« コミックアンソロジー「百合少女」 Vol.2 | トップページ | コミック百合姫 Vol.21と「~CHRONICLE」、「~Collection」など百合姫コミックス13種が発売です&次号予告他 »

2010年7月17日 (土)

マリア様がみてる 文庫版コミック第5巻が発売です

 蓉子、聖、江利子、薔薇様達の卒業が近づきます。
祥子達つぼみにとってはいろいろ思いをはせる日々
ではあるのでしょうけれど、祐巳にも胸に抱えた
気持ちはあるのでしょうね。文庫版コミックはひとまず
ここまでですけれど、コミック誌での連載は続いて
いますので、その先の物語も楽しめますね。

 発行集英社コバルト文庫より、今野緒雪さん作、
ひびき玲音さんイラストによる「マリア様がみてる」の、
文庫版コミック第5巻が本日発売となっています。
作画担当は長沢智さんです。
(この文庫版コミックは、以前マーガレットコミックス
から発行されたものを判型を変えて再構成した
ものになっているようです。前のシリーズでは
全8巻のラインアップで、今度のものは全5巻、
というわけでこの第5巻が完結巻となります。)

 バレンタインの校内イベントと「デート」が過ぎ、
祐巳と祥子の関係は少しずつ着実に近づいている
ようです。祥子は祐巳の前では「お嬢様」の気負いを
しなくても済んでいますし、祐巳もまだ完璧では
ありませんが祥子のフォローができるようになってきて
います。うまくお互いを補い合うやり方を、一つずつ
見つけていけているのでは。
 そして時が過ぎ、薔薇様達の卒業が近づいてきます。
自分の姉が薔薇の館を去ってしまう祥子、令、志摩子
には寂しさが日増しに強くなってくるのでしょう。
つぼみの妹である祐巳と由乃にしても、今まで
当然のように山百合会を引っ張ってきた薔薇様達が
いなくなってしまうのは、少し気持ちを不安定に
させる出来事なのかもしれません。そんな日々に
祐巳が経験する物事が描かれていくのでしょう。

 さてこの文庫版コミックのシリーズはこれで
一区切りとなります。原作小説はもっとずっと先
まで続いているのですけれど、マーガレットコミックス
でリリースされたのはここまでなのですよね。
 今は、「ザマーガレット」で続きの連載が行われて
います。今発売中の8月号では「銀杏の中の桜」の
後編、そして7/24発売の次号9月号では「BGN」の
前編がそれぞれ50ページのボリュームでの掲載と
なっています。その内マーガレットコミックスで
続きが発行される事になるのでしょうね。

 11月には実写映画版もロードショーの予定
ですし、その頃には新シリーズ第1巻とかが出たり
するかな? 楽しみにしたいですね。

|

« コミックアンソロジー「百合少女」 Vol.2 | トップページ | コミック百合姫 Vol.21と「~CHRONICLE」、「~Collection」など百合姫コミックス13種が発売です&次号予告他 »

作品 マリア様がみてる」カテゴリの記事

百合リマインダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/35787755

この記事へのトラックバック一覧です: マリア様がみてる 文庫版コミック第5巻が発売です:

« コミックアンソロジー「百合少女」 Vol.2 | トップページ | コミック百合姫 Vol.21と「~CHRONICLE」、「~Collection」など百合姫コミックス13種が発売です&次号予告他 »