« GIRL FRIENDS 第2巻 | トップページ | ストライクウィッチーズ 公式サイトのイラストが更新されています他 »

2010年6月 8日 (火)

コミック百合姫 Vol.20 その2

 「飴色紅茶館歓談」では、さらさと芹穂の間が
さらに近づいていく予感、、、。また「妄想HONEY」
ではののかの妄想も追いつかないほどの百合の
園が展開しているようです。いろいろな作品で
甘さやときめきがたくさん見られそうです。

 発行一迅社コミック百合姫Vol.20を
見てみました。以前に別の記事でも書いています
ので、よろしければそちらも見てみてください。

コミック百合姫 Vol.20

 では前に書いたもの以外の作品について一部
ご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・ゆりゆり CASE*2 奈央と千佳の場合(なもり)
 通学電車の中、他校の女生徒の千佳に声を
かける奈央。男子から預かったメアドだと言って
渡したのは、実は自分のアドレスだった。
 何としても千佳と親しくなりたかった奈央が、
なりふり構わず考え出した作戦は、何となく
うまくいきそうでした。途中、危うい雰囲気に
なってはいましたけれど、でも考えてみれば
少なくとも会話を始めるきっかけにはなった
わけですから、効果はあったのかも。後は
お互いの素直な気持ちを見せる所でしょうね。

・飴色紅茶館歓談(藤枝雅)
 芹穂とのデートを順調に続けるさらさ。だが
芹穂の雰囲気がいつもと違っているのが、どこか
気になっていた。
 さらさの表現で「ぽわぽわ」とか「ぺたぺた」
というのがあり、確かに見ていてそんな感じが
します。芹穂にしてみたら、自分の恋心に気づいて
決断をしようとしている重大な日。年上らしく
ぴしっと決めようとするあまり、目の前の事が
上の空になりつつあるのかも。高校生のさらさ
にはちょっとわからない世界なのかもですね。

・キラキラ(竹宮ジン)
 最後の1冊だったファッション誌「LiLi」を
手に入れて上機嫌のサヤ。大ファンのモデル、
マリの記事が載っているからだ。
 サヤがリアに「キラキラ」を感じた瞬間から、
もう恋は始まっていたのかもですね。リアを
放っておけなくていつでも一緒にいようと
するのは、決してマリへのコネを作りたいとか
いうわけではないのでしょう。周りが何と
言おうとも、2人できらきら輝くラブラブな
雰囲気を作ってもらいたいですね。

・ランチボックス(青木光恵)
 キッチンで料理を作っている芽衣子の所へ
ゆかりがやってきて抱きつく。レストランの
店員と客だった2人は、今は恋仲になっていた。
 自分が作った料理をおいしそうにたくさん
食べてくれる人を見るのが、芽衣子には何より
嬉しいのでしょうね。ですがゆかりとだけ
特別な関係になってしまったのはなぜなのか
、、、。そこには裏に隠された努力があったから
なのかもしれません。でもこの関係を保つのは
お互いの相手への思いなのでしょう。

・水色シネマ last chapter(乙ひより)
 瑞希が多恵を呼び出し、相談を持ちかけた。
内容は、唯とよりを戻したいから、多恵に
唯の付き人をやめてほしいというものだった。
 瑞希も唯の事が嫌いになっていたわけでは
なく、唯と同じように、離れて寂しい気持ち
を抱えていたようですね。でも今となって
しまっては、、、。瑞希と唯が直接話し合う
場面が、物語の一つの盛り上がりなのでは、と
思えます。が、ちょっとあっさりしていた?
瑞希には先が見えてしまったのかも。

・妄想HONEY(三国ハヂメ)
 生徒会ビジュアル委員の仕事で地元商店街へ
やって来た乃ノ花。だが女性達の歓迎ムードに
かえってたじたじになってしまう。
 商店街のお姉さん達といい、西の宮女子の
生徒達といい、百合的には素敵な環境かも
ですね。ののかも適度に(?)妄想していましたが、
自分がターゲットになるとあまり落ち着いては
いられないようです。奏もますます気が気では
なさそう。ところでこの作品は、「幼なじみ」が
キーワードになってきそうですね。

・「百合姫」レビューリストレビューセンター

|

« GIRL FRIENDS 第2巻 | トップページ | ストライクウィッチーズ 公式サイトのイラストが更新されています他 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 百合姫」カテゴリの記事

コメント

レビューに続編があったのですね。どうも失礼しました。
紅茶館の方はあのままやんわりな雰囲気でもいいかなぁと思ってましたが
2人はさらに接近するのですね。楽しみです。

他のクラスメイト達も結構好きなキャラなので、
長期連載化したらその辺の話も期待したいですね。

投稿: greenfiddler | 2010年6月 9日 (水) 02時32分

レビューの書き方、ちょっと紛らわしかった
かもしれませんね、失礼しました。さらさと芹穂
の関係は近づき始めていますけれど、恋愛を
意識し始めてもあのふわふわした空気感は
キープしてもらいたい所ですね。

そういえば最近クラスメイトのハルと日之夏が
あまり登場してないような、、、。彼女達の
エピソードももっと見てみたいですね。

投稿: ギンガム | 2010年6月10日 (木) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/35148341

この記事へのトラックバック一覧です: コミック百合姫 Vol.20 その2:

« GIRL FRIENDS 第2巻 | トップページ | ストライクウィッチーズ 公式サイトのイラストが更新されています他 »