« キディ・ガーランド 第9話 | トップページ | まりあ†ほりっく DJ DVDが発売です&再放送の予定 »

2009年12月21日 (月)

コミックアンソロジー「百合少女」 後半

 恋愛中の女の子達を描く作品もあります
けれど、恋が始まりそうな予感を描くものも
多いようです。女の子同士の恋愛という、本人達
にとっても初めての経験が、甘く爽やかに
描かれていて、こういうタイプの百合作品も
楽しいですね。

 発行コスミック出版、キュンコミック
リリータイムシリーズとして発行された、
百合コミックアンソロジー「百合少女」を
見てみました。以前に別の記事でも書いて
いますので、よろしければそちらも見てみて
ください。

百合少女 前半

 では前に書いたもの以外の作品について一部
ご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・迷子のたどりつくところ(みとうかな)
 修学旅行の最終日、綾と渡辺はクラスメイト
達から離れて2人だけで歩いていた。先へ先へと
進む渡辺を必死に止める綾。実は2人は迷子に
なっていたのだ。
 綾はたぶん、クラスではきちんとしていて
面倒見のいい女の子なんでしょうね。渡辺は
綾に手助けされるたびに自分のだらしなさを
実感してはいるのでしょうけれど、自分の進む
先にある未来へと目が向いてしまうようです。
たぶんそんな彼女が1つだけ期待しているのは、
彼女の未来に綾が一緒にいる事なのでは。

・お届け物です(北条KOZ)
 セイビ運輸の配達員、川原は昼間はオフィス
街の担当。会社側の出荷担当者とは顔見知りが
多いが、その中で安藤という優しい女性のいる
中央商事へ出向くのは少し楽しみだった。
 優しくて仕事ができる安藤に、川原が憧れの
ような気持ちを抱いている所から物語は始まり
ます。2人の間にはいろいろな事が起きますが、
その一つ一つが何だか初々しい感じですね。
もしかしたら2人とも女性同士の恋愛感情を
意識するのは初めてなのかもですけど、このまま
順調に愛を育てていってもらいたいですね。

・ももいろ女子寮協奏曲(りーるー)
 私立桜桃女学院大学には2つの寮がある。
それらは「御殿」、「小屋」と呼ばれるほど差の
あるたたずまいだが、それぞれに住む月菜と
純子はおおっぴらに交際していた。
 格の差なんて気にしない彼女達のおおらかさ
は、何かすがすがしいですね。世間知らずで
危なっかしい月菜に庶民な経験をさせたくない
横峯の気持ちもわからなくはないですが、2人
が楽しんでそうしているならあきらめさせる
事はできないのでしょうね。そして若宮は
青春してる女子達のおいしい所をいただいてる?

・息がとけるぐらい近くに(君川瑠衣)
 夏休みの少し前に転入してきた花奈は、明るく
人なつっこい性格で、すぐにクラスになじんだ。
しかしルームメイトの朱音は、開放的な彼女を
前にするとなぜか苦手意識が先に立ってしまう。
 2人とも夏休みに寮に残る事になって、朱音
が花奈とふれあっていく中で、少しずつ自分の
本心に気づいていく朱音の気持ちの動きの描写
が良いですね。にわか雨の東屋で、彼女が花奈
にしてあげた事は、自分がしてもらったのと同じ、
なんですよね。ここから彼女達はお互いに、
だんだん近づいていけるのではないでしょうか。

・マナとわっかの魔法使い(三原ごりえ)
 マナは里々沙から告白されてつきあっていた。
しかし彼女は里々沙の言葉を本気にしていない。
いつもクラスの中心にいる里々沙が、暗い自分を
慕ってくれるはずがないと思っていたからだ。
 マナは、昔の苦い経験とか、里々沙と自分との
差を感じすぎて、相手の思いが見えづらかったの
かもですね。信じる気持ちを取り戻すには、彼女
自身が何かを変えなければならないのかも。でも
里々沙を救った魔法は、マナの思いを通してこそ
成功したと言えそうですし、2人は間違えずに
近づいていく事ができるように思います。

 といった感じで、恋愛が始まりそうな雰囲気を
漂わせる作品が割と多い感じでした。キスとかも
直接的な表現はあまりなかったかもです。
 百合コミックというと、女性同士の恋愛を深く描く
作品も楽しいですし、この本にあるようなライトな
ストーリーでも登場人物の気持ちの動きが丁寧に
描かれているのは楽しめますね。この「百合少女」
については、百合作品にあまりふれた事がない人
でも興味深く読めるのではないでしょうか。
 こういう雰囲気のアンソロジーであれば次も
読みたくなってしまいますね。、、、でも本を見た
感じでは次の発行予定などはないみたいです。
編集部では感想なども受け付けているらしいので、
そこで続編の希望を出していけば、企画を考えて
もらえたりする、かな?

|

« キディ・ガーランド 第9話 | トップページ | まりあ†ほりっく DJ DVDが発売です&再放送の予定 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 百合少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/32711719

この記事へのトラックバック一覧です: コミックアンソロジー「百合少女」 後半:

« キディ・ガーランド 第9話 | トップページ | まりあ†ほりっく DJ DVDが発売です&再放送の予定 »