« 咲-Saki- Portable オープニングムービーが配信されています | トップページ | 女の子と女の子の世界、、、イラスト展示会が予定されています »

2010年3月13日 (土)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第10話

 普段からずっと一緒にいて、お互いの考え方や
癖など知り尽くしているように見える彼女達
ですけれど、まだまだ知らない部分はある
みたいですね。またそれを知る事で、ゆのは
皆から距離を置くどころかより近づいている
感じです。やはり彼女は皆の事を愛しく思って
いるのでしょうね。

 テレビアニメ「ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ)」、
第10話「5月28日~6月2日 ひだまりパレット
です。
 学校の当番でトイレ掃除ももう終わりかけて
いた頃。ゆのはふとした弾みで、部屋の鍵をトイレ
に落としてしまう。しかも水を流してしまい、
結局見つけ出す事はできなかった。大家の所へ
説明に行くと、合い鍵を見つけるから時間をくれ
という。部屋に入れないゆのは、宮子の部屋に
泊めてもらう事にした。

 サブタイトルにもある「5月28日~6月2日」の
間に、1日ごとに別のサブタイトルらしい文字が
入っていました。5月28日は「オレンジ×イエロー」
この日ゆのは宮子の部屋に泊めてもらっていた
ため、この2人を色で表していると言えそうです。
 、、、この色の組み合わせで、2つの事を思い出し
ました。1個目は「やまぶき戦隊ヒダマリン」です。
アニメ第2期「~×365」のDVD第1巻限定版に
同梱されているドラマCDに収録されているエピソード
です(商品紹介のページから試聴できるようになって
います)。名前の通りゆの達が正義の味方、という
設定になっているのですが、ヒロインに変身した
時の名前が、ゆのが「ひだオレンジ」、宮子が
「ひだイエロー」でした。ちなみにヒロはピンク、
沙英がブルーだったようです。
 なので次の日以降もこのカラーリングに沿って
タイトルが付くのかなと思っていた所、ヒロは
確かにピンクでしたけど、沙英はパープルに
なっていました。ちなみにブルーは乃莉の担当
で、なずなはホワイト、だそうです。
 それから、もう1個思い出したのは、百合
コミック誌の「百合姫S」だったりします、、、。
Vol.9から連載が始まっている、乙ひよりさんの
作品のタイトルが「オレンジイエロー」なもので。
まあ全く関係はないのでしょうけれど、百合的な
作品のため反応してしまいました。

 その他では、有名な(?)「豆腐は足がはやい」の
せりふが出てきていたり、大家さんがゆの達を
見送る場面で、背景に「ゆのさま」、、、じゃない、
「正の湯」の煙突が見えていました。あのエピソード
は11月頃のものらしいので、この話数とは半年
ちょっと時期が離れているみたいですね。

 さて事情があってひだまり荘の部屋を転々と
する事になったゆのですけれど、乃莉やなずな
だけでなく、宮子達の部屋でも新しい発見が
多くあったようですね。あれだけ入り浸って
いる宮子の所にも、ちゃんとお泊まりした事は
なかったみたいです。
 また、各部屋には当然ながら布団は1組しかない
ため、必然的に一緒に寝る事に、、、。その時の
反応が人それぞれで、ちょっと笑わせるような
エピソードにもなっていましたね。広く寝る方法
とか。

 後は、ヒロが髪を下ろした姿をゆのはよく
知っていたみたいですけれど、乃莉となずなの
寝る時の髪は珍しく感じたようです。でもなずな
の場合は、前から見るとほとんど変わらない
気もしたり、、、。
 そのなずなとは、話していてけっこう意見が
合っているみたいですね。兄弟構成が同じだから
なのもあるのでしょう。何も言葉に出していない
のに2人ともついにこにこしてしまう辺りは、
何だかいい雰囲気ですね。何も言わなくても、
2人とも同じ事を考えているのだとわかって
いるのではないでしょうか。
 そしてその考えを実践したい、とも思って
いるのかも? 学年の差から、ゆのの方はいろいろ
面倒を見てあげて、なずなの方はちょっと甘えて
みたり、とか。宮子や乃莉を相手にする時とは
ちょっとだけ違う、彼女達だけの関係ができて
いくのでは、とも思ったりします。
 まあ実際にそうなるのかどうかはよくわからない
ですね。でもこの後のエピソードでもしそんな
つながりが2人の間に見られるようだとしたら、
その発端はこの夜にあったのかも、なんて
考えられるかもです。

 ひだまり荘の中とはいえ、ゆのは自分の部屋
以外を泊まり歩いていました。その事を断片的に
聞いていた吉野屋先生は、何か誤解してしまった
らしく。冷静に常識的に考えればわかる状況
だったとも言えそうですけれど、吉野屋先生には
そういうものは通じなかったみたいですね。
 とはいえ、彼女が生徒の事をとても大切に思って
いるのは、この行動からもよくわかるのでは
ないでしょうか。ゆの達は驚いてしまっていました
けれど、彼女の熱い気持ちは伝わっていたかも。

 ゆのはこの経験で、宮子達ひだまり荘の住人の、
新しい魅力に気づけたとも考えられます。ヒロと
沙英とは後1年ほど、乃莉となずなとも2年ほど
しか一緒にいられませんけれど、この魅力的な
人達との時間を大切にしようと思うきっかけに
なったのでは、という気がします。

・「ひだまりスケッチ」レ ビューリストレ ビューセンター

|

« 咲-Saki- Portable オープニングムービーが配信されています | トップページ | 女の子と女の子の世界、、、イラスト展示会が予定されています »

作品 ひだまりスケッチ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/33760107

この記事へのトラックバック一覧です: ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第10話:

« 咲-Saki- Portable オープニングムービーが配信されています | トップページ | 女の子と女の子の世界、、、イラスト展示会が予定されています »