« 百合なコミック誌とアンソロジーのキャッチコピー集とか | トップページ | わたしの大切なともだち 第3巻が発売です »

2010年4月11日 (日)

GirlsLoveFestival3 入手品など その2

 以前から作品を見た事があるサークルさんや、
新しく知ったサークルさん、それぞれに
楽しめる作品があります。2次で個人的に
元作品をよく知らないものでも、キャラ達の
ラブラブな雰囲気が伝わってくるものが
多いですね。

 「少女恋愛作品ファンによるイベント」となる、
GirlsLoveFestival」の第3弾に当たる
GirlsLoveFestival3」は3/28に開催されました。
思っていたよりもたくさん新しい作品を見つける
事ができたような気がします。まだまだ素敵な
百合サークルさんがありそうですね。
 以前書いた記事もありますのでよろしければ
そちらも見てみてください。

GirlsLoveFestival3 入手品など

(凡例:タイトル(サークル名、ペンネーム)(敬称略、順不同))

・魔理沙Style(オレん家超特急、ぐっさん。
       うしろゆびさされ隊、とのこ)
 東方Project、魔理沙合同誌ですね。お2人に
よる猫耳魔理沙がたくさん見られます。魔理沙の
割と気ままな振る舞いは猫のイメージと重なって
いる感じで、またビジュアル的にも面白いかも
です。そこにアリスや霊夢達のキャラが加わって
騒ぎが起きるのですけれど、それでも何だか
和気あいあいとした雰囲気になっています。それと、
魔理沙とアリスのお花見のエピソードも良いかも。

・レイニースマイル(極彩ティラミス、四方屋ハルキ)
 いつの間にか友達のちーちゃんに思いを寄せる
ようになったゆっこは、相手がいつも満ち足りて
いられるようにと、笑顔を作る練習をしています。
本当は自分自身が相手を喜ばせられたら、と彼女は
感じているのかもしれませんけれど、女の子同士
である以上それはできない、と思ったのでしょう。
2人が真実に気づけるのかどうか、という部分が
見所になりますね。

・すれ違いダイアリー 三冊目 初春-春
(回転掘削機構、じぇいそん)
 受験生の柚香と、元同じ学校の先輩で柚香の
家庭教師もしている紗織の、ふれあいそうで
すれ違う日々が綴られてきたシリーズですけれど、
ここで2人の気持ちが向き合うストーリーに結び
ついていくみたいですね。彼女達の物語を見てきた
側としては何だか祝福したくなります。また、
封筒や写真など、これまでよりさらにこっている
立体的な演出が楽しいです。

・フユヤスミフユ。(すあまフレンズ、水玉すあま)
 アリスと、うさぎ耳のみふゆの冬休みの物語
ですね。年末年始は2人とも用事があるみたい
ですけれど、その前のちょっとした時間にも、
彼女達は2人だけで思い出を作ろうとしています。
でも幼いためになかなか思うようにいかない
場合もあるらしく、、、。でもたとえ2人だけで
解決するのが難しいとしても、周りには彼女達を
応援してくれる人達がいるみたいです。

・やえくくりね
(フォルテ フォルテッシモ、よしなりさかな)
 「神無月の巫女」、ガンダム系作品、「けいおん!」、
「ストパニ」の、複数の作家さん達による2次創作
を集めたアンソロジーです。秘密の花園でお茶を
いただいていてもついラブラブな空気を作って
しまう姫子と千歌音や、無邪気に抱きついてくる
唯を拒みながらも、実は意外とまんざらでも
なさそうな梓など、各作品のキャラの甘い雰囲気が
たくさん描かれています。

・SAKUYA*KONOHANA(smilecat、ぼの)
 「咲-Saki-」をテーマにしたオールカラーの
4コマ本ですね。清澄、風越、龍門渕、鶴賀
各校のキャラが登場して、それぞれの特徴や
能力(?)を生かしたストーリーが描かれていきます。
猫になってしまった華菜と、彼女を慰める美穂子
(とコーチ?)や、衣のためなら何でもしてあげたく
なる透華といった、彼女達らしいふれあいが
見られます。

|

« 百合なコミック誌とアンソロジーのキャッチコピー集とか | トップページ | わたしの大切なともだち 第3巻が発売です »

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/34196434

この記事へのトラックバック一覧です: GirlsLoveFestival3 入手品など その2:

« 百合なコミック誌とアンソロジーのキャッチコピー集とか | トップページ | わたしの大切なともだち 第3巻が発売です »