達のように写り方を一緒に
考えた可能性もありそう。でも結果的に唯が
納得できない写真になっているらしいので、
アドバイスしていたとしてもうまくいかなかった
とかなのでしょうか。

 そういえば最近、和が唯に対してちょっと
つれない感じがするような、、、。昔からの
知り合いだから相手が何を考えていてどう対処
すればいいか心得ている、とも言えそうでは
あります。が、例えば髪留めを忘れた唯に
普通にクリップを渡す所とかはややあっさり
しすぎている感じもします。まあこれは演出の
影響なのかもですね。何か第2期は全体的に
間を長めにとっている雰囲気なため、ギャグ
っぽく落とすのが難しくなっているようにも
思えます。

 その和は、物語の割と早い段階で、自分の
進路を決めていたようです。その時まだ
どうするか決めていなかった唯には、特に
相談はしていなかったらしいですね。小中高と
ずっと同じ学校に通ってきた2人でも、その先
までずっと一緒ではない、という気持ちだったの
でしょうか。唯を放っておけないとは思って
いても、こればかりは譲れないのかもですね。

 憂は、昔から唯を知っていたという点では
和と同じと考えられます。けれど唯を愛する
方法はちょっと違っているみたいです。
 憂は、姉には言っていませんが、姉の進む
進路へ自分も行こうと決めているようです。
危なっかしそうな唯を黙って見ていられない
という気持ちと、いつでも自分にたっぷりと
愛情を注いでくれる姉と一緒にいたい気持ち
が、彼女の中では大きいのではないでしょうか。
 姉に対する憂の視点が、本編中で少し描かれて
いたように思います。憂は髪を下ろすと唯
そっくりになるのですが、教室ではその格好で
梓に向かって姉の真似をしていました。また、
唯に似ていると純から言われた彼女は、なぜか
お礼の言葉を返しています。もしかしたら憂は、
いつでも姉の視点を通じて周りを見ているの
かも、なんて思ってしまいました。憂には、
唯と同じになる事、唯と同じ場所にいる事が
大きな喜びなのかもしれません。

 去年の4月、桜高に合格発表を見に来た
憂を、唯は自分の事のように心配していました。
発表を見る前は涙を浮かべて震えていましたし、
憂が合格したとわかったら大喜びで周りに
自分の妹を自慢したり、そしてしまいには
熱い抱擁で妹を歓迎していました。
 この時の憂は、唯以上に嬉しかったのでは、
と思えます。自分の進路をこんなにも
祝福してくれる人がこの世界にはいる、と
確信できた瞬間なのでしょう。
 もしうまくいけば、再来年の4月、憂は
唯と同じ場所に立っている事でしょう。その
時も、唯は憂を温かく迎えてくれるのでは。

 第1期のオープニング曲「Cagayake! GIRLS」
の2番の歌詞に、「前髪3ミリ切ったら見えた」
というのがあります。唯が切ったのは3ミリ
どころじゃないかも(!)ですけれど、彼女と、
憂と、軽音部のメンバーには「バラ色の未来」が
見えた回だったような気がします。

・「けいおん!」レビューリストレビューセンター

|

« つぼみシリーズコミックス 10月発行分の情報が掲載されています | トップページ | ひらり、 Vol.2の内容紹介ページが公開されています&試し読みもできます他 »

作品 けいおん!」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

ゲストで蔦子さん呼んでくればいいですよ〜。

この回の紬さんはさぞかし可愛かったのでしょう。
早く見てみたいです…が今夜放送されるのはこちらでは19回です。

投稿: greenfiddler | 2010年8月27日 (金) 23時58分

ゲストで蔦子さん、、、確かにそうですね。彼女なら
被写体の本当の美しさを引き出してくれそうですし、
女性を撮るのにも慣れていそうです。

紬はちょっと外れた事でも彼女なりに真面目に
やり抜こうとする所が魅力ですね。そういう部分が
見られるのではないでしょうか。、、、後2回、
ですね。

投稿: ギンガム | 2010年8月29日 (日) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/36397494

この記事へのトラックバック一覧です: けいおん!! 第21話:

« つぼみシリーズコミックス 10月発行分の情報が掲載されています | トップページ | ひらり、 Vol.2の内容紹介ページが公開されています&試し読みもできます他 »