« 一迅社文庫アイリス 「偽りの姫は騎士と踊る」が発売です | トップページ | ComicリリィPLUS Vol.1の表紙画像が紹介されています »

2010年4月20日 (火)

真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第2話

 優しくふれあうだけの間柄じゃない、それが
朱里と雛里の関係なのかもしれません。ほとんど
離ればなれに生活している彼女達ではあります
けれど、だからといって遠慮などはしていない
みたいですね。ごまかしたり見ないふりをしない
からこそ、2人はつながっていられるのかも。

 テレビアニメ「真・恋姫†無双~乙女大乱~」、
第二席「鳳統、隠し事をするのこと」です。
 何進にかけられた術を解くため、桃香(劉備)
達は薬の材料を求め三方に分かれて旅を始めた。
星(趙雲)と連れ立って翠(馬超)は道を進むが、
なぜか浮かない顔をしている。星が尋ねると、
彼女は桃花村に残してきた蒲公英(馬岱)が
気がかりだという。自分がいないと好き勝手
し放題になってはいないか心配らしい。

 第2話は朱里(孔明)と雛里(鳳統)がメインに
なるらしかったのでちょっと注目して見て
いました。前シリーズの第10話のような、
お互いを強く求め合うエピソードになるのでは、
と期待しつつ。
 結果的にはそこまで詳しくは描かれなかった
かもです。けれど、2人の間にある特別な感情は
見られたような気がします。
 雛里は、自分が以前してしまった事について
は、反省はしていたのでしょう。でも水鏡先生
に対してもなかなか言い出せなかったみたい
ですね。そして今度は朱里や、彼女だけでなく
手分けして品物を捜索している皆に迷惑が
かかると感じて、とても怖くなってしまったの
では。
 雛里は怖くて本当の事が言えなかったようです。
では何が一番怖かったのでしょうか、、、。確かに
朱里に怒られるのは嫌だったかもしれません。
けれどそれ以上に、朱里が怒ってしまうほど
自分に失望して、愛想を尽かしてしまうのでは、
と考えるのが怖かったのではないでしょうか。
彼女が、謝ったりとか逃げ回ったりとかせずに
ああいう事をしようとしたのは、自分に対する
朱里の信頼を失いたくないと思ったからなのかな、
という気がします。
 社会に出て活躍している「姉弟子」の朱里に
釣り合う自分になりたい、という気持ちが、
雛里の中では強いのかもですね。優しくふれて
くれる朱里と、何もできない自分との間にある
ギャップを埋めたい、みたいな、、、? 2人の
間に本当にそんな差があるのかどうかは
わかりませんけれど、朱里に近づきたい、
という気持ちを、雛里は常に持っている
ように見えます。

 では雛里に対する朱里の姿勢は、、、やはり
相手に近づきたいという感情なのでしょうね。
雛里に隠し事をされた時、彼女が感じる気持ちは
怒りではなく悲しみなのではないでしょうか。
雛里の事はずっと見てあげていたいし、自分の
事も知ってほしい。2人の間で隠し事はなしに
したい、というのが彼女の正直な思いなの
でしょう。普段は離れて暮らしているからこそ
相手の事が気になりますし、久しぶりに会えたのに
秘密を持たれていたら寂しくだってなってしまう。
朱里はそんな自分の思いをわかってほしかったの
かもしれません。

 この世界設定では、別の場所に暮らしている
彼女達は簡単には会えないみたいですし、
手紙もそうすぐには届かないものみたいです。
けれど、仲良くしたいと思う気持ちが強いほど、
そんな負担なんて吹き飛ばしてしまうのでしょう。
 このエピソードで朱里は雛里に向かって
強い言い方をしています。久しぶりに会う相手
だったら、遠慮をしたり、相手の思いが見えづらく
なったりしてつい遠回しな言い方になりがちな
所でしょうけれど、朱里はそうではなかった
ようです。これはやはり、2人の間の結びつきの
強さを物語っているように思えます。信じている
相手だからこそ、遠慮などしない。それだけ強い
絆でお互いが通じ合っていると確信しているから。
 この思いは雛里にもちゃんと伝わる事でしょう。
お互いを強く求めている2人なら、距離も時間も
壁にはならない、と思いたいですね。

 ところで本編中、雛里に久しぶりに会った朱里
は、彼女に贈った本の事を話していました。この
いきさつを思わせる場面が、前シリーズで描かれて
いたような気がします。
 前シリーズ第12話のエンディングでは、登場
人物達のその後を1カットずつ紹介する流れが
ありました。その中で雛里が、朱里にもらった
らしい本を読んでいるカットもありました。が、
本を読みながら雛里は真っ赤になって恥ずかし
そうにしています。、、、もしかしたら朱里は本を
送り間違えた? でも朱里に再会した雛里は、
「勉強になった」とも言っていますし、それに
答えて朱里は「もっとすごいのを贈る」と言って
います。彼女達はこうして大人になるのかも
ですね。

|

« 一迅社文庫アイリス 「偽りの姫は騎士と踊る」が発売です | トップページ | ComicリリィPLUS Vol.1の表紙画像が紹介されています »

作品 恋姫†無双」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/34315417

この記事へのトラックバック一覧です: 真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第2話:

» ◎真・恋姫†無双乙女大乱第二席「鳳統、隠... [ぺろぺろキャンディー]
トウタク軍が、苦戦してた。リョフの軍と合流してしのぐ作戦。カユウ将軍が、出撃する。相手は万を超えてたので無理だとカクがいう。そして、カンガンのショウジョウがカクに色々脅... [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 05時35分

« 一迅社文庫アイリス 「偽りの姫は騎士と踊る」が発売です | トップページ | ComicリリィPLUS Vol.1の表紙画像が紹介されています »