« とある科学の超電磁砲 第19話 | トップページ | 真・恋姫†無双 ドラマCD第1弾が発売です »

2010年2月16日 (火)

ハートキャッチプリキュア! 第2話

 どんな恐ろしい経験をしても、苦しい選択を
迫られても、つぼみはプリキュアであり続ける
事をあきらめないのでは、と思われます。美しい
花々のために、そして何よりえりかのために。
もしどうしても耐えられなくなっても、優しく
アドバイスしてくれる人が、彼女にはいるようです。
それは、、、5人目のプリキュア?

 テレビアニメ「ハートキャッチプリキュア!」、
第2話「私って史上最弱のプリキュアですか??
です。
 ココロパフュームの力を受け、プリキュアに
変身したつぼみ。彼女は自らに「キュアブロッサム」
という名前を与えた。そして、「こころの花」を
奪われたえりかを救うため、巨大な人形型の
デザトリアンに立ち向かう。が、バトルなど
初めてな上にパワーがあふれてうまく制御できない。
応戦どころか逃げる事さえままならない彼女に、
「砂漠の使徒」サソリーナが迫る。

 つぼみは、プリキュアとしての能力は与えられた
みたいですけれど、それを使いこなす方法までは
わからなかったようですね。そのために戦うのも
逃げるのにも苦労していたようです。「史上最弱」
なんて妖精達からも言われてしまって、本人は
立場がなかったかも。
 彼女の身に起きた事は、これまでのシリーズの
プリキュア達とはちょっと違う感じです。これまで
だと、望まない内にいきなり戦いに巻き込まれた
としても、いったん変身すれば、華麗な身のこなしや
パンチ、キック、必殺技、おまけに(初めて言うには
ちょっと恥ずかしい?)決めぜりふも滑らかに
出てきていました。つぼみにそれがないのだとしたら
(「堪忍袋の緒が切れました!」の言葉は言えていた
みたいです)、一つ一つを手に入れるのにある程度
時間がかかるような気もします。本当の意味で
「伝説の戦士プリキュア」として実力を発揮できて、
彼女なりのファイティングのスタイルを決められる
ようになるのは、もうちょっと先のエピソード
だったりするのでしょうか。

 けれど、たとえ力を制御できなくても、「史上最弱」
のレッテルを貼られたとしても、彼女は戦わなければ
ならないのですよね。「砂漠の使徒」は待っては
くれませんし、「こころの花」を奪われる人達は
後を絶ちません。
 ここでは現にえりかが、彼女の目の前で苦しんで
いました。彼女を救えるのはつぼみだけ、こんな所で
引っ込み思案になって縮こまっていたら、えりかは
永遠に元の世界に戻れなくなってしまいます。
 苦しむ人を助けなければならない、その気持ちが、
つぼみを変身へと駆り立てたのでしょう。それが
少しずつ育っていって、困っている人達を助けたい、
という思いに変化していくと良いかもですね。
そしてもう一歩進んで、えりかを大切にしたい、
みたいな気持ちも芽生えると素敵かもです。

 とはいえ、今の所、つぼみを奮い立たせたのは
えりかを救いたい気持ちと、花を大事にしたい気持ち
だったようです。他の草花や人々を助けるのも重要
ですけれど、できればえりかを一番に考えて
もらいたい気もします。えりかは、近い内に
キュアマリンに変身できるようになるでしょうから、
その時にお互いを唯一のパートナーとして認めあえる
ように、プリキュアに変身している時もそうでない
時も、お互い絆を深めていってもらいたいようにも
思います。
(ところで戦っている最中、デザトリアンの口からは、
えりかの「心の叫び」が何度も叫ばれていました。
この部分はちょっとデリケートなような気もしますね。
えりかはたぶん、姉へのコンプレックスについては
誰にも打ち明けてはいなかったのではと思われます。
普段の彼女は誰にも愚痴など言わず常に明るく元気に
振る舞っているみたいですし。
 そんな彼女が胸の中に秘めているものが大声で
言いふらされているとしたら、えりかにはかなり
ショックなのではないかと。それにつぼみの方も、
わざとではないにしても、えりかの内面を知って
しまったら、聞かなかったふりをして嘘をつき通す
なんてできないでしょうし。そういう部分も含めて、
2人はもっとお互いを知り合う必要があるのかも
しれません。)

 プリキュアといえば、キュアムーンライト、
ダークプリキュアの他にも「キュアフラワー」という
名前の戦士がいるようです、、、。この人達がすべて
プリキュアなら、キュアフラワーは5人目(?)としての
登場、となりますね。彼女が変身して戦う事に
なるとちょっと面白そうですけれど、やはりそういう
展開はない?
 彼女の役割は、先輩としてキュアブロッサムや
キュアマリンを導いていく、というものなのかも
しれませんね。つぼみとえりかには、自分達の力
だけで自分達を高めていってもらいたい気もします
、、、。けれど、今の状況ではそれも難しそうですし、
同じ経験をしてきた(と思われる)先輩の言葉なら、
つぼみ達と同じ目線にたった意見を交わせるのでは、
とも思えます。

 といった辺りの流れを見ていて、アニメの
第1シリーズをちょっと思い出しました。あちら
では、ほのかの祖母のさなえが、昔ミップル
出会っていたみたいなのですよね。あのシリーズ
では2人そろわないと変身できないのですけれど、
もし1人でも変身できたとしたら、彼女も薫子
ような存在になっていた?

 それから、他にも新キャラが登場していましたね。
キュアブロッサムのピンチに颯爽と登場した謎の
イケメン。でも服装が、、、書生風の和装に眼鏡、
というとつい別作品を思い出してしまいますが、
まあ関係はないのですよね。
 このキャラが、このシリーズでのヒロインの憧れに
なる? これまでだと、憧れられる好青年達は、
プリキュアとは直接の関係が薄かったり、または
妖精側の人達であっても自分自身ではパワーを
使えないという制限があったりしました。けれど
今度のキャラはかなりの能力を持っているみたい
です。キュアブロッサム達が真の力に目覚める
までは助けに入る形になるのかもしれません。

 キュアブロッサムは早速抱きかかえられてました。
お姫様抱っこに彼女はときめいてしまうかな?
という所でしたが、どきどきするよりは、安心した
みたいで、眠ってしまいました。こういう部分からも、
彼女にとってこの人は恋愛対象ではない、と思いたい
ものですね、、、。次回予告の映像ではなぜかまた
抱きしめられていたようで、何かこの2人を
くっつけようという流れがある?
 この人の正体が気になりますね。つぼみが、薫子の
温室に連れてこられていたのを見ると、薫子の関係者
なのかも。一言もせりふをしゃべらなかった所とか、
視線を縦に動かす仕草が該当するのは、、、コッペ?
だとするとちょっと面白いかもです。

 つぼみとえりかは、もう一度話す事ができるように
なりました。これまで少し壁があった感じの2人
でしたが、今はちょっと落ち着く事ができて、
お互いを知りたいと思えるようになっているみたい
です。
 引っ込み思案な自分、姉に対して劣等感を抱く自分
、、、彼女達のコンプレックスはまだまだ解決されては
いないようです。でもこれからの2人は、互いに
手を取り合って、自分達の壁を乗り越えるよう
努力していけるのではないでしょうか。そしてその
向こうに広がる美しい世界を、2人で眺められる
ようになれる気がします。その時、自分の隣に立って
いる女の子の存在を、とても愛しく感じられるの
でしょう。

・「ふたりはプリキュア」レ ビューリストレ ビューセンター

|

« とある科学の超電磁砲 第19話 | トップページ | 真・恋姫†無双 ドラマCD第1弾が発売です »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/33410591

この記事へのトラックバック一覧です: ハートキャッチプリキュア! 第2話:

» ◎ハートキャッチプリキュア!第2話「私って... [ぺろぺろキャンディー]
なんか、私って世界一不幸な美少女だみたいなサブタイトルきた。そして、キュアブロッサムに変身する。強いぞ強いぞプリッキュアと妖精に言われる。そして、戦いになる。ジャンプし... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 00時09分

« とある科学の超電磁砲 第19話 | トップページ | 真・恋姫†無双 ドラマCD第1弾が発売です »