« とある科学の超電磁砲 第6話 | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆ サイトリニューアル&応援メッセージ募集他 »

2009年11月14日 (土)

キディ・ガーランド 第4話

 「特務拝命」、、、! アスクールとク・フィーユ
には、待っていた瞬間なのでしょう。張り切って
任務に臨んでいます。そしてこれが、新しい人達
との出会いにつながっているようです。百合的にも
ちょっと違った展開が待っているかも?

 テレビアニメ「キディ・ガーランド」、第4話
子守特務」です。
 局長室へ出前に来たアスクールとク・フィーユに、
イヴェールは用事があると言った。現れたのは、
金髪の小さな女の子で、名前はディア。2人には、
特務として彼女の面倒を見てほしいとのイヴェール
からの依頼だった。

 前回第3話までは、毎回エンディング曲が違って
いましたが、今回は第1話と同じアスクール役の
内田彩さんが歌う「太陽と月」になっていました。
その代わり、というわけでもないのでしょうけれど、
挿入歌で新しい歌が入っていましたね。この作品は
やはり音楽にこっていると言えそうかも。
 歌が流れていたのは、GTOの広い裏庭に来たディアが、
アスクールとク・フィーユと一緒に遊んでいる場面
です。こうしてみると、この3人は気があっている、
というか精神年齢が近いとも言えそう?
 そういえば、いつもギャグっぽいネタで描かれる
アイキャッチでも、アスクールの精神年齢が、、、
なんて書いてありました。彼女の天真爛漫な雰囲気
には、そういう印象がありますね。
 そしてさらに、ここではク・フィーユの年齢に
ついても明らかにされていました。ディアと同じ
なんですね。
 ESメンバーは、見た目と実際の年齢が違っている
事が多いようです。トゥイードゥルディ達も、以前
エクレールやリュミエールと一緒にいた頃から何十年も
たっていても姿は変わらないらしいですし。
 こういう場合、本当の年齢をどう捉えたらいいのか
考えさせられますね。精神年齢、という判断材料も、
その人の性格を表すには実は意外と適しているもの
なのかもしれません。
 ではク・フィーユはというと、、、普段落ち着いた
行動をしていて、豊富な知識をもとに冷静な判断を
下したり、アスクールが子供っぽくだだをこねたり
するとたしなめたりもしています。そういう部分は
大人、って感じもしますね。
 その一方で、Cし、、、じゃなかった「CGさくら
の大ファンだったりして、子供っぽい面もあります。
ちょっとちぐはぐな所も、彼女の特徴であり魅力
なのでしょうね。
 アスクールとク・フィーユなら、ディアと同じ
視点に立って、友達のように仲良くつきあう事が
できるかもしれません。違いがあるとすれば、
アスクールとク・フィーユは、ESメンバーになって
人々を苦しみや危険から救うために、どうすれば
いいのかを日々考えて努力している(してます、、、
よね?)という所でしょうか。ディアの方は、
まだ自分の本当の力や進むべき道に気づいていない
みたいですし。
 ディアは、1人だけで生きていくのはとても
難しいのでしょう。でも彼女と出会った事で、
アスクールとク・フィーユは彼女のために
何かしてあげたいと強く思ったようですので、
たとえ苦難があったとしても、自分の居場所を
アスクールとク・フィーユと一緒に見つけられるの
ではないでしょうか。

 、、、といった感じでアスクールとク・フィーユは、
ディアと一緒に行動する機会が増える事になりそう
です。これは百合的にはどういう意味を持つのか
、、、。
 個人的には、アスクールとク・フィーユが、
2人で向き合う事で、喧嘩もしたりするけれど、
お互いに離れられない気持ちを確信して、間には
誰も入り込ませないような親密な関係を作り出す、
みたいな流れを期待していました。第3話とかも
そんな雰囲気ですよね。なのでここでディアが
登場すると、2人だけで密接な関係を築くのが
やりづらくなってしまうようにも思えます、、、。
特にディアは7歳の女の子らしく2人を頼りに
するような部分もありますし、当然2人も
彼女を放ってはおけないでしょうから、
アスクールとク・フィーユの親密な場面があまり
描かれなくなってしまう、、、?

 まあそれならそれで、彼女達とディア、3人で
仲良く愛情を分け合う、とか、誰かと誰かが
2人きりになるのを見てもう1人がやきもちを
焼く、なんていう展開もあり得る? そうなる
には3人のバランスが大事になりそうですね。
ディアにはもうちょっと大人な恋心みたいな
ものを意識してもらいたいようにも思います
けれど、この先はどうなっていくのでしょうか。

 それと、鍵になるのはディアの能力の発動の
させ方、ですね。サフィルやリュビスのような
相手がこれからもどんどん出てくるのであれば、
アスクールとク・フィーユにも力が必要になる
でしょうし、そうなるとディアが今回のような
事をしちゃう場面が多くなるのでしょう。
 けれど、単に能力を高めるためだけにこの行為
をするのなら、百合的には実はちょっと寂しい
ものがあるかも、という気がします。単に
女の子達の口と口がくっついていれば百合
というわけでもないでしょうし、役目だけで
キスをするのは切ないですよね。ディアには、
そしてアスクールとク・フィーユにも、愛のある
キスシーンを見せてもらいたいかもです。
 ついでにアスクールとディア、ク・フィーユと
ディアだけじゃなく、アスクールとク・フィーユ
の間でもキスをするようなエピソードがあると
良さそうですね。そういう可能性はあるでしょうか?

|

« とある科学の超電磁砲 第6話 | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆ サイトリニューアル&応援メッセージ募集他 »

作品 キディ・ガーランド」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/32213880

この記事へのトラックバック一覧です: キディ・ガーランド 第4話:

« とある科学の超電磁砲 第6話 | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆ サイトリニューアル&応援メッセージ募集他 »