« ストライクウィッチーズ レビューリスト | トップページ | ひらり、 Vol.2の表紙画像が紹介されています »

2010年8月 9日 (月)

ストライクウィッチーズ2 第5話

 買い出しのついでに思いがけず味わうつかの間の
「ロマーニャの休日」、、、ルッキーニ達も芳佳達も
それぞれ楽しめていたのではないでしょうか。
出会った相手がどういう人なのか詳しく知らなくても、
気持ちを通わせて笑いあう事ができる、そんな
爽やかな物語になっている気がします。

 テレビアニメ「ストライクウィッチーズ2」、
第5話「私のロマーニャ」です。
 厨房では米が底をついていた。第501部隊の
メンバーが一気に全員そろったため消費量が急に
増えたのが理由だ。ミーナは芳佳とリーネに
買い出しを依頼する。2人は喜んで了解するが、
ルッキーニが同行しシャーリーが車両を運転する
と聞いたとたん、リーネがそわそわし始める。
ついには自分は基地に待機すると言い出した。
このため芳佳は、ルッキーニ、シャーリーと
ともに3人でトラックに乗って街へと出かける
事になった。

 リーネは「シャーリーと車」という取り合わせに
思い当たる所があったみたいです。過去に何か
経験したのかもですね。それだったら芳佳にも
教えてあげても良さそうですけれど、なぜ
黙っていたのか、、、一応これは任務だし、芳佳
がとても喜んでいるのをわざわざ引き留めるのに
気が引けた、とかいう事なのかな?
 芳佳は予想もしなかった体験をしてしまった
ようです。が、それでもネウロイの襲撃に備えて
基地にずっと詰めていてはなかなか見られない
景色を堪能できたみたいですね。またローマの街
へ行ったのは初めてらしく、歴史ある建物や
街並みを見てとても感動していました。
 ここで生まれたルッキーニも誇らしい気持ち
だったでしょう。自分でもここが素晴らしい場所
だと思っていますし、初めて来た芳佳も同じように
喜んでくれているのが嬉しいのではないでしょうか。

 その後ルッキーニはちょっとした事件に首を
突っ込んでいく事になりますが、街を知り尽くす
彼女にはあまり苦労はなかったようです。マリア
も、そんなに歳の変わらない女の子なのに颯爽と
エスコートしてくれる彼女に頼もしさを感じた事
でしょう。
 そこからのルッキーニとマリアは本当に楽しそう
ですね。資金(?)がたくさんあったためおいしい
ものも食べられましたし、街のあちこちにある
名所を巡ったりもしていました。

 2人はこの日たまたま出会っただけで、お互いが
どんな人間なのかは全く知りません。マリアが
連れ去られそうになっていた事を考えると、
何か深い事情だってありそうです。
 けれどルッキーニは、マリアの素性について
なんて聞こうともしませんでした。彼女が普通の
どこにでもいる女の子とは違うんじゃないかとも
思わなかったみたいです。
 ルッキーニには、今目の前にいて、楽しそうに
笑っている女の子こそがマリアで、それ以上の
ものにいは興味がなかったのでしょう。それに、
彼女の野性的なカン(?)で、マリアは信じられる
人間だと確信していたのでは、とも思えます。
 同じ事は、実はマリアにも言えるのでしょう。
マリアはルッキーニが軍人かどうかさえ、後に
なるまで知らなかったようです。でも、彼女は
頼ってもいい女の子なんだと感じていたのでは
ないでしょうか。

 マリアは、ネウロイとの戦いに対するルッキーニ
の姿勢に胸を打たれているみたいです。魔法を
使って空へ飛び立ち、得体の知れない巨大な相手と
直接渡り合う、なんて聞いたら尻込みしてしまい
そうな所。でもルッキーニは前向きですよね。また
戦うのに必死そうじゃない所も、彼女の良さなの
かも。
 そういう部分が、物語を爽やかにしている気が
します。ルッキーニが最後にマリアをエスコート
した方法も含めて、なかなか良い雰囲気だったの
では。
 このエピソードの中で、マリアはけっこう存在感
を出していたように思えます。彼女は別にウィッチ
ではなさそうなので直接戦いに参加する事はないの
でしょう。でもこの後の話数で、軍とは違う形で
第501部隊に関わってきたりすると面白いかも
です。

 、、、といった感じでルッキーニが新しい友達と
ローマを満喫していた頃、彼女を見失ってしまった
芳佳とシャーリーは、別行動をとる事に。2人は
ルッキーニを探していたわけではありますが、
でも彼女達もそれなりにちょっとした急速を
楽しんでいたみたいですね。
 たぶんシャーリーは、後でルッキーニから
マリアの事を教えられるのでしょう。けれど特に
焼き餅を焼いたりみたいな事はしなさそうですね。
シャーリーとルッキーニは2人とも割とさっぱり
した性格で、お互いを縛り付けたりはしない
ような気がします。ルッキーニが友達になったの
なら自分も、みたいにシャーリーは思ったりする
かもですね。

 これがエイラとサーニャだったら、ちょっと
事情は変わってきそう? サーニャが街へ出て
マリアと仲良くなったら、エイラは気が気じゃ
なくなっちゃったりするでしょうか。それもまた
一つのエピソードにはなりそうですね。

 この話数では、ルッキーニがメインでは
ありましたが、第501部隊は全キャラが
登場していました。「買い出しの品物」を
通して、彼女達が何を大事にし誰を大切に
思っているのかが見えてくる感じでしたね。
 ペリーヌが美緒を慕っている部分はあまり
描かれていませんでした。けれど、彼女がガリア
復興のために人知れず努力しているのがわかる
エピソードがありました。
 トゥルーデは、妹のクリスにめろめろみたい
ですね。クリスが基地に顔を見せる、みたいな
ストーリーとか見てみたいですね。隊員達の
前で、トゥルーデがきりっとした自分を通すのか、
それともクリスにべったりの甘い姿を見せるか
選択を迫られる、みたいな。
 そしてエイラは、どんな時でもサーニャが
一番なのですね。前半、芳佳が皆のほしいものを
聞いて回っている時にエイラは、ピアノを
頼もうとしてました。これはもうサーニャの
ため(というかサーニャの歌を聴きたい自分の
ため?)なのでしょう。それにしても大まじめな
顔つきで、でもちょっと慌て気味に主張する
彼女の口調はちょっと面白いですね。
 結局エイラは別のものを頼んだらしいの
ですが、その使い道は、、、。本編後の次回予告で
少し語られていましたけれど、やはりサーニャ
を意識しての事だったみたいです。

 この話数では、隊員達の気持ちの向いている
先がどこなのか、少しずつではありますけれど
描かれていた感じです。それぞれの女の子同士で
抱く甘い気持ちを、これからのストーリーの
中でもたっぷりと表現していってもらいたい
かもです。

・「ストライクウィッチーズ」レビューリストレビューセンター

|

« ストライクウィッチーズ レビューリスト | トップページ | ひらり、 Vol.2の表紙画像が紹介されています »

作品 ストライクウィッチーズ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/36099395

この記事へのトラックバック一覧です: ストライクウィッチーズ2 第5話:

« ストライクウィッチーズ レビューリスト | トップページ | ひらり、 Vol.2の表紙画像が紹介されています »