« とある科学の超電磁砲 第11話 | トップページ | にじぷり 第16話 »

2009年12月19日 (土)

百合姫S Vol.10

 今号でも「ゆるゆり」が5話構成でたっぷりと掲載
されています。作中でもあかり達が皆で一緒に
遊んだりたくさんの経験を重ねていますね。作品の
コミックスももうすぐ第2巻が出るようです。
「此花亭奇譚」では柚と皐がより近づいていく?

 発行一迅社、「コミック百合姫S」Vol.10を
見てみました。(もう次が発売されちゃってますね。)
内容を一部ご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・ゆるゆり(なもり)
18.「アツがナツいのは君が眩しいから」
19.「大出血!! 花火大会(小規模)」
20.「夏休みの宿題が終わっても、人生の宿題は
    まだ残っている、というお話」
21.「恋をしようよっ♪」
22.「夏休みの宿題が終わっても、人生の宿題は」
 暑いのが苦手なちなつは、クーラーが付いていない
娯楽部の部室(本当は茶道部の部室)で気温が高い日に
いるのがつらかった。そんな彼女に京子は、暑いと
思うから暑いのだから、寒いと思えと言う。
 2度目の巻頭カラーもきっちり千歳が持って行って
しまいましたが、ビジュアル的には百合な感じになった
かも? あかり達のグループと綾乃達のグループは
一緒に遊ぶ事も増えて、それぞれが大事な思い出を
少しずつ作っているみたいですね。その中でも、千歳が
何となく思いを秘めている感じや、ちなつ(それに結衣
も)がだんだん積極的になっているのが興味深いです。

・コノハナリンク act.7(玄鉄絢)
 目を覚ました智恵利、時刻は朝、場所は保健室の
ベッドの中、隣には沙織がいて智恵利を見つめて
いた。あまりの事に大声を上げてしまう彼女だったが、
思い返せば相手を看病するためにここにいたのだった。
 ページ数はちょっと少なめですが、連載再開、ですね。
沙織は、人の目や意見などをあまり気にせず、自分の
ペースに周りを巻き込んでいくタイプなのかもですね。
彼女は狙ってそうしているのかはわかりませんけれど、
そのペースが意外と心地よくて、芽衣子をはじめ皆が
ついていっているようにも見えます。智恵利もその中の
1人として振り回される事になる?

・此花亭奇譚 第2話(天乃咲哉)
 何とか此花亭で働き始めた柚(ゆず)だったが、自分の
担当をこなすのがやっとで、教育係の皐(さつき)には
叱られてばかり。翌日、柚は櫻(さくら)とペアを組んで
仕事をするように指示される。
 第1話では存在感をほとんど見せていなかった櫻です
が、今回は柚に良い影響を与えたみたいですね。とはいえ
そうなれたのも、柚自身の前向きな姿勢があったから
なのかもです。駆け出しでも客の接待をしなければ
ならない柚は、これからいろいろ学んでいくの
でしょうね。ところで、皐ってお酒を飲んでいました
けど、大人、なのでしょうか。

・POOL(直江まりも)
 夏休みで誰もいないプールに、加藤と広野がやって来た。
本当は許可がいるのだが、かまわず泳ぎ始める彼女達。
出会ってから1年以上、加藤は広野にずっと思いを寄せて
いた。
 誰もいない夏の学校のプールという舞台と同じように、
何か爽やかな物語になってますね。加藤の「すごいって
思うなら、、、」辺りのせりふとか、女の子2人でプールで
戯れる姿が青春っぽい雰囲気で良いかもです。加藤の恋は
この後どうなっていくのでしょうか? ところで直江さんが
Vol.6で描かれた「The Nightmare after school」もそう
でしたけれど、学園ものの感じが良いですね。

・死神アリス chapter:2(いずみやおとは)
 真崎が血まみれの現場を目撃してから2週間、命を救って
くれた少女を捜し続けていたが、いっこうに収穫がない。
名前すら知らない彼女をどうやって見つけ出そうか自分の
部屋で考えていた所、突然窓が破られ人影が進入してきた。
 もう一度ひなげしと出会えた真崎。これはもう巡り合わせ
が彼女達を引き寄せたとしか言えないですよね。それに、
あんな大事件が目の前で起きてもほとんど動じない真崎も、
ひなげしと一緒に生きていけるだけの度胸(?)がありそうな
気がします。今のひなげしは、これまでの生活を続けるか、
真崎の所へ行くか、かなり揺らいでいると思うのですけど、
ここは真崎にぐいぐい引っ張っていってもらいたいですね。

・極み! Cure me♥(すこやか)
 風邪を引いたとメールで呼びつけられて、結城は山田の
部屋へとやって来た。昨日まで看病してもらっていた事も
あって結城は面倒を見始めるが、山田はここぞとばかりに
様々な要求を彼女にぶつけてくる。
 最初から仕事用の荷物を用意してきているほどですし、
結城も本当は山田と一緒にいてあげてもいいと思って
いるのでしょうね。部屋の外ですがりついてくる山田に
「外で巻きつくな」と言うのも、人目を気にしているだけで、
彼女にそうされる事自体は嫌ではないのかも。山田の
趣味にはついていけない部分があっても、その内慣れて
恥ずかしくなくなってしまう?

・「百合姫」レビューリストレビューセンター

|

« とある科学の超電磁砲 第11話 | トップページ | にじぷり 第16話 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 百合姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/32680514

この記事へのトラックバック一覧です: 百合姫S Vol.10:

« とある科学の超電磁砲 第11話 | トップページ | にじぷり 第16話 »