« ソルフェージュ 「琴美さんの様子が、、、」他 | トップページ | ヨコハマ買い出し紀行 新装版第3巻が発売されています他 »

2009年11月23日 (月)

ささめきこと 第7話

 そういえばいつも純夏はそばにいてくれて、
自分の話す事を聞いてくれていた、、、と、汐が
気づくのは、彼女が傍らにいないと気づいた時、
なのでしょうね。汐は純夏の存在の大切さに
気づけるでしょうか。けど純夏の方も、汐に
内緒で他の人とデートするのは、本人にその気が
なくても、あまり良い傾向ではないような。

 テレビアニメ「ささめきこと」、第7話
その七 少年少女」です。
 純夏の下駄箱に、「果たし状」と書かれた
手紙が入っていた。見もせず捨てようとする
彼女だったが、そこへ突然小さな女の子が
現れて言いがかりをつけてくる。その子の
名は万奈歌、実は正樹の小学生の妹だった。

 今回は最初から割とコミカルでギャグタッチ
な展開になっていましたね。「三連星」も出ちゃって
いましたし。こうなると軽快なせりふの応酬が
出てきそうな所ですけれど、やはりこのアニメ
シリーズでは、ちょっとそういう方面の雰囲気は
描かれないようで。音楽も割とゆったりした
感じですし、せりふの間隔が長めなためボケと
ツッコミの絶妙な間合いで笑わせる、といった
感じとはちょっと違うみたいですね。原作
テイストを考えるとギャグなノリを多めに
するのが順当なのかもしれません。けれど、
個人的には、この音楽や絵柄、背景などに
流れているしっとりとした雰囲気の中で、
女の子同士の甘く切ない恋愛関係を見てみたい
気もします、、、。が、まあ制作側にもいろいろ
ねらいや見せ場があるのでしょうね。

 さて純夏は、万奈歌の差し金(?)で正樹と
デートする事になります。正樹に有利らしい
場所がデートコースとして次々に指定されて
いきます。けれど、純夏の方はあまり気分が
盛り上がらないみたいです。何をしていても
気になるのは汐の事ばかり。ものの見方が、
確実に汐が基準になっているようですね。
 もしそうだとして、ではなぜ純夏は正樹と
デートみたいな事をしてしまったのでしょう。
純夏と汐は別に(まだ)つきあっているわけ
ではないので純夏はフリー、とも言えそう
です。けれど今回のような、「友達と遊びに
出かける」のとは違うお膳立てで2人きりに
なるのは、純夏的にありなのかどうかは
気になりますね。まあ本人は進んで万奈歌の
申し出を引き受けたみたいですし、あまり
重大な事とは捉えていないっぽい感じ
でしょうか。

 どちらかというと兄と妹としてお互いを
思いやっているらしい正樹と万奈歌を見て、
自分も少し役に立ちたいと思ったのかも
ですね。純夏も「妹」なので(そういえばこの人
には兄が3人いるんでしたね)。
 そういう事もあってなのか、純夏は正樹
自身にはあまり何かを感じたりしてはいない
ようです。というか正樹の気持ちを考えて
あげられていない感じがします。「ダメな
兄貴を持つ妹の気持ちは、、、」と正樹本人の
前で言ったり、待ち合わせ場所に女の子の
格好で来た正樹との会話で「変に噂が立つ
よりは」と言ってしまうのも、自分の事を
基準にしてしまっているような気がします
(さらに悪気がないみたいな所がまた、、、)。
 こういう受け答えって、何か純夏に対する
汐に近いようにも思えます。自分で気づかない
内に相手(しかも自分に惚れている)を
黙らせてしまうような言い方をしてしまう、
みたいな。純夏は汐と一緒にいる間に何回か
そういう経験をしたのでは、という気が
しますけれど、自分が汐と似たような立場に
なってしまう可能性についてはあまり考えて
いなかったりするのでしょうか、、、。純夏の
場合は、自分は誰かを慕う人間であって、
誰かから慕われる事はないと思い込んで
いるのかもですね。

 では純夏が慕っている汐はというと、、、
ちょっとした変化の予感がありますね。
学校でも休みの日でもほとんどいつも一緒に
いてくれる純夏の姿が少し見えなくなった
だけで急に気持ちが揺らめいているみたい
です。今回はまだ予感だけみたいですけれど、
この気持ちがもっと発展していって、自分に
とって純夏の存在がどれだけ救いになって
いたか、そして純夏が自分に向けてくる
まなざしや言葉の裏に何が隠されているかに
気づくようになると良いかもです。純夏が
汐に告白して初めて相手の気持ちを知るの
ではなく、その前に純夏の秘めた思いに
汐が気づいてしまう、というような展開
とか、、、。
 ちなみに今回の、汐が純夏に電話する
場面はアニメのオリジナルみたいです。
これはアニメ版のクライマックスへ
つながっていく演出だったりするのかも
しれません。百合的に感動できるストーリー
が描かれていくのを期待したいですね。

 そして次回予告では、あずさが登場。
これまでちょっとずつ姿を見せるぐらい
でしたけれど、次回からは物語をさらに
盛り上げてくれるのでは。予告の中では
「来週からこれまでのおちゃらけた話とは
一味違う百合世界が、、、」なんて言って
いましたし、楽しみですね。なお、次回の
サブタイトルになっている「Ripple」とは、
さざ波とか波紋という意味らしいです。

・「ささめきこと」レビューリストレビューセンター

|

« ソルフェージュ 「琴美さんの様子が、、、」他 | トップページ | ヨコハマ買い出し紀行 新装版第3巻が発売されています他 »

作品 ささめきこと」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/32329393

この記事へのトラックバック一覧です: ささめきこと 第7話:

« ソルフェージュ 「琴美さんの様子が、、、」他 | トップページ | ヨコハマ買い出し紀行 新装版第3巻が発売されています他 »