« 雑誌Cobalt 「マリみて」カラー特集の9月号が発売&ドラマCD「告白」の全サもあります他 | トップページ | けいおん!! 第17話 »

2010年7月31日 (土)

ハートキャッチプリキュア! 第24話

 ブロッサムとマリンのおかげで元気になって
きている「こころの大樹」は、サンシャインも含めて
彼女達にお礼が言いたかったのでしょうね。ですが
突然のピンチが、、、。3人になったプリキュア達は
この試練をどう切り抜けていくのでしょうか。
、、、それにしても、素敵ないつきにつぼみは
どきどきしちゃって、彼女達の仲は急接近?

 テレビアニメ「ハートキャッチプリキュア!」、
第24話「こころの大樹の危機!プリキュア、
飛びますっ!!
」です。
 傷ついたブロッサムとマリンの前に現れた第3の
プリキュア、キュアサンシャインは、「砂漠の使徒」の
放つ強力なデザトリアンとたった1人で渡り合う。
だが実態は、サンシャインはいつきで、デザトリアン
は「こころの花」を奪われた彼女の兄、さつきの
「こころの叫び」が変化したものである。いつきは
さつきを取り戻すため、全力を傾けて戦うのだった。

 「わたし」と「ぼく」、どちらが本当のいつきなの
でしょう。詰め襟生徒会長の「ぼく」は、学校の生徒達
から見た時のいつきらしい姿。でも花や小物、ファッション
を愛する「わたし」は、ほとんどの人が知らない彼女の
内面です。
 本当の意味でのいつきは、優しい内面を持つ「わたし」
で間違いはないのでしょう。幼い頃の決意に従って
表面からは押し隠してしまったものの、彼女はいつでも
愛情のあふれる柔らかなふれあいを求めているように
思えます。
 少し難しいのは、彼女がずっと「ぼく」で通してきて
しまっている事なのかな、という気がします。周りは
そんな彼女しか見ていませんから、今突然いつきが
内面を打ち明けても驚くばかりになってしまいそう
です。いつきが「ぼく」である事への期待はかなり
大きいのかも。
 でもこのままではいつきもやりづらいように感じられ
ます。少しずつでも良いのでうまく彼女の本当の姿
である「わたし」を皆に受け入れてもらえるように
なると良いですね。
 つぼみやえりかは、いろいろな出来事を経験した
事で、いつきの内面に一番近い位置にいると言えそう
です。彼女達が、いつきをサポートしてあげれば
割とスムーズに事が運ぶのでは、という気がします。
 次回予告の雰囲気からすると、次の第25話では
この辺りについて進展があるようにも感じられます。
一挙に解決するまでにはいかないかもですけれど、
彼女が素直に自分を表現できる第一歩になるのでは
ないでしょうか。

 さてキュアサンシャインがブロッサム達の仲間に
なって、かなり心強くなってきていますね。彼女の
必殺技「ゴールドフォルテバースト」は、追尾型
、、、? 「サンフラワーイージス」のような守りの
技だけでなく攻撃力も持ち合わせていて、隙がない
戦力になってくれそうです。
 そういえばここではサンシャインの変身バンクは
ここでは1人分でした。必殺技も1人で出していますね。
これがブロッサム達と一緒に描かれる事とかは、
これからあったりするでしょうか。華麗な技が
編み出されていく可能性もあるのかもですね。
 ともかくこの話数では、ブロッサムやマリンとは
できたてのコンビネーションでした。にもかかわらず、
緊密な連携で、3人はこころの大樹を何とか守る事が
できたようです。

 とはいえ、こころの大樹は相当なダメージを受けた
みたいです。ブロッサムとマリンが集めた「こころの種」
も、このダメージで消耗してしまったかも。でも
あきらめるわけにはいきません。今度は3人で、
こころの種を生み出していける事でしょう。
 ところでこころの大樹というと、ゆりの父親が
気になりますね。この人はこころの大樹を探すために
ゆりと母親を残して旅に出ているらしいです。あんな
風に移動を続けるこころの大樹をまた見つけ出すのは
並大抵ではなさそうですし、ゆりの父親が目的を
果たせる日は来るのでしょうか。
 それに、つぼみ達がこころの大樹に出会ったと
聞いたら、ゆり本人はどう思うでしょうね。家族が
離ればなれになった元とも言えるものがつぼみ達の
前にだけ現れたと知ったら、複雑な気持ちになるかも
しれません。そんな場面がこれから描かれるのかは
わかりませんけれど、ゆりや彼女の家族に何とか
笑顔が戻るようになると良いかもです。

 そしてサブタイトル通り、プリキュアは(というか
つぼみ達は)空を飛びます。オープニングアニメで
ブロッサムとマリンがまとっていたマントのイメージ
は、ここにつながってくるのですね。
 それにしても空を飛ぶプリキュアって、実は珍しいの
では、という気がします。ブラックやホワイトは、
ジャンプをするぐらいなのですよね(ホワイトの方が
ややアクロバティックでエアリアルな(?)身のこなしを
見せているみたいです)。ブルームとイーグレットは、
精霊の力を手や足から放射して空を飛ぶ事ができますね。
ドリーム達は「ファイブエクスプロージョン」などの
必殺技を出す時だけ、自力ではなく巨大化させた自分
達のアイテムに乗って飛行しています。ピーチ達も
ジャンプが中心になっています。
 そう考えると、変身していない時にも飛べるアイテム
って、なかなかなさそうです(のぞみ達は、飛行形態の
シロップの背中に乗って飛んだりはしていましたね)。
つぼみ達にとっては、これは後々鍵になってきそう
にも思えます。

 つぼみが高い所が苦手、っていうのもポイントですね。
慣れない内は、常にいつきがさりげなくエスコート
するかもですし。
 特にこの話数でも、2人で雰囲気出しまくってますね。
自然につぼみをサポートして、怖さを忘れさせてくれて
います。
 ていうかつぼみの表情が、、、。またまたいつきに
惚れ直しちゃっているのではないでしょうか。
 えりかにも、これぐらいの事をつぼみに対してやって
もらいたい気もしますけれど、、、あまり期待し過ぎちゃ
いけないでしょうか。まあえりかだって彼女なりに
つぼみを思いやっていますよね。前にも少し書きました
けれど、第22話で大雨の中えりかがつぼみの所へ来た
理由は、皆で育てた植物を守るというよりも、つぼみを
危ない目に遭わせたくない気持ちの方がとても大きかった
みたいですので。
 つぼみとえりかは普通の友情以上の固い絆で結ばれて
いて、またつぼみはいつきを女の子だと知りながら
強く憧れています。この3人が、プリキュアの秘密を
共有して一緒にいる時間が増えていくと、いろいろな
事が起きそうな気もします。三角関係、とまでは
いかないにしても、友情や憧れが、女の子同士の
甘い関係を彩っていくのかも。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« 雑誌Cobalt 「マリみて」カラー特集の9月号が発売&ドラマCD「告白」の全サもあります他 | トップページ | けいおん!! 第17話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/35972628

この記事へのトラックバック一覧です: ハートキャッチプリキュア! 第24話:

« 雑誌Cobalt 「マリみて」カラー特集の9月号が発売&ドラマCD「告白」の全サもあります他 | トップページ | けいおん!! 第17話 »