« 真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第7話 | トップページ | ハートキャッチプリキュア! 第16話 »

2010年5月25日 (火)

ささめきこと DVD第5巻が発売です

 物語は夏にさしかかってきます。純夏と汐の
関係に、あずさの出現はどんな影響を与えて
いくのでしょうか。その結果がどうなるとしても、
2人には少しずつ変化が生まれるのかも
しれません。
 そして「ゆりフェス」です、、、。あまり細かくは
描かれていませんが素敵なイベントなのでは。

 テレビアニメ「ささめきこと」より、DVD
第5巻が発売となっています。この巻に収録
されるのは、第9話「ひまわりの君」と、第10話
ハプニング・イン・サマー」です。
 この辺りの話数では、夏休みが近づいてきて
皆浮き足立っている雰囲気や、休みに入って
いろいろなイベントが起きる所が描かれて
いきます。前回第8話からクローズアップ
され始めたあずさが、ここではより深く
描かれているのではないでしょうか。
 これまでほとんど1人で同人活動を続けて
きたあずさ。そうなったのには過去の苦い
思い出が影響していたようです。
 けれど今年の夏は違う、と思える事が彼女
にはあったようですね。それは純夏との
同人誌作り。これまであずさは純夏を(というか
クラスの人達を)敬遠気味でしたけれど、
純夏が謎の女流少女小説家「織野真紗香」
(本当は汐の兄なのですけど)について詳しい
と知った事で、急に興味がわいてきたみたい
です。
 あずさは、1人でいるのが本当は寂しかったの
でしょうか、純夏との夏の思い出作りをあれこれ
想像してうっとりしている感じです。好みの
作家について語り合える同級生がいたという
だけでも彼女には大きな喜びだったのでしょう。
 ですが、現実はなかなか彼女の思う通りには
いかないようで。純夏が小説に詳しかったのは
汐の兄の事だからであって、特にファンだった
わけではないみたいです。その純夏には、汐
との思い出作りである「女子部合宿」が待って
いたわけで、、、。あずさは喜びのあまり周りの
状況がよく見えていなかったのかもですね。
 彼女が悲しみに沈む場面では、主題歌を歌う
清浦夏美さんによる挿入歌「すぐそこにあるもの」
が静かに流れてきます。しっとりとした曲に
なっていて、演出的にも引き立っていた感じ
です。

 純夏は、悲しみに暮れるあずさに手を差し伸べて
います。ずっと寂しさを抱えていたらしい彼女を
放っておけなかったのと、約束を守りたいという
気持ちが働いていたのでしょう。
 それは好意というよりは厚意だったのかも、、、。
純夏の気持ちをあずさが誤解してしまったら、
また危うい状況になってしまいそうです。その
辺りのあずさの感じ方については、次に収録予定
第11話などではっきりしてきそうです。
第9話では、汐の方がちょっと切ない感じに
なっているみたいなのですよね。あずさに
つきっきりになる純夏が気になって、ついあずさ
の家の前まで行ってみたり。まだ汐本人は
はっきりとはわかっていないのでしょうけれど、
彼女の中で純夏の存在が「親友」とは別のもの
へと変わっていっているようです。

 そしてやはり気になるのは、「ゆりフェス」
ですね。アニメ本編中では「オール百合ジャンル
即売会」、「創作、パロディ、2次元、3次元、
玉石問わずの百合解放区」とうたわれています。
また「年に2回の乙女の祭典」とも言われていて、
描かれている会場の様子からも、参加者が本当に
女性だけっぽいのですよね。現実的ではないかも
しれませんけれど、絵柄的には面白い感じなの
では。
 でもこれほどの規模の百合オンリーイベントが
年2回開催されたら素敵でしょうね。それぐらいに
なれるように百合のジャンルが発展すると良さそう
です。

|

« 真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第7話 | トップページ | ハートキャッチプリキュア! 第16話 »

作品 ささめきこと」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/34880833

この記事へのトラックバック一覧です: ささめきこと DVD第5巻が発売です:

« 真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第7話 | トップページ | ハートキャッチプリキュア! 第16話 »