« キディ・ガーランド 第2話 | トップページ | マリア様がみてる Webラジオ第2シリーズ第13回 »

2009年10月31日 (土)

つぼみ Vol.3

 今回もこれまでと同じページ数で、安定した(?)
分量になっていますね。連載も増えていて、物語が
つながっていく楽しみもありそうです。読み切りの
方でも新しい作家の方が参加されてますね。

 発行芳文社による百合アンソロジー「つぼみ」の
Vol.3を見てみました。
 今号の表紙イラストは、Vol.1Vol.2で「コブリアワセ」
を描かれた宇河弘樹さんの担当ですね。ひまわり畑の
真ん中で向き合う2人の女の子が描かれています。
吹奏楽で同じ楽器のパートを担当しているのでしょうか?
片方の女の子が差し出しているのは、リードの部分
かな。演奏をする時に口に付ける物ですから、
間接キス、みたいなイメージがありますね。裏表紙
では、重なり合う彼女達の姿が遠くにあって、
手前では2人の楽器がくっついていて、、、。直接
描かなくてもキスの雰囲気が感じられそうです。
 カラーの口絵と「はじまるヨ」のイラストは
大石まさるさんが担当されています。小さな船で
広い海を航海する2人(と1匹)。いつでもすぐ近くに
いる安心感があるから、旅も楽しいのでしょうね。
 では収録作品を部分的にご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・しまいずむ その4 そうめんプール
(吉富昭仁)
 市民プールに4人で行くつもりだったのに、あいにく
定休日。真夏日の暑さを避けてクーラーの効いた部屋に
寝転がる遥と芳子だったが、そこへ現れた妹達、桜と舞
は、家の中なのになぜか水着姿だった。
 下心いっぱいな内は、たぶん何回やっても遥と芳子
は「ゲーム」には失敗しちゃうんでしょうね。かといって
妹達のように無邪気にはなれず、、、。女の子への恋愛
感情に気づいてしまった2人には、実は切ない日々が
続くのかも。でも同志とも言えるお互いの存在が、
恋する気持ちを支えているとも言えそう?

・星川銀座四丁目(玄鉄絢)
 椅子に寝そべってアイスを食べながらけだるそうに
テレビを見る湊。だが彼女は、やって来た乙女から
目が離せなくなる。風呂上がりで暑いらしく、タオル
で前を隠しただけでうろついていたのだ。
 乙女の無防備な姿に、つい目がくらむ湊。ですが、
彼女は今は乙女の保護者として乙女を立派に育て
なければなりません。乙女が「先生と一緒にいたい」
と言った時、湊はどんなにか「私も」と言いたかった
事でしょうね。それを隠して明るく振る舞う彼女の
気持ちが、いつか乙女に伝わると良いかもです。

・ふへんの日々、ふへんの日々(2)(秋★枝)
 短大で司書をしている慧子の所へ、幼なじみで
フリーターの雪子は頻繁に遊びに来る。慧子は
小さい頃からずっと雪子の事を愛していたが、
その感情は本人には全く伝わっていなかった。
 恋愛の話題も結婚の話題も普通にするのに、じゃあ
自分達の間では、なんて事は雪子は一つも意識しない
みたいですね。まあそれが多くの人の考え方なわけで、
慧子もこの20年以上の中でそれを思い知らされた
から告白できなかったのかも。2人の間の「ふへん」
が変わる日は来るのでしょうか。

・エビスさんとホテイさん 第3話
(きづきあきら+サトウナンキ)
 相変わらず仕事の不手際を真代に指摘される
ちづる。しかしむくれている彼女の所へ、真代は
アイスを差し入れてくれた。自分の分をちづるが
肩代わりしてくれていたのを彼女は知っていたのだ。
 真代にくどくど文句を言うちづるの姿は、他の
女子達とそんなに変わらないように見えます。が、
彼女の言葉の裏に思いやりが隠されているのを、
真代はわかっているのかもですね。ではそれよりも
先にある恋愛感情についてはどうなのでしょうか。
ちづる本人も含めてその辺りはまだまだ、かな?

・プライベートレッスン(ナヲコ)
 ピアノを習いに来ていたはずのたまこは、いとこの
とりこの部屋でいつの間にかうたた寝してしまった。
思い出すのは2人が一緒に暮らしていた昔の事。
たまこがピアノの勉強を思い立ったきっかけだった。
 とりこが楽しくなさそうに見えたのはなぜ
だったのでしょうね。自分だけ先に大人になって
たまこの先生という立場になったために、昔の
ようにふざけられなくなったから? たまこは早く
またあの頃のようになりたい、と願っているの
でしょうね。だから最後にああいう事をしたのかも。

・「つぼみ」レビューリストレビューセンター

|

« キディ・ガーランド 第2話 | トップページ | マリア様がみてる Webラジオ第2シリーズ第13回 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 つぼみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/32015320

この記事へのトラックバック一覧です: つぼみ Vol.3:

« キディ・ガーランド 第2話 | トップページ | マリア様がみてる Webラジオ第2シリーズ第13回 »