« 百合姫コミックス 6月発行分のリストが公開されています | トップページ | けいおん!! 第6話 »

2010年5月16日 (日)

百合姫S Vol.12 その2

 新連載3本目は、「marriage black」です。
こちらもハードな物語になっているみたい
ですが、その中にも百合な感情が詰め込まれて
いるようです。それから、「オレンジイエロー」
は今号までの掲載で、今度コミックスとして発行
されますね。

 発行一迅社、「コミック百合姫S」Vol.12を
見てみました。内容を一部ご紹介、、、。なお、
以前にレビューした記事もありますのでよろしければ
見てみてください。

コミック百合姫S Vol.12

(・作品名(作者名(敬称略)))

・ふたりとふたり 第4話(吉富昭仁)
 麻美、亜由美、恵子、小夜子の4人は部屋に
集まって食事会を。やがて酔いが回ってきた
麻美は亜由美に抱きつき始める。寮の門限が
あると言う小夜子に、恵子は不審の目を向ける。
 亜由美と小夜子は、自分達の恋人の麻美と恵子
に言えない秘密を持ったまま交際を続けています。
が、麻美と恵子は何かに気づいてもいるようで。
さすが大人、というかこれまで暮らしてきた中での
経験が多いのでしょうね。過去にそれぞれ女の子の
恋人がいたらしい麻美と恵子は、何があっても
女性同士で恋するのをやめられないのかもです。

・marriage black(速瀬羽柴)
 時計を忘れてしまった璐蝶(ルーティエ)は、
遅れて教会に到着する。今日は兄とリリシィアの
結婚式の日。抗争を続けてきた2つの組織の間で
結ばれる重要な儀式の日だった。
 どちらの家からも認められる事のない恋。彼女達は
それを守るために激しく戦っているようですね。
璐蝶もですけれど、特にリリシィアがかっこいい
かもです。誓いの言葉に対してとても穏やかな表情で
あんな事をしてしまう所とか、ウェディングドレスで
空中を舞う身のこなしや、夜の窓辺にたたずむ姿
など。これからの展開にも期待したいです。

・オレンジイエロー Last Page(乙ひより)
 先輩のアドバイスに従って、淳はみゆきと距離を
おく事にした。みゆきは彼女の言いつけに従って
ぱったりと顔を見せなくなったが、みゆきのいない
日々に、淳はなぜか違和感を覚えていた。
 淳も先輩の思うつぼにはまってしまったみたい
ですね。でももし自分達だけだったら、2人の
関係は何も進展しなかったのかもです。幼なじみの
女の子達が高校に入ってから恋人としてのおつきあい
を考える、というのもまれだったりしそうですし。
そしてこの物語はここまでらしいですけれど、
文芸部の他の人達のエピソードも見てみたい所です。

・死神アリス(いずみやおとは)
 気がつくと、真崎は見知らぬ部屋に転がされ
縛り上げられていた。彼女の前に、にこやかに
笑う少女が現れる。その少女の手には無数の針が
握られていた。
 カメリアは、確証がほしかったのかもですね。
組織の中でひなげしと対等な地位に上り詰めても、
ひなげしは自分を認めてくれていないのでは、と
感じていたのかも。それに対してひなげしの方は、
カメリアを見る時、自分を見ているような気持ち
だったのではないでしょうか。2人の感情がどんな
形になるのかは気になります。

・ひみつの宮園(すこやか)
 高校に入って2年生になっても友達を作らずに
いた宮園桃花に、いたずらを仕掛けてくる者がいた。
名前は宮園凛音、今学期から転校してきた少女で、
クラスには瞬時にとけ込んでいた。
 いろいろな背景設定があるみたいですけれど、
一番気になるのはやはり「女同士の子」のような、、、。
桃花は、自分が他の人とあまりに違いすぎるのを
気にして、というか他の人に遠慮して、距離を
作っているようにも見えます。もしかしたら凛音の
存在は、違いなんて気にしなくていい、という事を
桃花に教えているのかもしれません。

・「百合姫」レビューリストレビューセンター

|

« 百合姫コミックス 6月発行分のリストが公開されています | トップページ | けいおん!! 第6話 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 百合姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/34728319

この記事へのトラックバック一覧です: 百合姫S Vol.12 その2:

« 百合姫コミックス 6月発行分のリストが公開されています | トップページ | けいおん!! 第6話 »