« 絶対少女聖域アムネシアン 第1巻 | トップページ | にじぷり コミックス第3巻が発売です »

2010年5月11日 (火)

ソラノヲト ゲーム版のシステム紹介が追加されています他

 1つのエンディングで複数のカップリングが
同時に見られる可能性もあるとか、、、。これは
珍しいパターンかもですね。多い方が華やかな
ストーリーを見られそうでしょうか。
 それから隊務日報も更新されています。ノエルと
リオの関係が怪しい?

 オリジナルアニメ「ソラノヲト(ソ・ラ・ノ・ヲ・ト)」
を題材とした、PSP用「演奏作成アドベンチャー」
ゲームの「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 乙女ノ五重奏
(クインテット)」は5/27に発売される予定と
なっています。そのゲームのシステム紹介が
新しく追加されています。
 その名も「マルチカップリングシステム」、、、。
何となく意味深な名前ですね。

 ゲームは、1日の行動をするキャラを選んだ後、
いろいろな場面で出てくる選択肢から自分のする
事を決めて進めていきます。エンディングについて
は、「友好度」が一定以上だった人とカップリング
が成立するようです。
 それで、そのカップリングが、一つのプレイの
中で同時に複数成立する場合もあるみたいです。
これは割と珍しいシステムのような、、、。普通だと、
1組2人が親密になってその2人についての
場面が描かれる、という流れが考えられますね。
この作品では「マルチビュー」システムが載せられる
事もあって、このような形が実現できるのかも
しれません。

 ゲームの中に出てくる友好度を示すグラフでは、
カナタ達5人それぞれをつなぐ星形の線の上に
5個ずつハートマークが描かれています。この
マークがたくさん点灯させる事で友好度が上がって
いくのでしょうね。
 気になるのは、カップリングの形だったり、、、。
愛の形(?)にはいろいろあるでしょうし、必ずしも
2人1組とは限らなかったりするかも(三角関係とか)?
それに、例えば2人で1組になるとすると、5人の
中では2組できたとしても1人成立しない人が
出てきそうですし。その場合はキリエがもらって
くれる(?)、なんて形もあったりするのでしょうか。

 成立してエンディングを迎えたカップリング
からは、ゲームの後にキリエへ手紙が送られる
らしいです。これがコレクション要素になるのかも
ですね。またエンディングをどれだけ攻略できたかが
わかるようになりそうです。
 ところで手紙を送る、という事はカナタ達と
キリエは、エンディングの後は離ればなれになるの
でしょうか? キリエは軍に所属するキュレーター
(学芸員)だそうで、ヘルベチアの国をあちこち
巡っているのでしょう。エンディング後には、
彼女は旅の空の下で、「時告げ砦」での日々を
思い出す、みたいな役回りになるのかも。

 それから、隊務日報が更新されています。ノエルが
担当しているみたいですね。
 彼女は普段も無口な方で、必要最小限の事だけを
しゃべってコミュニケーションしている感じが
あります。それは書く文章でも同じのようです。
一文の長さは短くて、でもリオのようなきびきび
した文面とはまたちょっと違った雰囲気があります。
 内容は、前のリオの時から続いているようで、
「賊」の事が書いてあります。やはり砦に侵入
したのはキリエだったみたいですね。たぶん
この辺りからゲームのストーリーがもう一つの
展開を迎える、という部分なのでしょう。
 それで、この日報で目にとまったのが、リオに
対するノエルの表現の仕方、、、。「ボクのリオ」
なんて書いてあります。アニメではノエルがリオを
独占するような場面はありませんでしたけれど、
実は裏で彼女はこんな感情を抱いていたのかな?
あるいはゲームが進む上で彼女達の関係が
ポイントになってくるのかもしれません。



|

« 絶対少女聖域アムネシアン 第1巻 | トップページ | にじぷり コミックス第3巻が発売です »

作品 ソラノヲト」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/34661231

この記事へのトラックバック一覧です: ソラノヲト ゲーム版のシステム紹介が追加されています他:

« 絶対少女聖域アムネシアン 第1巻 | トップページ | にじぷり コミックス第3巻が発売です »