« 百合姫S Vol.13 その3 | トップページ | ストライクウィッチーズ 白銀の翼 PVが公開されています »

2010年7月11日 (日)

ストライクウィッチーズ2 第1話

 芳佳は、「再び空へ」、、、。空に舞う桜吹雪と、
美千子の祈りに見送られて飛び立つ先で、彼女を
待ち受けているのはどんな物語なのでしょうね。
他のウィッチ達も少しずつではありますけれど
顔を見せているようです。この後本格的に登場
する事になるのでしょう。

 放送が始まったテレビアニメ「ストライク
ウィッチーズ2
」の第1話「再び空へ」を見て
みました。
 ストーリーは、、、1944年、人類が直面した
謎の敵、ネウロイによって蹂躙されていたガリア
地方は、宮藤芳佳の所属する第501統合戦闘航空団
の活躍により解放された。そして1945年、
ヴェネツィア上空に、これまでとは比較にならない
巨大なネウロイの巣が突然出現する。これが、
人類の存亡をかけた新たな戦いの幕開けだった。

 アニメ第1期では、ガリアが解放されて、芳佳達は
それぞれの国に戻っていったみたいですね(私は
第1期を見ていないためよくわからなかったりします
、、、)。第501統合戦闘航空団は解散してメンバーは
離ればなれになったようです。
 芳佳も横須賀の第4女子中学校へ戻り、学生生活を
送っていました。たぶんこれは、彼女がネウロイ
との戦いに出かける前の生活だったのかなと思い
ます。
 でも以前と今とでは、全く同じではないのでしょう。
彼女は学校を卒業して、自分の進むべき道を選ぶ
時期にきています。自分の持っている力を使って、
困っている人達を救う仕事に就く事が彼女の希望
だったみたいですね。
 それにもう一つ、戦いの中で友情を育てていった
「友達」ができた事も、彼女にとっては大きな
出来事だったのではないでしょうか。前までは
遠い異国でしかなかった「欧州」も、今の彼女に
とっては思い出の地でもあり、大切な人達が
暮らしている場所でもあるのでしょう。その単語を
聞いただけで、彼女の頭の中にはたくさんの記憶が
一瞬で駆けめぐっていたのかもです。
 その欧州の、ヴェネツィア地方で、何かとても
恐ろしい事が起きようとしている。そう気づいた
芳佳は、すぐにでも駆けつけて皆を助けたい
気持ちになったのでは。今の自分にすべてを救える
力があるかどうかはわからない、けれど何もせずに
黙っているなんてどうしてもできなかったのかも。

 ここで芳佳にとっては、美千子だって大切な友達に
かわりないのですよね。家がご近所なのでしょうか、
彼女とは学校への行き帰りはいつも一緒だった
みたいです。2人が話している雰囲気から見ても
とても仲良しなのでしょう。
 ガリアから帰ってきた芳佳が、もう一度ネウロイ
との戦いに向かおうとしている。その時美千子が
どんな反応を見せるのか、という部分を、もう少し
詳しく描いてもらいたかったような気もします。
 というかもうちょっとアレンジを加えて、美千子が
芳佳と一緒に居たがる理由付けみたいなものが
あったりすると、より盛り上がるかも、とか思って
しまいました。芳佳にとっては美千子は大切だけれど、
リーネ達を放っておけない、美緒の力にもなりたい、
そんな葛藤が描かれたりしたら、基地から飛び立つ
場面もさらに印象的になるかも、なんて。
 実際の所は、美千子には、もうこれまでのように
芳佳と一緒にいられない、というあきらめにも似た
思いがあったようです。進路の関係で彼女は横須賀を
離れなければならないらしく(この世界では横須賀
から横浜までは毎日通ったりできない距離なのかも
しれません)、たとえ芳佳が欧州へ行かなかった
としても、2人はもう毎日顔を合わせたりはできない、
ぐらいの状況だったみたいです。
 でも考えてみれば、一緒にいられないからといって、
芳佳が横須賀にいようがヴェネツィアに行こうが同じ、
という事はないですよね。欧州に行くのは、ネウロイ
と戦うためですから、命の危険だって高まる。そんな
所へあっさり送り出すなんて、美千子にはすぐには
認められない問題だったとも言えそうです。

 芳佳が扶桑皇国を飛び出して欧州へ行き、新たな
敵と戦うとして、彼女にはどんな未来が待っているの
でしょう。リーネ達との関係も大切にしてもらいたい
ですけれど、医者になるという彼女の将来の希望や、
美千子とのつながりもきちんと考えてもらいたい
かもです。

 この第1話では、芳佳がまた空へと飛び立って
いけるかどうか、という所が物語のメインでした。
なので他のキャラは出番があまりないのかなとも
思っていたのですけれど、少しではありましたが
活躍を見せていましたね。彼女達の戦闘シーンは
やはり迫力だったかもです。シャーロットと
フランチェスカ、エイラとサーニャの合体技(?)
なども決まっていたような。
 それにしてもこの場面でかなり下半身が強調されて
いた感じだったのは、、、やはりそこがポイントだから
なのでしょうか。エピソードの一番最初でも、戦火の
中で、うち捨てられた人形のスカートが翻って
いましたし、これが作品のポイントになっていくの
でしょう。
 後は、第4中学校の卒業式の場面で、寝ている猫の
後ろにほうきが立てかけてあったのは、「魔女」を
意味していたりするでしょうか。芳佳達ウィッチの
活躍は、これからたっぷりと描かれていく事になるの
でしょうね。
 この世界では、ネウロイに対抗するためにウィッチ
達の力は重要ですけれど、その他の軍隊の人達も
自分達なりの戦い方をしているみたいですね。
こんな風に、男性もそれなりの位置づけを持っている
中で女性達が能力を発揮していける世界観というのも
なかなか良いかもです。こういう雰囲気が成り立って
いる上で女の子同士が親密になっていける展開を
たくさん見てみたい所です。

 芳佳が戦いに合流するとして、やはりその舞台は
第501統合戦闘航空団と同じ構成になるのでしょうか。
一緒に戦ってきた仲間との再会と協力というエピソード
にも注目したい所ではありますけれど、例えば新キャラ
の登場とかはあったりするのかな? 第1話では、PS2
用ゲーム「あなたとできること-A Little Peaceful Days-
に登場した諏訪天姫が顔を見せていました。彼女は、
ゲームでは501部隊で芳佳と出会っていたらしい
ですが、アニメでは横須賀が最初の出会いの場所
みたいです。設定をちょっと変えてあるのかも?
それと、天姫が出るなら、ゲームに登場するもう1人
のキャラ、中島錦も出てきたりするでしょうか。
その辺りも気になる部分ではあります。

 中学の卒業式の帰り、芳佳は傷ついた熊の子供を
見つけ、自分の能力を使って助けようとします。
ところが後から現れた親の熊に敵と思われ襲われ
そうになってしまいます。けれど芳佳は、小熊を
治してあげたい一心で、その場から逃げ出したりは
しませんでした。
 この事は、実はネウロイとの戦いにも通じるのでは、
と思ったりもします。「トラヤヌス作戦」は失敗した
みたいですけれど、人類とネウロイが対話をする
ための方法は何かあるかもしれない。もしかしたら、
すべてを包み込んで癒す芳佳の気持ちが、状況を
変えていく鍵になるのかもしれませんね。
 また、懸命に治療する芳佳の後ろで、美千子は
必死に応援の言葉を贈っていました。芳佳は1人
ではなく、美千子のように支えてくれる女の子が
いるから、前へ進み、答えを見つけ出せるのかも、
とも思えます。

|

« 百合姫S Vol.13 その3 | トップページ | ストライクウィッチーズ 白銀の翼 PVが公開されています »

作品 ストライクウィッチーズ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/35721423

この記事へのトラックバック一覧です: ストライクウィッチーズ2 第1話:

« 百合姫S Vol.13 その3 | トップページ | ストライクウィッチーズ 白銀の翼 PVが公開されています »