« ComicリリィPLUS Vol.1の表紙画像が紹介されています | トップページ | 武士道シックスティーン アフタヌーン版コミック第1巻 »

2010年4月22日 (木)

ハートキャッチプリキュア! 第11話

 この作品ではゲストキャラの苦悩や克服が
大きく取り上げられたりしますよね。この
エピソードでもそんな感じなのですけれど、
実は意外につぼみとえりかの関係も表されて
いるような気がします。こういう場面が毎回
少しずつでもあると、彼女達の成長を見て
いく事ができるのでは、とも思えます。

 テレビアニメ「ハートキャッチプリキュア!」、
第11話「アチョー!!カンフーでパワーアップ
します!
」です。
 ダークプリキュアの圧倒的な力を見せつけられ、
つぼみは自分が太刀打ちできる自信がわいて
こない。えりかは大丈夫、と励ましてくれるの
だが、つぼみの気持ちは晴れなかった。そんな折、
通学途中に、つぼみはカンフーの練習をしている
2人の少年を見かける。

 ここではまさととよしとの兄弟がカンフー
というものに対してどういう思いを持って
いるかが描かれていくようですね。よしとは
兄が本物のカンフーマスターだと信じている
ため、何でも真似しようとしますし、自分
こそがその一番弟子だという自負みたいな
ものもあるみたいです。
 まさとの方は、何か感動するような経験が
あってカンフーを勉強しようと思ったのでしょう
(着ている服装や「考えるな、感じろ」という
せりふはブルース・リーっぽいらしいです)。
自分ではかなり努力しているつもりで、よしと
にもかっこいい所を見せる事ができて、それなり
の日々だったのかもしれません。ですが他の
同級生達と力を比べればどの程度のものなのか、
思い知らされてしまっているようですね。ここから
どうやって本当の強さに目覚めていくのかが
重要になってくるのでしょう。

 、、、というのがこのエピソードでは主体なの
かもですけれど、そちらではなくつぼみとえりか
の関係の方が気になってしまいました。まあ
主人公でもありますしこの2人に注目するのも
大切なのではないかと。

 つぼみがカンフーを習うなんて言い出したのは、
第10話でダークプリキュアの実力を実際に
思い知らされたから、なのでしょうね。今の
自分達の、いえ、自分の力ではとても対抗
できないとわかったのでは。
 けれど逃げ出すわけにはいきませんし、それなら
自分の力を何とかして高めなければならない、と
彼女は考えたのでしょう。自分の中にはパワー
アップできるものなんてない、と思ったの
でしょうか、つぼみは外に向かって力を求め、
その時カンフーの事を知った、という状態だったの
かもしれません。
 えりかは、「男子がまたつまらない事を」みたいに
思っていたみたいです。つぼみも、普段ならこれに
近い気持ちを持ったかも。けれど彼女は、正面
から弟子入りを志願していますね。

 そんな風に力を求めて右往左往するつぼみを、
えりかはずっと見ていました。彼女がつぼみに
向かって、最初にも最後にも言っていた言葉は、
「大丈夫」でした。
 えりかから見れば、つぼみもうまく戦える
ようになってきていますし、何より2人の
コンビネーションが合っている、、、。今すぐには
無理でも必ずダークプリキュアを乗り越えて、
本当のプリキュアとして皆を助けられる、と
彼女は確信しているようです。

 この辺りは、2人の考え方の違いなのでしょう。
つぼみは、自分が確実にダークプリキュアを
退けられる力を持った、と認められるまでは
不安で仕方がないのでは、とも思えます。彼女の
場合、出発地点が「史上最弱」だったから、
というのもありそうですけど、実は意外と
完璧主義なのかな、という気もしますね。
 自分が納得できるまでとことん突き詰める。
確実にうまくいくとわかってからやっと前に
進む、みたいな感じなのかもしれません。
彼女が転校前まで引っ込み思案だったというのも、
本当は、なかなか完璧になれない自分を許せない
気持ちや、ちゃんとしてから人と向き合おうと
思っている間に出遅れてしまう、みたいな
状況があったのかもです。
(それだけに、えりかみたいに有無を言わさず
相手の間合いに入り込んでくる人は、つぼみ
みたいな人とってはけっこう大事なのでは。
えりかがつぼみの手を引いてくれたから、彼女は
少しずつ前向きになれているように感じます。)

 えりかは、つぼみに比べれば楽天的な考え方
を持っているように見えます。でも彼女だって、
別に「砂漠の使徒」を見くびっているわけでは
ないでしょう。
 自分達がどの程度の力を持っているかを理解
した上で、これからどうなっていけるか、という
将来性もあわせて考えているみたいです。つぼみが
過去の努力の結果として手に入れられる力を求めて
いるのに対して、えりかは自分達が進んでいける
未来に目を向けているとも言えそうです。

 今の2人が見ている方向は正反対なのかも
しれません。これから先、この視点の違いが元で
それぞれが相手にいらだったり対応に困ったりする
可能性も考えられます。けれど違うものの見方が
できるのも大事だったりしますよね。自分1人
では絶対に気づかなかったような事を、相手との
ふれあいで感じ取れる事もあるでしょうし。
そうやってお互いを高めあい、やがて気持ちを
一つにできれば、彼女達は無敵の絆で結ばれるの
ではないでしょうか。

 「大丈夫」と言うえりかの言葉にも、つぼみは
まだ安心してうなずく事ができていないようです。
この不安を2人でどうやって克服していくかが、
ここしばらくの彼女達の課題になるのかもですね。

 ところで、この作品では、次回予告の後に1枚の
イラストが挿入されています。これまでのシリーズ
では、毎回違った絵柄(本編からコラージュした
イラストだったようです)が使われていましたが、
この「ハートキャッチプリキュア!」では前回まで
同じ絵になっていました。
 それがこの第11話では新しいものに差し替え
られていました。内容は、第10話で散歩に
出かけたつぼみとえりか、シプレ、コフレが
話し合いながら歩いている場面からのカットです。
この場面は、平和な日々の中でつぼみとえりかが
どんな風に過ごしているのかがわかる絵柄だった
ように思います。当たり前のようにいつも一緒に
いる彼女達の何気ない振る舞いから、仲の良さが
伝わってくるようですね。戦いは激しくなる
ばかりかもしれませんけれど、こんな落ち着いた
時間も忘れずに持ってもらいたい所です。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« ComicリリィPLUS Vol.1の表紙画像が紹介されています | トップページ | 武士道シックスティーン アフタヌーン版コミック第1巻 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/34341524

この記事へのトラックバック一覧です: ハートキャッチプリキュア! 第11話:

» ◎ハートキャッチプリキュア!第11話「アチョ... [ぺろぺろキャンディー]
マサトがカンフーシューズをはいていたため、関先生に怒られる。カンフーできるんですかとツボミが話す。マスターしたというが、エリカがカンフーできるわけないときってすてる。ツ... [続きを読む]

受信: 2011年6月15日 (水) 20時23分

« ComicリリィPLUS Vol.1の表紙画像が紹介されています | トップページ | 武士道シックスティーン アフタヌーン版コミック第1巻 »