« けいおん!! 第8話 | トップページ | GIRL FRIENDS 第4巻の表紙が紹介されています »

2010年5月31日 (月)

真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第8話

 あまりにも近くにいると、ぶつかり合って
しまう時もある、、、。美以の経験はそんな事を
物語っているような気もします。一方の鈴々は、
大事な愛紗とは離ればなれの旅の途中。何でも
ないふりをしていても、彼女の胸の中には
寂しさが満ちているのではないでしょうか。

 テレビアニメ「真・恋姫†無双~乙女大乱~」、
第八席「孟獲、たくさん捕らわれ、たくさん
放たれるのこと
」です。
 長い道のりを越えてきた桃香(劉備)達一行は、
ついに南蛮の領域に足を踏み入れた。南の土地は
暑い日が続き、この世に寒い場所があるなんて
忘れてしまうほど。途中、偶然見つけた沢に
つかって5人が涼んでいると、うっそうとした
森の奥から何か小さいものが走り出てきた。

 以前第7話の記事では、愛紗(関羽)が旅の
途中に考えていた事について少し書きました。
彼女は1人で旅をして、第7話の時に目的の
呉の国までたどり着いていました。
 そこまでの間、彼女は何かにつけて鈴々(張飛)
の事を思い出していたような気がします。
そばにいればいたで、騒ぐ鈴々をなだめたり、
無防備な鈴々にある事ない事吹き込んで
からかったりしていて、あまり仲むつまじい
という見た目ではなさそうなのですが、やはり
姉妹の契りを交わすほどの相手ですから、
離れていると思いは募るのでしょう。愛紗が
自分の気持ちを理解しているのかどうかは
わかりませんけれど、鈴々は既に愛紗の中で
大きな存在になっているのではないでしょうか。

 ではその鈴々の方はどうなのでしょう。
これまで旅を続けている間は、桃香達と一緒に
「山があるから山なのだぁ~」といつものように
歌ったりしながら楽しく歩いていたように
見えます。またここでは、危険な動物が現れた
時に、にらみをきかせただけで追い払うという、
武人としての気力の強さを披露していましたね。
これには蒲公英(馬岱)も焔耶(魏延)も一目
置くのではないでしょうか。
 でも偶然出会った「パヤパヤ」に、彼女は「アイアイ」
という名前を付けてかわいがり始めます。この
「アイアイ」は、漢字で書くと、「愛会」、、、?
なぜそんな呼び方にしたのかを、桃香や朱里(孔明)
に見抜かれて、鈴々は慌てています。彼女にしたら
とても恥ずかしい事だったのかもしれませんね。

 普段皆でいる時、鈴々は姉の愛紗の事を「愛紗」、
その姉の桃香の事を「桃香お姉ちゃん」と呼んで
います。桃香に対しては、ちょっと目上の人、
という意識が働いているのかなとも思えます。
一方の愛紗には、いつも子供扱いされて面白くない、
自分だって愛紗ぐらい大人なんだ、と、張り合う
ような気持ちがあるのかも。
 でも、姉妹の契りを交わしてからずっと一緒に
行動していたらしい愛紗としばらく離れる事に
なって、鈴々の中にある愛紗への本当の思いが
表に出てきているのでは、という気がします。
今は遠く南蛮の土地にいる鈴々。桃香達がそばに
いるとはいっても、やはり彼女は寂しさを胸に
感じているようです。鈴々が愛紗に再会した時、
どんな風にふれあうのかは気になる所です。
2人だけの甘い世界を見せてもらいたいかも
ですね。

 後は、前シリーズ「真・恋姫†無双」でも
エンディング映像では登場していた南蛮の王、
美以(孟獲)と、その部下、ミケ、トラ、シャム
が登場しています。彼女達の出番はまだまだ
ありそうですね。これからの活躍にも期待したい
所です。
 美以は、自分が寝ぼけてパヤパヤのしっぽを
かんだ事に、最初は気づきませんでした。そのため
つい強い調子で相手を叱ってしまい、、、。それが
事件の始まりになったりもしています。
 でも、彼女はパヤパヤをかわいがっているの
ですよね。いつでもそばにいるから、時々こんな
風にぶつかってしまう事もあるのでしょう。
 同じ事は、ミケ、トラ、シャムにも言える
ようで、彼女達もこれまで似たような被害(?)に
遭っていたらしいです。たぶん彼女達も、
寝ても覚めても美以のそばにいるからそうなって
しまうのでしょう。このエピソードは、実は
彼女達の仲の良さを示しているものなのかも
しれません。

 それから、焔耶も彼女らしい行動を見せて
いました。美以を「ギャフン」と言わせるために、
桃香をおとりにした罠を張っていた所、見事に
焔耶の方が引っかかってました、、、。いつも
冷静で、例えば第6話のように命を狙われる
場面では鋭く危険を察知する彼女ですけれど、
桃香の事になると自分の身はどうでもよくなって
しまう、という事だったりする? 焔耶と桃香の
関係がどうなるかも気になります。
(そういえば、本編中で桃香が自分のむしろ織り
の技を生かした作業をしていましたね。これまで
は他の仲間が戦う姿を見守るばかりだった彼女が、
自分の力で皆の役に立てた数少ない例だったかも
しれません。自分の家に代々伝わる宝剣を犠牲に
村を救った事もある彼女ですが、こうして少し
ずつでも皆の役に立っていく事で、さらに高い
目標へと自分を導いていけるようになるのでは
ないでしょうか。そうなった時も、焔耶をはじめ
仲間達と親密な関係にいられると良さそうですね。)

・「恋姫†無双」レビューリストレビューセンター

|

« けいおん!! 第8話 | トップページ | GIRL FRIENDS 第4巻の表紙が紹介されています »

作品 恋姫†無双」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/34981986

この記事へのトラックバック一覧です: 真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第8話:

« けいおん!! 第8話 | トップページ | GIRL FRIENDS 第4巻の表紙が紹介されています »