« 百合の花幻想奇譚~永久の愛を君に誓う~ 体験版が配信されています | トップページ | うみものがたり コミックハイ! 版コミック第2巻が発売です »

2010年6月10日 (木)

百合姫コミックス以外の一迅社書籍は?

 百合姫以外のコミック誌でも割といろいろ
百合な作品が掲載されているのですよね。その
単行本が幾つか発行される予定があるそうです。
その他の書籍でも期待できそうなものも、、、。
画集の発行予定もあって、もしかしたらそちら
でも百合テイストを見られたりするのかも。

 一迅社で百合のジャンルといえば、「百合姫」、
~S」、そして「百合姫コミックス」と、後は
一迅社文庫アイリス」からも百合ジャンルの
ラノベが発行されたりしています。コミックと
小説ではここだけ押さえていれば大丈夫、かと
いうとそういう事でもないのですよね。
 「コミックREX」や「まんが4コマKINGSぱれっと」、
まんがぱれっとLite」などでも百合作品が
取り上げられています。作品を探すのに
あちらこちら雑誌をチェックする必要があるのは
ちょっと労力がいるかもしれませんけれど、
でも別の見方をすれば、一極集中させない事で
いろいろなカラーの作品が出てくるような
気もします。

 という風に思いながら「発売カレンダー」とか
を見ていると、来月にかけて百合に関係しそうな
コミックや書籍が何点かリリースされるみたい
ですね。「じゃない方」というわけではありません
けれど、百合姫関係以外で気がついたものを
書いてみたいと思います。

・6/8
映画プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆
レインボージュエルを守れ! アニメコミック

 3月に劇場解された「プリキュアオールスターズ
第2弾のアニメ作品をアニメコミックにした
ものですね。一迅社でプリキュアに関係する
書籍を扱うのは珍しいかもです。
 オールスターズ第1弾はあまり百合テイストは
なかった感じですけれど、今度のはどうなる
でしょうか。なお、映画のブルーレイ&DVDは
7月に発売される予定だそうです。

・6/11
R.O.D オフィシャルアーカイブ
 「紙使い」と呼ばれる能力を持つ少女達の活躍
を描くアニメ「R.O.D」は、OVAとテレビアニメ版
が主人公を変えて制作されました。今年に入って
ブルーレイBOXも発売されていますね。本書では
キャラや世界観などを紹介するようです。私は
アニメはすべて見ているわけではないのですけれど、
少し百合テイストがあるみたいです(以前百合姫
でも紹介されていました)。

(・6/18 コミック百合姫S Vol.13とコミックス3種)

・6/25
真・恋姫†無双 コミックアンソロジー」第8巻
 原作ゲームは百合作品というわけではないの
ですけれど、アニメ版ではメインキャラがほとんど
女性で、それぞれの間で憧れや甘いふれあいなどが
展開しています。アンソロジーはもう8巻目なの
ですね。この中ではどれぐらい女の子同士の恋愛
模様が描かれているのでしょうか。

・7/9
える・えるシスター」第4巻 邪武丸 作
 姉の一菜の後を追って同じ高校に入学した妹の
ふたばが、生徒会の個性的なメンバーや先生と
繰り広げるコミカルなストーリー、という感じ
でしょうか。妹に対する一菜の愛情は危険なほど
なのですが、ふたばの方も姉を慕っているので、
ちょっとした拍子で濃厚な展開になりそうな
はらはら感(?)も描かれているのでは。第2巻
以降ちょうど半年ごとに発行されていて、
安心して次が待てそうな気がします。

(・7/17 コミック百合姫 Vol.21とコミックス10種(!))

・7/22
ゆきの咲くにわ」第2巻 たつねこ 作
 一人暮らしをする千尋の所へ突然現れたのは
雪女の少女、ゆき。やたらにふれあいを求めて
くる彼女に千尋は時々貞操の危機(?)を感じる
ほどです。が、2人は小さい頃に出会っていた
とか、千尋の周りにはゆき以外にも人間ではない
存在がいるらしいですね。そういう部分が、
怖さというか切なさを表しているように
思えます。夏場には合うかもですね。

・7/26
坂井久太版権集 candy rain
 アニメやゲームのキャラデザなどをされて
いる坂井久太さんの作品集です。「版権」と
あるので商業作品のイラストなどが採録
されたりするのでしょう。坂井さんというと
ストロベリー・パニック」や、今度アニメ化
される「その花びらにくちづけを」なども
担当されていますので、その辺りの作品が
たくさん収録されると良いですね。

|

« 百合の花幻想奇譚~永久の愛を君に誓う~ 体験版が配信されています | トップページ | うみものがたり コミックハイ! 版コミック第2巻が発売です »

百合情報」カテゴリの記事

雑誌 百合姫」カテゴリの記事

コメント

ギンガムさんのレビューの影響で本屋に行っても百合姫ばかり探すようになってしまった(笑)ので
新規開拓を…と思い古本を漁ってみました。

「数学ガール」というちょっと人気が出た漫画の作者、
日坂水柯さんの描いた「レンズのむこう」という、
名前からして眼鏡萌えな短編種が白泉社ジェッツコミックスから出ているのですが、
その中の2話だけが百合な話でした。
他は男女な恋愛の話なので読者は選ぶかもですが、
この人の描く漫画は独特のテンポと空気感があって
また女性視点での女性の魅力をなかなかけしからんタッチで描くので
この人の描く百合が見れたのは自分的にはすごく良かったです。
「女の子同士はまた描きたいテーマ」とあとがきしていたので、
是非今後百合全開な話も描いてほしいです。

と、リーチ外と思われる所から情報投下してみましたが、
ギンガムさんのレーダーには既にかかっていたでしょうか。

投稿: greenfiddler | 2010年6月14日 (月) 03時43分

「けしからんタッチ」という表現、いいですねw。
思わず笑ってしまいました。
「数学ガール」と「レンズのむこう」は、
タイトルだけは聞いた事があるのですが、
読んではいなかったりします、、、。
「レンズのむこう」には百合エピソードも
あるんですね。まだまだ修行(?)が足りない>自分。

日坂さんで知っているのは、同じ白泉社から
出ているコミック誌「楽園Le Paradis」の
掲載作品なのですけど、こちらはあまり百合では
なかったかも、、、。その代わり(?)「楽園」の
公式サイトに時々掲載されるWebコミックには
百合テイストがあった気がします。
作家の方ご本人がこのジャンルに興味がある
という事で、たっぷりと描いてもらいたい所
ですね。

投稿: ギンガム | 2010年6月15日 (火) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/35189336

この記事へのトラックバック一覧です: 百合姫コミックス以外の一迅社書籍は?:

« 百合の花幻想奇譚~永久の愛を君に誓う~ 体験版が配信されています | トップページ | うみものがたり コミックハイ! 版コミック第2巻が発売です »